« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

結果。

2度目のAIH結果発表の日でしたが、検査薬を使うまでもなく、自分の予兆のとおり、体温がガクっと下がって36.47。今日中にリセットとなりました

昨日の時点でそういう結果を受け止めていたので、昨晩夫には今回もダメだよ、と伝えました。
「次また頑張ろう!」と一言言われましたが、おまえ(の息子)が頑張れっつーの!!
いやー、もう何が悪かったのか私の目で見えるものといえば、精子の状態だけなので、そのせいにしとこうという心境です
実際、超音波も何10回もやってますが、未だにどれが卵子だかわかっていません(笑)。
相変わらずテンパってるため、あの状態で質問もできず、黒い袋みたいなのが卵巣か?ということはかろうじて(笑)。そんなわけで、私が冷静に良い悪いを判断できるのは、精子の状態だけなのです!(再び!)
来月は、見て気分が悪くなるくらいウヨウヨと集団行動していてくれたらいいんですが。
スッカスカだったもんなあ……。先生は「元気ですよ、いっぱいいますよ」と言ってはくれたけど、良い状態とは言ってなかったもんね。AIH的には平均点取れてますよ、ってことでしょうね。

さて、もう9月です。いろいろ心配事はあるけれど、なるようになれ、ですね。
しかし今月は病院の回数も少なかったし、AIHも排卵後で排卵チェックもなかったし、しかも妊娠検査薬も使わずじまいで、節約周期でした

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑私はココのサイトの基礎体温表使ってます! かなり便利だし、サプリメントも充実してますね。

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑マカってどんな味だろ? サンプル貰えるみたいなので試してみようかしら。

↑葉酸とマカで割り引きがあるようです。ローズヒップティーとかたんぽぽコーヒーにも惹かれます。

↑かなりリアルなバナーですが、男性不妊は時と場合によるらしいので、試してみる価値はありますね!

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

| | コメント (2)

予兆。

悪い方の予兆です
なんとなく、そんな気がしていたけれど、ドキドキしながら今朝体温を測ったら、36.79。
明らかに下がっています……。数値としては高温の域ですが、今までの私の正確な基礎体温から見ると、これはダメな予兆。
せめて棒にシッコかけてみたかったよ〜 
判定は明日ですが、明日の体温次第では、妊娠検査薬も使う必要がないでしょう……。
夫のガッカリした姿を想像すると、朝から涙がポロリ…

正直なところ、今月も特にお告げもいい予感も何もなく、時期が来たから病院に行き、あれよあれよという間にAIHとなり、タイミングや時期はいい感じではあったものの、まったく妊娠できるような気がしなかった。と、いうか平常心だった。
やる前からこんなだからダメなのかなあ。

今の悩みは、来月の周期をどうしようかなということ。とりあえず、プロラクチンの数値がどうだったのかを聞きたいので病院には行ってみるつもりだけれど、1回休んでみようかなとか。
けれど、ヒューナーテストで4回も死骸のみだったのに、普通に過ごして妊娠に至る気がまったくしません!! 
よく治療を休んだら自然妊娠した!っていう話があるけれど、ホントにそれってどういうこと
??と思ってしまう。奇跡が頻発するっていうこと?? 病院やめたら夫の元気が急に良くなる……とは考えにくい(笑)。
なんにしても、治療休んでみようかな〜と思える年齢の人が羨ましいです
私よりもっと上の年齢の人から見れば、私もそういう年代に入るのかもしれないけれど、40になる寸前という微妙な年齢だからこそ「今は休めない!」とか思ってしまう。
30代のラストチャレンジ、がんばれるかな。今はまだわからないけど。

と、高温期終盤で早くもリセット宣言の私でした〜

| | コメント (6)

微妙な気持ち。

高温期11日目、AIH後12日。一応あさって発表です。
体温は一応高温のままですが、微妙に下がってきているような気もするし、でも冷え性の私が手も足も熱くて、いい兆候のような気もするし……、ズバリ、微妙です! 強いて言えば、若干ダメ寄りです
先月は、初めてのAIHで、なんだかすんなり行くような気がしていたんだけど、やっぱそんなに甘いもんではないことを知り、今月は排卵までの時期もタイミングも先月よりは良かったと思うので、すこーしだけ期待値は高いのかな?

待っている間、いいことだけをイメージするといいとか言いますが、そういうわけにもいかないんですよねー。私はいつでも陽性だったときと陰性だったときの両方のパターンを想像してしまいます。不妊治療のことは、ほとんど誰にも話していないし、いろんな予定を立てるときに不都合も生じます。
今この時期だから余計考えるのかもしれないけれど、私はホントに子供が欲しいのかやはり疑問です。妊娠できたら、嬉しいけれど、とりあえず治療のための病院の日々から解放される喜びでもあると思います。妊娠したとしても、紛れもなく高齢で、情報も必要以上に集めてしまったため、心配ごとは尽きないでしょう。
AIHでも痛くてつらいのに、出産なんてどんなことになるんだ? っていう恐怖は相変わらずで、ヘタレすぎる自分にうんざりです。

それでも、私よりずっと若くて、比較的すんなり子供に恵まれた友人のブログを覗いて、赤ちゃんとワンちゃんが寄り添って昼寝している写真なんかを見ると、ギュギュっと胸が苦しくなります。私もワンコを飼ってますが、その子とは以前、「犬を飼ったら子供が産まれないってお節介な人に言われて困るよね〜」と笑い合っていたものでした。
ふと気づくと「子供はまだ?」なんて言われもしなくなっています(笑)。38歳くらいまではそれでも聞かれてましたが、39になったくらいから、触れないようにされてるのか? と思ってしまうくらい、そういえば誰にも言われなくなったなあ(笑)。サミシー。

| | コメント (3)

カウントダウン。

親友の披露宴のフルコースも充分に堪能し、明日でAIH10日後。発表5日前になります。
ん〜、まだまだだ! しかし、このドキドキもあと5日かあ。
基礎体温はAIH一週間後から37度台をキープしています。体調的には、妊娠の前兆に当てはめようと思えば、あれも?これも?と言いたくなりますが(笑)、コレといって特別な変化は……ないです。
お腹が常に張ってる気がするのは、ただの便秘とも言えるし、胸の張りはただの生理前のお約束とも言えるし、眠いのは……いつものこととも言える(笑)。

年末に向けて、実家への帰省の予定やら、地元の友人の結婚パーティーのお誘いやら、いろいろ予定のようなものが入りつつあり、そのたびに「もし妊娠していたら…」と、「病院に行くとしたら…」という2パターンで考えてしまいます。
さらに今日は、夫と「体外受精」について話し合ってしまいました。
話し合ったといっても、「痛いよねー」「コワイよねー」「高いよねー」みたいなレベルの話ですが(笑)。
結論としては、無口気味の夫がぽつりと「せっかくお金払って病院通ってるんだから、先生を信じないともったいないよ」と一言。確かにそうなのだ。1回1回、トライしたからにはチャンスはゼロじゃないわけだし、今はドキドキワクワクを楽しまねば! と初心に(?)返りました。

| | コメント (2)

今周期の注射終了!

なんだか駆け足で今周期の治療が終了しました。
熱は昨日にはスッと下がって、今朝は普通に高温期の36.91。
今日は午前中だけの診療の日なので、11時ごろ病院へ行くと、なんと待ち人数0人!
こんなの初めて!!
水曜日は院長診察じゃない日なので、人気がないのだと思いますが、それにしても空いています。受付を済ませて待っていると、受付担当の方が「熱のほうは下がりましたか? 具合悪かったらすぐ声かけてくださいね!」と声をかけてくださいました。
月曜日に電話したときに電話を取られた方なのかもしれませんが、ちょっとした気遣いが嬉しかった。

今日は体温表を見ながら、代診の先生が「はい、じゃあ今日は注射ね。で、ダメだったらまた12日目から来てください」とクールに一言。診察は終了。
プロラクチンの血液検査の結果は出ていませんでした。よくなってたらもう薬飲みたくないんだけどなあ。
HCG注射は、今日はホントに一瞬チクっとしただけで、全然痛くなかったです! ホントにココの看護師さんはテクニシャンぞろい!

これで今周期は終了〜。あとは結果を待つだけと……。
発表は30日の予定です。どうかな〜〜。

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑私はココのサイトの基礎体温表使ってます! かなり便利だし、サプリメントも充実してますね。

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑マカってどんな味だろ? サンプル貰えるみたいなので試してみようかしら。

↑葉酸とマカで割り引きがあるようです。ローズヒップティーとかたんぽぽコーヒーにも惹かれます。

↑かなりリアルなバナーですが、男性不妊は時と場合によるらしいので、試してみる価値はありますね!

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

発熱。

昨日、HCG注射を打ちに行って、そのあと家でゴハンを食べたりのんびり過ごしていたのだけど、なんだか体がダルい……。寝てようかな……とゴロンとなったものの、夕方にかけてだんだん苦しくなってきた。
熱っぽくなるっていうのは、いい傾向だと思いこんでいたけど、これって熱っぽすぎない??
と、体温を測ったら、38.3!! 高すぎ〜〜!!

風邪の症状としては熱以外に特になく、注射の影響にしては先月はなんともなかったし、どうしたんだろ? AIHが大変だったから知恵熱(?)でも出たのかしら。
どっちにしてもこれはつらすぎる。薬飲んでもいいのかな〜と不安だったので、病院に電話。
院長が電話に出てくれて、「う〜ん、どうしたのかなあ。人工授精の影響ってことはないと思うんだけど……。薬は何を飲むつもりですか?」と聞かれたので、「まだ決めてません」と返事。
「市販の薬だったら今の時期なら問題ありませんよ。飲まないとつらいもんねえ。う〜ん、どうしたんだろうなあ」と再び院長。
病院は産婦人科と内科を併設しているので、内科で診て貰えば話が早いのだろうけど、時間はもう受付終了後。
明日になってまだ続くようなら、薬を出して貰いに行くか……と思っていたのですが、一応今朝は37度になってました。しかし基礎体温が薬のせいか36.61と降下……。
心なしか下腹も張っているように痛いです。いい前兆なら我慢できるんだけどなあ。

| | コメント (0)

高温期突入。

ホントに正確に基礎体温がクッと高温に。36.81です。不思議ですね〜、女の体って。
排卵終わったらちゃんと高温になるんですもんねえ。ちなみに、男の基礎体温ってどうなってるんですかねえ?(笑) ま、興味だけで計れるようなもんじゃないですね。
最近はもう習慣になっているので、毎日同じような時間にちゃんと目覚めるし、目覚めてすぐ体温計を手に取る動作もあまりに自然すぎて、計った数値を忘れて「あれ? 計ったっけ?」みたいなこともしばしば。

今日はHCGを打ちに病院へ行ってきました。お盆明けの月曜。土曜日のものすごい混雑ぶりを思うと、午後のほうがいいかな〜と思ったけれど、まあ注射だけだしいいかと思ってフラリとドアを開けると……、なんと無人!
午前中の11時台なのにガラッガラでした。どうしたんでしょう? 看護師さんもビックリしてました。おかげで今日はさほど待たずに診察室に呼ばれ、もし今回ダメだったらまたD12から来るようにと言われ、生理が来なかったら3週間後に!と言われる。
あと、先日採血してプロラクチンを調べたのだけど結果がまだだったので、次回の水曜日に代診の先生にとりあえず結果を聞くことに。

話は変わって、オリンピックのマラソンの土佐選手。今日のサンスポにこんな記事が。
--------------------------------------------
レース直前にドーピング(禁止薬物使用)に注意しながら、外反母趾の痛み止めを服用した土佐。北京にかける強い気持ちの表れだった。15日の会見では「これを一区切りにしたい」と話した。だが、そこには夫との約束が隠されていた。

 今年の正月。愛媛・松山に昨年完成した新居へ東京から帰省した土佐が、別居生活を送る夫にこう打ち明けた。

 「ママになってからも走れるよね」

 アテネ五輪後に結婚した土佐にとって、赤ちゃんは北京五輪出場と同じ大切な夢だった。現に優勝したトメスクは38歳。2位のヌデレバ(ケニア) や世界記録保持者のラドクリフ(英国)もママさんランナーとして五輪に参戦した。北京の借りをロンドンで返すことは、36歳になったママでも十分に可能 だ。

 帰国後は1カ月の休みを経てけがの状態次第でチームの駅伝に参戦する予定。その後は愛媛に帰って子作りに励む。競技者であることを優先させて旧姓を貫いた土佐。4年後は村井礼子として、ママとしてロンドンの街を走っているかもしれない。
---------------------------------------------------------
ふーん。と。
みんな、大きかろうが小さかろうが、いろんなことと戦ってるわけですよ。いろんな選択の中で、今こうして不妊治療と向き合って頑張ってる。「今後は子作りに励む」なんて新聞に書かれちゃうのは災難だと思うけど、一言言うなら「そんなに子作りは簡単じゃないですよ」ということでしょうか。
この記事にコメントしている人のブログなどを見ると、子育ては大変なんだからオリンピックも……なんて……とか、逆に、オリンピックはそんなに甘いもんじゃない!っていう意見が多かったですが、私はあえて言おう。

「子作りはそんなに甘いもんじゃない!」

……っつっても、ヤワラちゃんみたいに計画通りに行く幸運な人もいるわけで、けど、ヤワラちゃんはちゃんと金メダル取ったあとに妊娠出産復帰だもんね、すごいと思います。
私はマラソンもさほど興味ないし、スポーツ選手の苦労とかなんにも知らないけど、別に私だって仕事上は旧姓だしね、私だって4年前に結婚したときは、今頃は子育て一段落ぐらいの予定でしたけどね
こういう記事書いちゃう人って、ホントにもうわかってないな〜〜と思います。

そして私は今日も注射が痛かった……。会計550円也。

| | コメント (0)

AIH翌日。

慌ただしかった昨日とうってかわって、穏やかな日曜日。
外に出ると秋の気配がしていました。半袖で寒ッ!みたいな瞬間です。

真剣に子作りを意識し出してから2年になりますが、その間に年下の友人・知り合いたちのご懐妊&ご出産が続き、特に病院に通い始めてからの日々は心境の変化の連続でした。
年齢的に、チャレンジできる時間が限られていることはよくわかっているので、これまで自分の生活のメインに置いてきた「仕事」を、少しすみっこのほうに移動して、今年になってからは徐々に仕事量も減らし、スケジュールをやりくりすることのストレスをちょっとでもなくしたいと思ってきました。
けれど、思っていたよりも順調ではない治療の日々で、金銭的にも不安になってきました。
実際に子供が産まれてる家庭には、扶養手当だとかいろいろ出るじゃないですか。それでも出て行くお金のほうが多いのよ!とか言われるかもしれませんが、それこそ子供との日々はしんどいことの反面、喜びの部分が大きいはずです。
治療組は、なーんにも幸せなことなんてありません。いや、それ以外の生活の面では自由な時間を楽しんだりとか、別に不幸っていうわけではないけれど、病院通いの時間に楽しいことなんてあるわけがありません。けど、お金はどんどん出ていくわけですよ。
少子化とかって困ってるなら、子供が欲しくて頑張ってる家庭に少しフォローして欲しいもんだ。せめて第一子不妊の家庭に助成金とか。体外に進まなくても、毎月の出費はやっぱり痛いです。出産と違ってゴールが決まってないからなおさらのこと。

今日は、起きた瞬間からなぜかオシリが筋肉痛。昨日のカテーテルとの攻防が効いたみたいです 院長の腕は確かだと今も思っているので、問題は自分の緊張でしょうね。
けどこればっかりはどうにもなりません! 結果的には、無事完了したので振り返っても仕方がありません! 今回で終わりにできれば……と願うばかりです。
体温は36.51。微妙に高温に移行中。今頃、夫の頼りない息子たちが、卵ちゃんを見つけてワイワイ群がっている楽しげな姿を妄想しながらの翌日です

| | コメント (2)

2度目のAIH。後編……。

行ってきました、2度目のAIH。
結局、9時半に提出して、病院に戻ったのは15時。診察室に呼ばれたのは15時半くらいでした。
院長もスタッフの方も、本当にお疲れ様です。昼食も取らずにノンストップなんでしょうね。
大変だなあ。

待っている間に緊張は高まっていたものの、ほんの一瞬だし!2度目だし!と言い聞かせて挑みました。本日の精子状況は、特別良いわけでもなく、強いていえば前回よりは若干……? というくらいで、本人の期待とは裏腹に中の下という感じ(ルミコ調べ)。

診察室に呼ばれましてまず超音波。卵ちゃんは、やはりいなくなっていました。
午前中のお腹の痛みがスッと引いていった感じ、きっとあれが排卵だったんでしょうね。
そしてそのままサクサクっと消毒に入ったものの、注射器らしきものがうまく子宮に入らない模様。院長が何度も「力抜いて〜」と言うものの、本人的には抜いているつもりが逆に緊張してしまうのか、なかなか入りません。
「卵管検査のときもちゃんと入ったよね? ちょっと器具を替えてみますからね」と声がして、それからもなかなか進みません。く、苦しいです! 「もう無理なんで、やめます!」と何度言おうとしたことか!
「ちょっと引っ張りますよ〜。少し痛いですからね、我慢して!」と声がして、ズキィィっと言いようのない部分が言いようのない痛みに襲われます
けど、入ったらしく、「入りましたよー。せっかくですからね、そのままですよ、もうすぐですよー」と声をかけられ、ズンっと下腹が重たくなって終了……

その間、外は大粒の雨が降り出したのか、すごい雨音が聞こえます。私は、天井の電球やらエアコンのランプやら、交互に見つめながら必死に「助けてくれ〜〜!」と祈ってました

どうにか無事に注入が終わり、ホントにもう30分くらいにも感じられた長い攻防を振り返りながら放置タイム。下腹からおしりの穴のあたりにかけてがジーンと痛みます。
院長が顔を出して「弁みたいになってなかなか入っていかなかったんだけど、大丈夫でしたよ。今日は出血しますからね。お風呂厳禁ですよ」と安堵の笑顔を見せてくれましたが、私は顔面蒼白。その間、腕に打たれた注射の痛くないことといったら!

最初のAIHがこんなだったら2度目もやろう!って前向きになれなかったかもなあ。前回はラッキーだったのか、今回がたまたまだったのか、よくわかりませんが大変でした……。
耐えた!頑張ったぞ! ホントにもう、タイミングだけで妊娠してる人たちがこれほど羨ましいと思った日はありませんでした……。あーしんど。そのぶん、妊娠したら普通の人たちよりつわりがないとか、超安産とか、超美男子が生まれた!とか、なにかラッキー特典があると信じてます 

冷や汗ダクダクのAIHが終わって、院長はカルテに図を書いて今日どんなことになっていたのかを解説してくださいました。「引っ張ればスっと入ったんだけどね、引っ張ると痛いんだよね、ハハハ」と、まあ特別深刻な出来事じゃないという様子で見送って貰いました。
診察室から出るとき、まだモニターには夫の息子たちが泳ぐ姿が映っており、扉から出て行く私に「元気でいっぱいいますからね!」と一声がかかる(笑)。
この院長を信じて、あと2週間を過ごします!

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑私はココのサイトの基礎体温表使ってます! かなり便利だし、サプリメントも充実してますね。

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑マカってどんな味だろ? サンプル貰えるみたいなので試してみようかしら。

↑葉酸とマカで割り引きがあるようです。ローズヒップティーとかたんぽぽコーヒーにも惹かれます。

↑かなりリアルなバナーですが、男性不妊は時と場合によるらしいので、試してみる価値はありますね!

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

| | コメント (0)

2度目のAIH。前編

は〜〜、落ち着きません。
前回と同じく、現在は病院へ向かうまでの待ち時間です。
朝9時半に夫の精子を提出し、一旦家に戻って11時半に電話で確認という段取りですが、土曜日なのですごく混んでいるらしく、さきほどわざわざ院長が電話に出て、「少し遅くなっても大丈夫? 今はどちらですか?」と説明してくださいました。病院のお盆休み明けの週末なので、いつもより混み合ってるのでしょう。
とりあえず、14時くらいに再び電話で指示を仰ぐということになっています。

緊張が解けたせいか、この電話を切ったら、さっきまでお腹が痛かったのにスーっと痛みがひきました。これは……もしかして……、卵ちゃんが登場のお知らせ??
タイミング大丈夫?? 
でも、妊娠出産してるすべての人が、ベストタイミングで卵と出会ってるわけでもないだろうし、本来は1日くらいは生きてるんだもんね。大丈夫大丈夫。
それに、排卵済だったら、排卵確認に行かなくていいから3千円節約になるし

とりあえず病院行ってみないとわかりませんが、あと2時間くらい大丈夫でしょう!
それよりも院長がヘトヘト声だったので心配です。

昨日は突然AIHが決まったので、夕食のメニューをどうしよう!と悩んだのですが、ちょうどよく夫がステーキ肉を貰ってきたので、これはナイスな差し入れだわ! と、高級ヒレステーキをいただきました サラダはこれでもか!っていうぐらいネバネバ系を盛り込んで、ちょっとでもよい成績を収めてもらう準備は完了。精神的にも2人とも落ち着いているので、前回よりはいいコンディションじゃないかと期待。

は〜〜ドキドキです!

| | コメント (0)

卵胞測定と採血と注射と…

周期13日目。3日前からLH陽性が出ていましたが、今朝はクッキリ!
このクッキリライン、次は妊娠判定薬で見せてくれ〜〜!! ヨロシクね!!(独り言ですが)
体温は36.49。微妙です。暑いからかもしれませんが、上がり始めでしょうか。

排卵が近いと判断し、今日は午後から病院へ。お盆のまっただ中なので、いつもより空いているような気がします。妊婦さんたちは里帰りでしょうかね。

とりあえず久しぶりの内診。ふう、と、ため息2つくらいで終了です。
卵胞サイズは20で、まもなく排卵です! 早い! LHも誤作動を起こしていなかったようで陽性でした。オリモノの状態も、まるで見本のようにキレイでした。不妊治療を始めなければ、自分のオリモノのキレイな縦線など見る機会もなかったことでしょう(笑)。
そして、「今晩ですね!」と先生。「今晩?」と聞き返すと、「あ、人工授精だったね。明日ですね!」とニッコリ。2度目ともなるとあっさりしたもんです。
ああ、こんなことなら昨日無理矢理にでもタイミング取っておけば良かった……。まあいいか、どうせ今頃死んでるよ、あいつら。っていうか、いきなり明日?!! 順調〜!!

で、今日はプロラクチンの値を再度測定することになり、久しぶりの採血。こんなに痛かったっけ〜。右から採血、左はHCG注射。そして内診とフルコースです。
だけど、先月は毎日病院に通って卵胞チェックしたのに、なかなか排卵に至らずやきもきし、LHも誤作動起こしてもうダメだ〜〜という気持ちの中でこぎ着けたAIHでしたが、今月はなんとスムーズなことでしょうか。
むしろ病院のお盆休みのおかげで、最短の道のりでAIHにたどり着けました(笑)。
しかも、明日は夫が休みです! なんかいい展開のような気がします。
つらい治療のフルコースだったけれど、今日はなんだか気分も前向きです。

よ〜〜し、明日は2度目のAIH。頑張れよ〜〜(卵たちに)。私も頑張るぞ〜〜。

今日のお会計は検査扱いで、3410円でした。



| | コメント (2)

排卵期突入。

周期10日目の昨日から排卵検査薬始めました。
昨日も今日もラインが出ました。クッキリまではいかないけれど、そこそこハッキリ出ています。
先月誤作動を起こしてた私のLHですが、今月も若干誤作動気味なのでしょうか。
とりあえず今日までは病院がお盆休みなので、確かめる術もありません。
週末になったら行ってみようかなと思います。
先月はムダに通いすぎたので、今月は慌てず焦らず。できれば2度目のAIHチャレンジというつもりでいます。あの2週間のドキドキは、タイミング取ってるだけじゃあ味わえない!
AIHも2度目となると、だいたいの段取りも注射の痛さもわかるので、リラックスして挑めるような気がします。ただ、AIHで授かる人というのは、1回目で成功する人が多いと聞いたので、ちょっとガックリですが、まあまあ、そんな欲張っても仕方ありません。

それにしてももう8月も半ば。
2月から始まった病院通いも冬が過ぎ花粉を通り、春になって桜が散って梅雨になり、夏になったかと思ったらもう残暑です。まだ半年、されど半年。もし普通に妊娠が判明したキッカケで病院に行ったとしたら、もう臨月ですね(笑)。ハハハ。
居ない子の年を数えるな、とか言いますが、開き直って常連になりますよ、古株になってやりますよ。きっと、産んで退院するときなんか、実家から上京するときみたいな気持ちになるんですよ! お父さん、お母さん、今までありがとう! みたいなね。

朝はビタミンのサプリと、マカのサプリを飲んで、寝る前に処方されているパルキゾンを半錠飲んでいます。最初に処方されたときはなんともなかったんですが、今回は1錠飲むと気分が悪くて目が覚めてしまいます。なので、半分ずつにしています。たぶん、プロラクチン改善してるんだと思うんですよねー。もう一度調べたほうがいいのかな〜。
次に病院行ったら聞いてみよっと。

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑私はココのサイトの基礎体温表使ってます! かなり便利だし、サプリメントも充実してますね。

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑マカってどんな味だろ? サンプル貰えるみたいなので試してみようかしら。

↑葉酸とマカで割り引きがあるようです。ローズヒップティーとかたんぽぽコーヒーにも惹かれます。

↑かなりリアルなバナーですが、男性不妊は時と場合によるらしいので、試してみる価値はありますね!

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

| | コメント (0)

代理出産事件。

今週末から病院期間に入りますが、今は特に何もやることナシの日々です。

先週末くらいから、インドで卵子提供&代理出産で生まれた赤ちゃんのニュースが流れ始めました。今日は朝の情報番組でも大きく取りあげられていましたね。

この話は、ニュースとして世の中に出る前に、高齢出産関連の某掲示板に女性側からの相談として書き込まれていたので、私のような高齢出産を望む女性にとっては、すでに数ヶ月前に衝撃を受けていた話題の「続き」であります。

テレビやネットのニュースでは、日本人夫婦の依頼で卵子提供&代理出産を行なったものの、赤ちゃんが生まれたときに夫婦は離婚していたので、新たな法律の壁にぶち当たり、赤ちゃんを日本に連れて帰ることができなくなった……という感じでまとめられています。
そして、「代理出産まで頼んでおきながら、出産前に離婚するなんてけしからん!」ということで、離婚を申し出た元妻が批判されている状況です。


卵子提供や代理出産まで進むには、相当の葛藤と覚悟が必要で、すでにできる限りの不妊治療をやり尽くした夫婦の最後の砦と言えるでしょう。特に、女性にとっては血のつながりのない子……というより、「夫と別の女性の血を分けた子」となるわけですから、その心情はどれだけ複雑なのか想像だけでも苦しくなります。
41歳の元妻は、その最後の砦にすがらねばならないほどの原因があったわけではなく、自身でも不妊治療にトライしていた最中に、夫は「妻との子供」が欲しいのではなく、「むしろ自分の遺伝子だけを受け継ぐ子供」が欲しいのだということを知ってしまったのです。

そして、実際にそういうことが出来てしまった。
お金と知識を持った夫が、「キミの卵子では子供ができそうにないから、他の女性の卵子を提供してもらって、代理出産にするから」と言って、妻を蚊帳の外に置いてコトを進めてしまった。結果、夫と卵子提供者の子供が、誕生した。

この元妻と年齢の近い私は、不妊治療を始めてから、よくこのような悪夢を想像しては悲しくなっていました。女性の年齢が不妊の最大の壁だとしたら、夫は私以外の若い女性となら子供を持つことができるというわけです。夫が50歳になろうとも60歳になろうとも、自分の子供を持つチャンスはあるけれど、私は私自身が妊婦になること以外で、自分の遺伝子を受け継ぐ子供を持つことはできない。
私は、夫と私の未来を考えたときに、2人の子供が欲しいと思った。自分の遺伝子を残したいという欲求とは違うと思う。

この先、私があらゆる不妊治療を試しても妊娠に至らなかったとき、夫はどう思うのだろう。
この医者のように、知識とお金があれば、自分だけの子供を作ろうという発想に至ることもあるの……? そんなことを想像するだけで、胸がいっぱいになってしまうのに。

私はテレビやネットでこのニュースが取りあげられた際に「インドで生まれた赤ちゃんが一番かわいそうだ!」「赤ちゃんのことを一番に考えるべきだ!」というコメントが出るたびに、違和感を覚えます。
インドで生まれた赤ちゃんは、少なくとも父親(日本人医師)に強く望まれて生まれたわけで、今後どうなろうとも父親に愛される義務がある。けれど、元妻はどうだろう? なんのために結婚したのか、なんのためにつらい不妊治療にトライしていたのか、そして自分のせいで赤ちゃんが無国籍になってしまったのではないか?……と心を痛めているに違いないのに。

朝の情報番組で、子育てパパとしてもよくコメントしている某アナウンサーが、「しかしこの夫婦はなんで子供が産まれてくるまで離婚を踏みとどまらなかったんでしょうね〜」と言っていた。逆に、よく離婚せず今まで耐えていたなと思う。子供の顔なんて絶対に見たくなかっただろうと思う。不妊治療にトライしている高齢の私にとっては、妻がいなくても自分だけの子供が持てる方法がある、ということをこんなふうに大々的に報道してほしくなかった。

| | コメント (0)

不妊の矛盾。

20代の前半で、不育症に悩んでいる知り合いが、医療保険に入りたいという話をしていたのだけど、2度の流産を経験している彼女は、おそらく5年間は婦人科系の疾患は不担保になるらしい。
私はといえば、結婚を機に夫の生命保険は張り切って入ったものの(笑)、自分は家族も含めて大変健康だったことから、医療保険には何も入っていない……。
この年になって今更気になる医療保険。1歳でも若いうちに……というのは不妊治療と同じだと思い、あれこれ検討しようかと思っているところなのですが、やはり不妊治療に通っているというだけで、妊娠・出産関係のものには保険が下りないケースが多いらしい。

妊娠・出産は病気じゃないし、ましてや不妊治療も病気じゃないから膨大な自費診療を払っているわけですが、保険となると病院に行っているだけで病気とみなされるという変な矛盾。
今の時点で5年間不担保とか言われたら、その20代の知り合いならまだ間に合うものの、私の場合はアウトです。
まだちゃんと調べたわけではないのですが、例えば病院でタイミング指導を受けただけで病気ってことになるんだったら、ホントにどうしようもないわけです。でも、病院に通っているおかげで、私の場合は子宮ガンも陰性だということがハッキリしていて、子宮にトラブルもない健康体だということがわかっています。
どうなんだろうなあ。告知書も会社によっては様々だと思うので、なんとも言えませんが、なんとなくですが、保険会社からしてみたら、女性医療保険とか言っていながらも不妊治療の人たちは入ってほしくない存在なんじゃないかっていう気がしてしまう。

私は病気じゃないよ! 妊娠したいから帝王切開に備えるために入りたいのに、不妊が治らないと加入できないとかわけわからんことを言われる場合もあるらしい。想像だけでムカつきます。
どっちにしても、妊娠してからだと保証されないらしいので、まだ不妊のうちのほうが可能性があるのかしら。保険会社も、女性のための……とか言うのをウリにするくらいだったら、もっとちゃんと考えてほしいなあ。婦人科に行ったことない未妊の人のほうが、よっぽど病気が隠れている可能性が高いんだから。ちゃんと検査してる不妊の人たちを病気扱いしないでくれー!
病気扱いするんだったら、健康保険適用してくれー!!
っていうか、これから病院デビューしようかなと思ってココにたどり着かれた方は、ぜひ先に医療保険に加入してからをおすすめします!!

| | コメント (6)

リセット。

実に正確に、1日から下がり始めた体温は今朝ガクっと下がって生理が始まりました。
初めてのAIHは、撃沈に終わりました。励ましてくださったみなさん、ありがとうございました!

今月末の親友の結婚式のことだけが気がかりだったので、今回はまあそれはそれで良しとしましょう。これで心おきなく披露宴の食事も食べられるし(笑)、受付も張り切って引き受けられます。
7月の排卵が遅れたため、病院のお盆休みと次回排卵が重ならなくなりました。
8月は私もお盆休みにしようかな〜と思ってましたが、ちょうど夫もお盆休みで仕事もヒマな時期になるので、前回よりは元気なんじゃないかと思われるので、慌てず騒がず平常心で(笑)D14あたりに病院行ってみようかな。そしてタイミングが合えば、2度目のAIHに挑戦します。
できれば39歳のうちに結果を出したいという乙女心(一応)わかりますかねえ(笑)。

昨日、オリックス清原の記者会見を見たのですが、年齢的なものと怪我の状況から、「これからの1球・1打席が野球人生の最後かもしれないという思いで打席に立ちます」というセリフは、やっぱり我々KK世代(笑)にはグッときちゃうんですよね〜〜。
私は特に野球ファンというわけじゃないですが、清原さんより1歳年下になるので、同世代として感じるものがあります。スポーツ選手も年齢の壁っていうのがリアルにありますからね〜。どっちがシビアかって、比べられませんが(笑)、私的にも、これからの1周期・1タイミングが不妊人生の最後かもしれないという思いで頑張ろう!とか思っちゃいました(笑)。
私も清原さんみたいに、30代に入ってすぐ肉体改造とかしてれば良かったな〜〜とか

話は変わって、今回のダメだったという結果を受けて、夫と再び禁煙の約束を取り交わしました。夫としても、AIHに進んだことですぐに良い結果が出るだろうと楽観視した部分があって、なおかつ仕事が繁忙期でストレスがたまっていたことでつい1箱買ってしまったとのこと。
私がベストを尽くしているんだから、あなたもベストを尽くして!と話しました。
それから、6月から夫が飲み始めている抗鬱の薬が、精子の元気度に影響しているのではないかと思っていて、かかっている病院で聞いてきてもらいました。
胎児には影響はないけれど、元気がなくなる場合があるとのことで、夫の状態も安定していることから今月から薬が減りました!
今度こそ万全でがんばれそうです。うん、まだがんばれます。

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑私はココのサイトの基礎体温表使ってます! かなり便利だし、サプリメントも充実してますね。

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑マカってどんな味だろ? サンプル貰えるみたいなので試してみようかしら。

↑葉酸とマカで割り引きがあるようです。ローズヒップティーとかたんぽぽコーヒーにも惹かれます。

↑かなりリアルなバナーですが、男性不妊は時と場合によるらしいので、試してみる価値はありますね!

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

| | コメント (6)

判定日。

初AIHから2週間目、7/1から始まった今周期も8月に入ってしまい、32日目の朝。
体温は36.87。下がり始めてしまいました。
そして、検査してみましたが真っ白でした! ズバリ、陰性です!

判定日にしっかり体温が下がってくるなんて、なんて私の基礎体温は律儀なんでしょうか。
高温期の間、ずっと体調がいまひとつで、お腹もずっと重たいような感じだったのですが、これが初注射の影響だったのかもしれませんね。

まだ生理は始まっていませんが、これは今周期はダメだったということだと思っています。
下がった体温計の数字を見た瞬間に、「検査薬、もったいないからやめようかな〜」と思ってしまいました 体のダルさは相変わらずですが、ここまで真っ白で無反応となると生理の前兆だとしか思えません。

今の気持ちは、落ち込むというよりは、待ち遠しかった日が過ぎてしまって寂しい……という感じで、無に近いです。だけど、今できることのベストを尽くしたので、これはそういうタイミングじゃなかったということでしょうね。むしろ、今までとは違った期待に満ちた高温期2週間をありがとう!という思いです!
言い方はあえてストレートですが、無料で授かって普通に出産した人たちには味わえない、ワクワクドキドキでいっぱいの貴重な1日1日でした。注射は痛いし、病院通いもしんどいし、1分の超音波に2000円だし(笑)、なんで自分で選んでこんな思いをしてるんだ??と切なくなったときもあったけれど、だからこそ期待できる2週間だったし、「今頃あの頼りなさげな精子たちが卵を見つけたかしら〜?」とか妄想するのも楽しかった。
まだ私のチャレンジは始まったばかりで、落ち込むには早い!
8月は病院を休もうと思っていたけど、このドキドキ感をまた味わいたいと思ったので(笑)、タイミングがあえばまたAIHしてみようかなという気持ちになってきました。もしかしてMかしら?(笑)

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »