« 子宮卵管造影、リターンズ。 | トップページ | 心の穴の隠し方。 »

23歳と40歳。

D10、36.42。
昨日の超音波で、卵胞が意外に大きかったため(23.5と13.8)、今日も診察することになっています。FSH注射を併用するAIHをもう一度試してみたかったけれど、卵巣が腫れるかもしれないから今回は見送ることになりそう。
私の中で、子宮や卵巣がどんな変化をしているのか、どんなふうに年をとっていっているのか、自分のことなのにわからないのがもどかしい。自分では痛みもないし、変化は感じられないんだけどね。

今までだったらD10でLHと内診って早すぎるんだけど、さすがに先生も慎重になっているのかな。予定通りならAIHは日曜日。少し早まれば土曜日。
なんにしても昨日の卵管検査のおかげで、今月はドキドキのピークが過ぎた(笑)。

昨日は、しばらく会ってなかった男友達と近所の居酒屋で会うことに。こちらは夫婦で、向こうは彼女を連れてきた。友人は夫の3つ年下で今年35歳なのだけど、連れてきた彼女は大学生 23歳で大学卒業間近のお嬢さん。
私とは……17歳も違う なのに一緒に居酒屋で飲んでるなんて、不思議〜。大きくなって……みたいな(笑)。
在学中から資格を取るために専門学校にも通っているそうで、卒業後はそのままその勉強一本で頑張るらしい。これから社会に出る女の子、まだ夢がいっぱいで、なんだか眩しかった。

私は短大だったから卒業後にそのまま就職して、ハタチから働き始めた。やりたい仕事について、やりたい仕事だったから妥協できずに辛いこともいっぱいあったし、落ち込むこともたくさんあった。でも、あのころは、まだまだこれからだ〜〜と希望に満ちていて、自分のためだけに頑張る時間が今振り返るととても愛しい。ひとつ何か達成するたびに、充実感を味わって、毎日新しいことに出会うのが楽しかった。つらいけど、進んでるっていう実感があった。

今の私は、ただ毎日カレンダーと顔をつきあわせて、2週間ごとに訪れる残念な結果を受け止めて、また次の月に同じコトを繰り返すだけ。先のステップに進んだとしても、トンネルをちゃんと確実に進んでるっていう実感を味わうのは難しいだろうな。同じことをやっているようで、本当は少しずつちゃんと進んでいるはずなのに、なぜか後戻りしてどんどん目標から遠ざかっているような気持ちになるときもある。それは、年齢は進むことしかできないのに、進めば進むほど結果が遠くなるっていうことに挑んでいるから。
今までは、「年齢が進むこと=経験を積むこと」で、仕事も趣味も、1年目よりは2年目のほうができることも増えていたけど、不妊治療はそうじゃないもんね。

そんな考えても仕方のないことを、眩しい23歳の未来と重ね合わせて考えてしまった。まあそれよりも、その23歳の彼女のお父さんが47歳だったことにヘコんだ…… 親のほうが年近いし!! 

↓飲み会の席で一緒になった子の親の年を聞いてヘコむこと、あるあるある!というお仲間さん、こちらへポチ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑妊婦希望の私たちの強い味方になること間違いナシ! 12リットルで995円、レンタル料1ヶ月600円で、ホットドリンク飲み放題☆ すっかり虜になりました。これでルイボスティーをがぶ飲みだ〜〜。

↑ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 子宮卵管造影、リターンズ。 | トップページ | 心の穴の隠し方。 »

AIH8回目(クロミッド+FSH注射)→陽性反応〜流産」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします・・・
39までボーっとしていて、40直前にそろそろじゃあ、子供でも・・・と解禁。が、出来ない・・・それから治療に入り4年経ちました。先が見えないもどかしさと、努力と結果はイコールじゃない。仕事では必ず達成感があったし、人間関係もなんとか良好でした・・・不妊って、自分との戦い?でもありますが、年齢、衰えとの戦いでもありますよね~30代前半だったら?とかいろんな事考えちゃいますが、自分なりにやっていくしかないかな~と最近 思ってきました。
まだまだ、私からすれば、お若い・・・
可能性はありますよ~頑張りましょう

投稿: ほーさか | 2009年2月 3日 (火) 11時49分

ほーさかさん、はじめまして!コメントありがとうございました
私もまさに39歳まで子供のことを真剣に考えたことがなかったかもしれません。けど、もし今30代前半だったら、やっぱり子供より自分のことを頑張る道を選んだだろうなあ、と思ってしまいます。
これが自分のタイミングだったんだと思って生理がある限りは希望を捨てずに進むしかないですね! 

投稿: ルミコ | 2009年2月 3日 (火) 12時44分

ルミコさん こんにちは。年末はありがとうございました。いつも うんうん!と深く頷きながら読んでます。私は春からクリニックでの治療を休んでいますが、その間も漢方と週に1回の整体は続けています。昨日は漢方のカウンセリングの日でした。今月は誕生月なので年齢の話になり(私が言い出したのですが)・・・恥ずかしながら泣いてしまいました。漢方の先生に言われたことを要約すると、
「暦での年齢を気にしないこと。体力年齢、気持ち年齢を大切にすること。自分の身体を信じて体力をつけること」ということでした。
一度も陽性を見たことがなく、通帳の残高も減っていき、私の迷路は入口だけで出口がないのでは?と感じていましたが、今朝は「冷え症が改善されてきたじゃん、他には・・・」と良くなった点を強引に数えながら出勤しました。
うまく言えませんが・・・ルミコさん、暦の年齢は忘れていきましょー。旦那様と同い年、いや旦那様より年下ってことにしましょうよ。
・・・私も「バイトの子(19歳)のお母様が自分と同い年である」ことが判明した時は卒倒しそうになりました

投稿: ひー | 2009年2月 3日 (火) 12時51分

ひーさん、お久しぶりです
初コメありがとうございます ひーさんは、お誕生日が来てもまだ30代! 今はゆっくり体を整える時間に費やしてもいいんだと思います。私なんて、39歳の誕生日のときにはまだ病院にも行く気がなかったですから……
そう、暦の年齢って実はすごいあやふやなものですよね。確かに時間は過ぎているけれど、時計みたいに何か確実なものが刻まれているわけでもないし。
自分を信じてできることをやっていかないと、きっと自分自身の気が済まないんでしょうね

投稿: ルミコ | 2009年2月 3日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子宮卵管造影、リターンズ。 | トップページ | 心の穴の隠し方。 »