« 排卵確認。出会えたのか? | トップページ | 治療のまとめ。 »

「私、子供が産めない体なの」。

D21、36.90。いい感じです。
今日もHCG打ちに行かなきゃいけません。AIHなのに、今月すでに6本目の注射デス

しかし、不妊治療を始めると、ドラマの「不妊」の描き方って気になってしまうものですね。AIH8連続の私だって、まだIVFも躊躇してるし、不妊を語るにはまだまだよ!と思ってしまう深い不妊界。ドラマになると、軽くて薄っぺらいんだなって思う。
私がよく見ている昼ドラの中でも、階段から転がり落ちて流産して、それがキッカケで「子供が産めない体になったの…」っていうのが王道パターンだし、眠らされている間に無理矢理中絶して、その手術が元で二度と子供は……っていうのもよくあるシチュエーションだ。と、いっても所詮30分の昼ドラだしね、そのくらいのわかりやすさでもいいのかもしれません。
でも、夜のドラマになるとどうでしょうね。

例えば木曜日の夜にやっている「ありふれた奇跡」。6話を見ちゃったんですが、あれは治療中の女性……いや、夫婦にしてみればやるせない展開だったと思う。
「私、子供が産めない体なの」と、彼氏に伝える主人公は、元彼の子供を妊娠したときに、彼が二股だったことやもうひとりの彼女が中絶したばかりだということを知り、ひとりでこっそり東南アジアで中絶手術を受ける。
その後体調が悪く、診察を受けたら「過剰掻爬で産めない体になってる」と診断された……という話。普通に夜にドラマ見ていた家族は、いきなり「過剰掻爬」なんて言われて漢字に変換すらできなかっただろうに。

そして彼は言います。
「俺、子供はいらないよ。子供が欲しくて結婚したいわけじゃないから!」
すぐに決めたことはすぐに変わるから、子供がいない生活についてよく考えてと言う主人公は、電車の中で赤ちゃんを見たり、ベビーカーの広告を目にして沈む。私には手が届かない絆なんだ、と。

所詮、不妊がリアルじゃないオッサンが描く脚本なんて、こんなもんなんだよね、と冷める気持ちと同時に、「一緒にしないでよ!」という怒りにも似た感情。
不妊に向き合っている女性のほとんどが、その原因がわからないから困ってるっていうのに、何が過剰掻爬だよ なんだよ東南アジアって! 安い設定にイラっときます。
「産めない体」なんて簡単に言って欲しくないし、同じように電車の中で赤ちゃんを見たりして沈んでいたとしても、この主人公の気持ちに寄り添うことなんかできない。誰に共感してほしいドラマなんだよ! と、イラっとするのでした。世の中の人が、不妊の人ってそういう事情があるんだ〜なんて思ったらどうしてくれるのさ。

で、このドラマは「子供はいらない。つくらない」と彼が言い張ってるところで終わったんだけど、それこそそんなに簡単じゃないですよ。だってさ、別の女性とだったら今後できる可能性があるんだもん。
このドラマ、どこに着地しようとしてるのかわからないけど、もし、主人公がどうにか治療したりして子供ができる体(?)になって、結婚して子供が産まれてめでたしめでたし、子供を持つという「ありふれた奇跡」が起こりましたとさ、みたいな結末だったら最悪だな。

↓仲間由紀恵は嫌いじゃないが、あのストーリー展開と、飄々とふるまいつつ悲劇のヒロイン的な主人公がイラつく! というお仲間さんはこちらへポチ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑妊婦希望の私たちの強い味方になること間違いナシ! 12リットルで995円、レンタル料1ヶ月600円で、ホットドリンク飲み放題☆ すっかり虜になりました。これでルイボスティーをがぶ飲みだ〜〜。

↑ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 排卵確認。出会えたのか? | トップページ | 治療のまとめ。 »

AIH8回目(クロミッド+FSH注射)→陽性反応〜流産」カテゴリの記事

コメント

こんばんは シーズーです。毎日のように病院通いで大変そうですが 少しでも穏やかにお過ごし出来ていれば幸いです。本日の日記 深〜くうなずいてしまいました!もちろん望んでいるのに 子供が出来ない体だと知ったら どんなに辛いか計り知れません。しかし不妊治療は 殆どの場合その答えが出ず 果てしないゴールに向けて多くの女性が命を注いでいる訳ですよね。人間は辛いことも 多くの時間と 多くの人の助けで立ち直る力があると思います。しかし出口の見えない闇にいるのは本当に苦しいこと…不謹慎かもしれませんが もしかしたらハッキリ答えをもらってしまったほうが 私はラクになれるのかも…と考えてしまいます。今考えると それを知りたくて病院の門を叩いたような!所詮 ドラマなのでしょうが 深い意味があること多くの人に知っていただきたいですね

投稿: シーズー | 2009年2月14日 (土) 23時48分

シーズーさん、こんにちは
私も、シーズーさんの言葉に深く深く頷いてしまいました。答えがどこにあるのか、どこまで行けば答えにたどり着けるのかわからないから苦しいのかもしれないですよね。
強いていえば、その答えは「閉経」なのかもしれないですが、それすらもいつどんな形でということが曖昧で、だから心が焦ってしまうのかもしれないですね。
あのドラマがどうなりたいのかわかりませんが、お仲間さんたちの心を踏みにじる結末になりませんように。

投稿: ルミコ | 2009年2月15日 (日) 09時08分

このドラマ録りだめしてまだ見てないんですが、そのような
内容になってるんですね。ただ、この脚本家の山田太一は
過去の作品(想い出作り、ふぞろいの林檎たちetc)など名作もあり、最近の安易なドラマの脚本家とはちょっと別格だと個人的には思っています。が、山田氏も高齢ですし、作品によっては駄作(本人の意思とは別に演出家等の問題もあり)もあったり、今回の東南アジアで中絶など、内容を読むと・・?と思う部分も確かにありますね。こういうテーマを扱う時は、本当にリアリティを追求してほしいですね。山田氏は、リアリティのある脚本が魅力の人だったんですが、、やはり年齢かな。ちょっと、脱線した内容になりましたが、ごめんなさい。

投稿: みかん | 2009年2月15日 (日) 11時03分

みかんさん、こんにちは。
楽しみにしているドラマの内容を先走って書いてしまってゴメンナサイ
きっと、描きたいことの核は「不妊」じゃないと思うので、主人公が徹底的に自分を責めるシチュエーションにしたのかな、とも思います。寺山修司と同級生なぐらいですから、そりゃ高齢ですよね〜。70代中盤だとしたら、子供を持つことに関して今の私たちとは全然違う考えだと思いますし。
なにしろ、ドラマの着地点が楽しみでもあります!

投稿: ルミコ | 2009年2月15日 (日) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 排卵確認。出会えたのか? | トップページ | 治療のまとめ。 »