« 母の電話。 | トップページ | 姉への報告。 »

小さな命を守るため。

D39、37.24。体温が下がらないのは安心するけれど、さすがに高温すぎて朝イチから脈が速くてしんどいです。
ちょこっと動いただけでドッと疲れるような気がするのは、この動悸のせいでしょうか。ずっと微熱なんだから、そりゃしんどいよね。

先週からずっと、左の下腹あたりにコロコロするような痛みというか違和感があったのだけど、今日は少し落ち着いたような気がする。卵巣の腫れが少しひいたのだろうか。だったらいいんだけど、今まであった症状がなくなると、これまた少し不安にもなる。
ちょっとオリモノを感じただけで、トイレにダッシュです。出血じゃないか気になって気になって、気にしないように……と思っていてもなかなか難しいもんですね。

なんだろう、人生初の陽性が出たと思ったらいつまでもうっすらで、病院へ行けば胎嚢どころか転院で、なかなか喜ぶタイミングがない。せっかく希望の光が灯ったのに、なかなかハッピーな気持ちにさせて貰えない。
けど、これも何か意味があるんだろうな。すんなりと、クッキリ妖精→胎嚢確認、ヤッター!みたいな流れにならないことにも、振り返るときっと意味があるはずだと信じたい。

昨日、天気が悪かったので普段バイク通勤の夫が電車で出かけ、そして帰宅後にポケットから何かを取り出して、私の手のひらに置いた。
「おなかに赤ちゃんがいます」と書かれた、そう、駅で無料配布されているマタニティマークのキーホルダーだった。
安静中の今週末に、仕事で電車を乗り継いで出かけなければいけない私。
「私、こんな状態でつけてもいいの?」と聞くと、「こういう状態だから、付けて」と夫。席を譲って貰うためじゃなく、もしもひとりで居るときに倒れたり、体調が悪くなったり急なことがあったとき、赤ちゃんが居ることを周囲の人に知らせることができるからだと言う。妊娠した私をいたわって!っていう意味じゃなくて、もしものときに気づいて貰う意味もあるんだってことは、あまり考えたことがなかった。
今まで電車でこのマークをつけた妊婦さんを見かけて、複雑な気持ちになることもあった。私には、いつかあのマークを堂々とつけて歩く日が来るのかなあ、と悲しくなることもあった。クリニックでも、待合室の女性がみんなバッグにつけていて、時が過ぎるたびに待合室での孤独感は増していった。

それが、今、私の手のひらにある。
まだ目に見えない命。どこかへ行ってしまいそうで、不安で仕方がない今この瞬間だけど、私のお腹に赤ちゃんがいるんだね? 誰にも話せず、ひたすら家で悶々と過ごしていた私は、ビニールに梱包された真新しいキーホルダーを何度も手に取りながら、今この瞬間少しだけ嬉しさに包まれたのでした。

↓マタニティマークは賛否両論なんだろうな、と思いますが、お腹が大きくない不安定な今みたいなときこそ必要なものなのかも? 引き続き応援ありがとうございます。心に染みます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑妊婦希望の私たちの強い味方になること間違いナシ! 12リットルで995円、レンタル料1ヶ月600円で、ホットドリンク飲み放題☆ すっかり虜になりました。これでルイボスティーをがぶ飲みだ〜〜。

↑ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

↑送料無料!&代引き手数料無料がうれしい、有機マカ専門店です! 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 母の電話。 | トップページ | 姉への報告。 »

AIH8回目(クロミッド+FSH注射)→陽性反応〜流産」カテゴリの記事

コメント

初めて、コメントします。ここ1-2ヶ月ブログを読ませていただいております。ここ何日か心配で心配で真っ先にブログをチェックしていました。妊娠おめでとうございます。ばんざ~いというすっきりした気分ではないでしょうけど、妊娠を持続するように、心豊かに落ち着いてお過ごし下さい・・・妊娠マークの意味・・・深いのですねぇ。きっとこの先も、ホッとする瞬間も来ると思いますし、誰でも産まれるまで不安でいっぱいなようです・・・私も妊娠マークをつけるのを目指して、頑張ります。これからも応援しております・・・

投稿: ほーさか | 2009年3月 4日 (水) 13時34分

妊娠マークに気づいてくれる人がいますように。
今の貴方にこそ、必要なものだと思います。
週末お出掛けになるとのこと、どうか無理をしないで。
安らかに過ごせるように応援しています!

投稿: もくぎょ | 2009年3月 4日 (水) 13時42分

はじめまして。
先日から気になってブログを拝見させてもらってました。
私も2月末に妊娠が発覚。今日も病院に行ってきました。胎嚢確認できたけど子宮内に出血ありで不安な気持ち分かりますトイレに行く度、ティッシュに血がついてないか…だるいのって皆 妊婦はある事なのかなって。
お互い、無理せずに赤ちゃんを信じて頑張りましょうね

投稿: もごたろう | 2009年3月 4日 (水) 14時22分

こんにちは。ルミコさん、ご心配な時間をお過ごしでしょう・・・でもきっと大丈夫。優しいご主人とルミコさんに守られて、ベビちゃんは育ってくれていますよ!
マタニティマーク、私も妊娠は生理現象なんだし、もっと大変な病気の方もいるだろうし・・・もちろん優先席の前に立つ勇気も無く、通勤中はカバンに付けつつも、いつも内側に隠していました。でもご主人のおっしゃるように、倒れた時や事故の時に妊娠を知らせる大事なマークだと思い、外してはいません。今のルミコさんにこそ必要な目印です。本当に優しいご主人。どうかお二人に天使がやってきます様。週末、気をつけて、温かくしてお出掛け下さい。

投稿: みう | 2009年3月 4日 (水) 14時26分

ほーさかさん>>こんにちは。コメント2度目ですよね? 年齢のことで悲しくなっていたときに(23歳の友人彼女のお父さんが40代でショックを受けてたときです)、励ましのコメくださった方かな?と。勘違いだったらゴメンナサイ。ホッとする瞬間が来ることを願いながら、日々過ごしたいと思います。ほーさかさんの想いが叶う日が早く来るように、応援しています!

もくぎょさん>>暖かい言葉、胸に響きました。金曜日の外出まで、ひたすらジーっと安静にして過ごします。ありがとうございます

もごたろうさん>>初めまして!胎嚢確認できて良かったですね! 私も出血の恐怖に怯えながら過ごしていますが、みんなそうなんだと思うと少し気持ちも落ち着きます。どうぞお互い順調な経過でありますように!

みうさん>>ありがとうございます 心配な気持ちを打ち消すためにも、金曜日は初めてのマーク付きの外出をいい想い出にしたいと思います(あ、想い出じゃなくて記念?)。

投稿: ルミコ | 2009年3月 4日 (水) 14時44分

ルミコさん
 文面が落ち着いているようなので、安心しました。よかったです。
 「赤ちゃんがいます」は見た目でわからない人こそ持つべきもの。ぜひ堂々と使ってくださいね あと…周りに気を遣いすぎないようにね~。

投稿: きらきら | 2009年3月 4日 (水) 15時36分

ルミコさん、こんにちは。

今この瞬間少しだけ嬉しさに包まれたのでした。
…ルミコさんのこの言葉を読んで、『そうですよ。そうですよ。』と思いました。
不安な気持ちあると思いますが、心穏やかに嬉しさに包まれて過ごしてもらいたいなぁと思いました。

私は最近ルミコさんのブログに出会ったので
前の方のブログを読めていませんでした。
なので、遡って読ませていただいてビックリしました。

私は全く仕事をしていませんが(私も仕事をしたら治療に通えなくなると心配で仕事をしていません。)、ルミコさんに似ている事が多かったです。

歳は36歳でほんの少し下ですが、旦那が年下、子犬も飼っています。
旦那様が禁煙中に隠れて会社で吸っていた事(うちも隠れて吸っていました、しかも今の所原因は旦那だと言われています。)
毎日のように体温を測ると『何度?何度?』と聞いてくる事、
AIH前に泥酔してきた事(うちはAIH前日にいつもより多く飲んでいい?とのん気に言っていました。)、
犬を飼っているから、妊娠はしないよと周りには言われ
旦那様と自分の温度差を感じたり(男の人って子供を欲しがっているのに行動が伴っていなかったりで…。)
ルミコさんは同じように感じ、悩んで今ここまでこられたんだなぁーと
改めて思いました。

今ルミコさんと旦那様は同じ気持ちで、信頼をお互いにしていて
素敵なご夫婦だとすごく思います。
だから、今赤ちゃんがルミコさんご夫婦のところにきてくれたんだと思います。

強い絆のルミコさんと旦那様、赤ちゃんは頑張ってくれています。
私も応援しています。

私もルミコさんを見習って強い絆で結ばれた夫婦になれるように頑張りたいと思います。

ルミコさんの言葉1つ1つに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

週末のお出かけ、無理をなさらないで下さいね。


投稿: いちご | 2009年3月 4日 (水) 15時42分

きらきらさん>>いつもありがとう 「赤ちゃんがいます」は、まだビニールに包まれたままですが、ドキドキしながらつけてみたいと思います。いろいろお返事しているうちに、気持ちが落ち着いてくるってことも……ありますよね 引き続き安静に過ごします!

いちごさん>>前のところまで遡っていただき、なんだかお恥ずかしいですが、ありがとうございます。治療しながら、いっぱいケンカもしましたし、怒ったり泣いたりイライラしたりの連続でしたが、それも貴重な時間なんだと思います。
私が書いているようなことは、きっとどこのご夫婦にもあるようなひとコマなんだろうなあ。渦中にいると、なんでうちだけ……とか思うものですが、それも大切な時間だと信じて頑張りましょうね。
あと、ワンコの存在は、とても大きなものでした。飼っていて本当に良かったなって、今現在も実感してます!これだけは間違いないです!

投稿: ルミコ | 2009年3月 4日 (水) 16時07分

だんな様優しいですねルミコさんを気遣う姿が目に浮かびます。他の方にどう思われるかよりもだんな様の為にも付けて外出してください。

投稿: すーさん | 2009年3月 4日 (水) 16時20分

ルミコさん、ありがとう。

私にとってもわんこは、とても大切な存在です。

誰が何と言っても私もこの気持ちは変わらないです。

ルミコさんの言葉は本当に私の心に響きます。

どうぞ、安らかな気持ちで過ごされて下さいね。

投稿: いちご | 2009年3月 4日 (水) 16時47分

すーさん>>自分が不妊を経験すると、どうしても誰かが不愉快に思ってないかと考えてしまいますが、そうですね、夫のためにもしっかり付けてみようと思います。

いちごさん>>悲しいときも、どれだけワンコに救われたことか! 今も、横になりながら心配そうに寄り添ってくれるフワフワを撫でているだけで癒されてます

投稿: ルミコ | 2009年3月 4日 (水) 19時24分

正直に言うと、私もマタニティマークには、あまりいい感情を抱いていませんでした。
何だか自慢されてる気がして。(ひがみですね。)

でもルミコさんのご主人の言葉は素直に心に響きました。
ほんと、初期の妊婦さんが倒れたりしたら、
目印になりますもんね。

これからはもう少し優しい気持ちであのマークを見ることができそうです(笑)。

投稿: うー | 2009年3月 4日 (水) 20時24分

なんて、妻思いなんでしょう。子供思いなんでしょう。そんな旦那様の愛に涙してしまいました。
どんな気持ちで旦那様はキーホルダーを手に取ったのでしょう。想像してしまいました。妻子供を守る為でしょう。そう強く思っているのでしょう。絆ってそうして強く成って行くのでしょうね。

投稿: ちーこ | 2009年3月 4日 (水) 23時14分

うーさん>>お腹が大きくなっちゃえば、「わざわざ言われなくてもわかるよ!」みたいなところもあるかなって思うので、付けなくなるのかなあ。うーさんも、陽性が出たらすぐ付けてくださいね!

ちーこさん>>優しいお父さんが待ってるから、どうかちゃんと大きくなってね、と、心の中で語りかけています。一緒に味わう悲しみだったり、ケンカやぶつかり合いを経て、絆って出来ていくものかもしれませんね。

投稿: ルミコ | 2009年3月 5日 (木) 09時54分

はじめまして。このたびはおめでとうございます。
妊婦マークは必ずつけてください。
先日通勤の電車で倒れた女性がいました。
抱き上げたらバックの内側に妊婦マークがありました。中じゃダメなの!こういう時困るから!
幸い席を譲ってくださった方もいて、降りるとき付き添ってくださる方もいて大丈夫だったみたいだけど。
妊婦マークついてたら迷わず席を譲る人間も少数ながらいますから。つけてくださいね。初期の電車の揺れは思いのほかくるのです。お大事にお大事になさってくださいね。

投稿: piyopiyo | 2009年3月 5日 (木) 10時03分

piyopiyoさん、コメントありがとうございます。そうですよね、倒れたら逆に周りの方にご迷惑をかけるかもしれないですし、ちゃんと外側につけて堂々と外出します!
陽性が出てから初めて電車に乗るので、少しドキドキします。

投稿: ルミコ | 2009年3月 5日 (木) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の電話。 | トップページ | 姉への報告。 »