« 私の願い。 | トップページ | さよならの贈り物。 »

さようなら。ありがとう。

それは、静かで穏やかな嘘みたいな時間でした。
昨日の夕方、私の小さな小さな卵ベビーは、静かにサヨウナラと行ってしまいました。

金曜日に卵ベビーとの対面が叶ったあとから、今までになかった下腹部の違和感を覚えていました。それが昨日の朝からは微妙な痛みに変わり、ほんの数滴の前兆が現れたのは午前中のことでした。
金曜土曜、そして月曜火曜と休みをとっていた夫は、昨日だけが朝から夜まで仕事で不在。私をひとりにしておくのが心配だということで、午後からは私と夫の共通の友人が家にお見舞いに来てくれていました。
私は彼女が来てからもずっと下腹部痛が収まらず、これはもしかして別れが近いんじゃないかと感じていて、ずっとソファーに仰向けになったまま、いろんな話をしました。彼女は、5歳の娘がひとりいるけれど、その後、完全流産と繋留流産の両方を経験したこともあって、自然に出てくる流産のほうが心と体の回復は早かったという話や、手術の場合のメリットやデメリット……どうしてもそんなことが話題になっていました。

「私、痛みがなくて眠っているうちにすべて終わるなら、手術を受けてもいいと思ってるよ。痛みに弱くて、今までの治療でもたくさん痛くて怖いことがあったから、今ここで肉体的な痛い記憶を作っちゃうと、そのあとまた治療に立ち向かう勇気がなくなるかもしれないから。けど、自然に出てくるのを待つ……っていうのも、私には受け止められないかもしれない」

と、私はそんなことを話しました。育っていてほしいと願いながらも、もうこの痛みは別れの前兆だと感じていたからだと思います。

そして夕方になり私は起きあがってトイレに立ちました。出血がないことに安堵して、一度リビングに戻ったのですが、何か感じてもう一度トイレに戻ったときに、まさに生理のような出血が始まりました。
すぐに友人に報告して、夫に連絡を取り、大学病院に電話を入れたあと、タクシーを呼んで病院へと急ぎました。タクシーの中で、今まででピークの痛みが始まって、痛いというより、ああ、サヨナラが始まったんだと思うと涙がポロポロとこぼれてきます。とにかく早く早く……と願いながら20分。
大学病院の救急受付で、やっとの思いで立っている私に、「まずは問診票に記入してください」と言う受付担当……。初診のときに書いた問診票に震える手で殴り書きし、救急処置室で看護婦さんに血圧を測られて問診。そのまま車いすに乗せられて、診察室へと運ばれました。

内診台に上がるときには、お腹の痛みも和らいでいて、なぜか下着にもまったく出血のあともありません。
「今、診察をしていますが、赤ちゃんの袋のようなものが膣の中にあるようなので、出しますね。残念ですが、進行流産ということになると思います」
優しそうな女性の当直医が気遣うように言いました。
私は泣くこともなく、慌てることもなく、ただ天井を見ていました。

数分の処置のあと、超音波で確認すると、金曜日に卵ベビーがいた場所は、キレイな空き家になっていました。
「すごくキレイに妊娠組織がすべて出てくれたようなので、子宮の中をひっかくような手術も必要がないと思います。一応、明日もう一度診察をして確認しましょうね」と声をかけられ、私は内診台を降りました。不思議とお腹の痛みはありません。

数時間前、ソファーで痛むお腹をさすりながら、私が話していたこと。
痛みもなく、そして出血をこの目で見ることもなく、手術もなく……こんな静かで穏やかに去っていくなんて。居なくなった事実より、なんて私は幸せなのだろうと涙が止まらなかったのです。

帰りのタクシーの中で、友人が言いました。
「本当にすごく優しくていい子だったんだね。お母さんの心と体を傷つけないようにしてくれたんだね」

思い返せばつわりもなく、私に残ったのは辛い記憶だけではありませんでした。
できるだけお腹の卵ベビーを擬人化して考えないようにしてきたけれど、この瞬間は本当にベビーとの儚い絆のようなものを感じたのでした。

↓ただいま。戻ってきちゃいました。たくさん励ましていただきありがとうございました。偉かった卵ベビーに拍手を。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑妊婦希望の私たちの強い味方になること間違いナシ! 12リットルで995円、レンタル料1ヶ月600円で、ホットドリンク飲み放題☆ すっかり虜になりました。これでルイボスティーをがぶ飲みだ〜〜。

↑ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

↑送料無料!&代引き手数料無料がうれしい、有機マカ専門店です! 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 私の願い。 | トップページ | さよならの贈り物。 »

AIH8回目(クロミッド+FSH注射)→陽性反応〜流産」カテゴリの記事

コメント

まさか、昨日、こんな事になっていたなんて、
驚いていますが・・・。

卵ベビーは、がんばって、がんばって・・・
最後は、静かにお別れしたんですね。

すごく、せつなくて、何と言ってよいかわかりませんが、
ルミコさん、体をゆっくり休めて下さいね。

投稿: のんきー | 2009年3月16日 (月) 10時27分

なんといっていいのか・・・。

最後にお母さんに「ココにいたんだよ!!」っていうメッセージを残して、静かに去っていったなんて・・・なんて健気な赤ちゃんだったんでしょう。
私も、繋留流産したときは、旦那との温度差をちょっと感じました。これは、「命を宿したもの」と、それをただ「見守るもの」との違いでどうしようもないのかもしれませんねぇ・・・。

ルミコさん、今はご自分のお体を精一杯いたわってあげてくださいね。そして、ルミコさん「妊娠できた」ことは紛れもない事実ですよ!これをいい方向に捕らえて、歩いていきましょう♪
大丈夫!また戻ってきてくれますよ!

投稿: po | 2009年3月16日 (月) 11時21分

ルミコさん、つらく、そして大切な時間をお過ごしだったのですね。
私は、儚い絆ではなく、きちんとした、固い絆だと思います。

この何日間かで、女性としては厳しい現実を目の当たりにする中、ルミコさんが考えていらっしゃることが、「感謝」であり、「幸せ」であることに、記事を読みながら頭が下がるばかりでした。

だからルミコさんのところに卵ベビーは来てくれたんだろうな、と感じます。
しかも、そんな優しさを持ってくれていたなんて、固い絆結ばれているとしか思えないです。

まずはゆっくり心と体を休めてください。無理せずゆっくり。

投稿: みこ | 2009年3月16日 (月) 11時28分

まさかこんなことに・・・
今は自分の体と心を労わって下さい。
ほんとよく頑張りましたね。ベビーちゃんもルミコさんも。
ルミコさんのベビーはルミコさん夫婦に光を見せてくれただけでなく、私達夫婦にとっても大変励みになり希望となりました。
ルミコさんとベビーちゃんに感謝します。

投稿: さくら | 2009年3月16日 (月) 11時56分

ルミコさん、こんにちは。

「ママ思いの優しい子だった・・」
私が流産したときに感じた事です。
私の初めての妊娠は、双子でした。
でも、1人が先にゆき・・そして2人目が追うように。。
悲しくて辛くて苦しかったけれど、完全流産だったその子達は、流産後の手術も必要ない程におなかの中を綺麗にして、空にのぼっていってくれました。

ルミコさんのベビちゃんも、ママ思いの優しい子だったのですね。。

・・なんだか、うまく言葉が出てこないのがはがゆいのですが。。。
とにかく、今は何も考えられないと思います。
と同時に、流産後の体は思いのほか弱っています。
どうか、心と体が落ち着くまで、今はゆっくり休んで下さいね。

投稿: 未来 | 2009年3月16日 (月) 12時03分

ルミコさん、あかちゃんとのかけがえのない時間だったのですね。
たくさんの優しいお返事を、ありがとうございました。

涙は悲しみからだけではなくて、愛しさから出るそうです。
だから、小さなあかちゃんのことを想って、たくさん泣いていいそうです。

本当に、春になっちゃいましたね。
穏やかな日だまりの時期に空に還るなんて、私たちの子は親孝行ですよ(涙)。

私は、しばらく体を休めます。
ルミコさんもでしょうか。。。
いつか必ず必ず、可愛いわが子にまた会いましょうね。

投稿: ユリ | 2009年3月16日 (月) 12時18分

ルミコさん。
私、自分の時は(全然段階も違うんですが)そんなに泣かなかったんですよ。
なんでか自分でもわからないんですけど…。
でも、ルミコさんの報告を読んで涙が止まりません。

とにかく、今はゆっくり休んでください。

投稿: まこ | 2009年3月16日 (月) 12時50分

ルミコさん、お疲れ様でした。

私が3月9日の記事を読んだ時、私もまさに同じ状況でした。

陽性反応後、2度目の診察でも、見えるべき胎嚢が見えない!
期待と恐怖を抱えて、3度目の診察を、ひたすら待っていた状態でした。

そのため、先生から冷たい言葉を突きつけられたルミコさんの恐怖と悲しみが、
私にも痛いほど分かり、通りすがり状況ではありましたが、応援をさせて頂きました。

今回は、残念な結果になってしまいましたが、
でも、妊娠できた事、これ自体が、大きな進歩だと思います!!!
心と体が落ち着いた頃、また赤ちゃんはやって来るはずです!

どうぞ、しばらくは、ゆっくりと体を休めてください。
これからも、応援しています。

投稿: はな | 2009年3月16日 (月) 14時26分

昨日だったんね…とても残念です。わたしも流産経験者ですが気持ちを前向きにするのに時間がかかりました。だんなさんに八つ当たりするし…決して一人ではないので元気出してください。

投稿: すーさん | 2009年3月16日 (月) 14時27分

ルミコさんの心と体が1日も早く癒えて、またベビちゃんがルミコさんのお腹に宿ることを心から祈っています。

投稿: もも | 2009年3月16日 (月) 15時12分

ルミコさん、こんにちは。
とてもお辛かったでしょうけれど、報告してくださってありがとうございます。少しでも穏やかに過ごされているといいのですが・・・。
ルミコさんと旦那さまに幸せな時間を与えてくれ、そしてルミコさんの体を労わるように静かにお空に行ってしまった卵ベビーちゃん。本当にお母さん想いのいい子だったのですね。小さかったけれど、お二人の大切な大切な赤ちゃんですね。
きっとまた、お二人のもとに赤ちゃんはやって来てくれます。また前を向けるようになったら勇気を持って歩き出してくださいね。でも今は無理はなさらず、どうかゆっくりと心と体を休めてあげてください。

投稿: ももこ | 2009年3月16日 (月) 15時12分

のんきーさん>>ずっと見守ってくださってありがとうございました。別れは突然でしたが、本当に短い時間で夢のようでした。

poさん>>卵でも、やっぱりメッセージは伝わるんだなって思いました。不思議で貴重な体験でした。また頑張ります。

みこさん>>ずっとずっと苦しくてもがいている日々でしたが、最後に残る思いが感謝と幸せだったのは自分でも不思議だなあと思っています。普通の日常に戻ったことがまだ信じられません。

さくらさん>>私は今回のことを通して、AIHの可能性について深く考えることができました。いろいろ思うところもあるので、また後日記事にして書いてみますね。

未来さん>>初めての妊娠が双子で、そしてひとりずつ……なんて……。2人で力を合わせてできるだけ工夫して去っていったのでしょうね。私は今、流産後の体の変化に驚いているところです。本当に妊娠って神秘なんですね。

ユリさん>>私がずっと、前を歩くユリさんに励まして貰っていたように、私の卵ベビーもユリさんのベビーにアドバイスを貰っていたのかもしれませんね。以前はこんなふうに考えることもしませんでしたが、本当にそんなふうに思えるのはどうしてでしょう。私たちが、どうか来年のこの季節には笑っていられますように。

まこさん>>まこさんのときは、想いにフタをしていたのかもしれないですね。今は安堵感でいっぱいです。

はなさん>>最後まで諦めずにいられたのは、はなさんの言葉の力も大きかったです。どうぞ順調な経過でありますように、私も陰ながら祈っています。

すーさん>>今日の受診を待たずに行ってしまいましたが、これで良かったんだという想いでいっぱいです。心のほうもゆっくり休ませたいと思います。

ももさん>>不思議と、先週までのほうが涙が止まりませんでした。今は今までのことが嘘のように日常に戻りつつあります…。

ももこさん>>ずっと励ましてくださってありがとうございました。なぜだか、またすぐ会えるようなそんな想いに包まれています。数ヶ月で体を戻して、心もリセットできたらいいなと思っています。

投稿: ルミコ | 2009年3月16日 (月) 20時29分

胸がイッパイで言葉になりません。
今はとにかくゆっくりお休みになってくださいね。

投稿: うー | 2009年3月16日 (月) 20時47分

初めてコメします。

ずっとブログ読ませていただいてました。
こういうのにコメするの遠慮していたんですが、
思わず、キーをたたいていました・・・(;ω;)
今回はとても残念だったと思います。
読んでいて涙がこぼれました(´;ω;`)ウウ・・・
心も体も相当負担になっていると思いますので
ゆっくり休んでください。
きっと また出会えるはずです!!!


投稿: タッキー | 2009年3月16日 (月) 21時08分

ルミコさん、二週間つらかったね。よくがんばった。

投稿: きらきら | 2009年3月16日 (月) 21時34分

本当に優しいベビちゃんでしたね。その事がルミコさんやご主人を勇気付けてくれればと願ってます。

…心と体を十分に癒し労って過ごして下さい。

投稿: ゆう | 2009年3月16日 (月) 22時19分

ルミコさんの赤ちゃんのことずっと応援してました。
私が流産したとき、ブログのお仲間さんに励まされたのが心強くて
ついコメントしてしまってます。
お仲間さんに、泣きたいだけ泣いていいって教わって、
一度妊娠できたってことは妊娠しやすい体質になってるんだからまたすぐできる
っていう記事に励まされて。。
すごくやさしいベビちゃんで、とても感動して涙が出てしまいました。
やさしいベビちゃんだから、
絶対にまたすぐ会いにきてくれるはずです!
ルミコさんになんて言葉をかけてよいか分からないですが
一度妊娠できたんだから、絶対にまた会える日がくるので
今は悲しくて涙が止まらなくても、
ゆっくりゆっくり歩んでいけばよいので
今は心と身体をゆっくり休ませてあげてくださいね
ゆっくりのルミコさんも、変わらず応援しています。

投稿: ジュン | 2009年3月16日 (月) 22時41分

ルミコさん、今回は残念でしたね。
でも先生がおっしゃったとおり、妊娠できたということはすごく大きな前進だと思います。
私も、ルミコさんのご友人と同様、完全流産と繋留流産の両方を経験していますが、自然に出てきてくれた後のほうがだんぜんに体が楽でした。親孝行な赤ちゃんだったんですね。
しばらくは体と心をゆっくり休めてくださいね。

投稿: にゃお | 2009年3月16日 (月) 23時38分

私も同じ体験をしました。
胎嚢のみで心拍も確認出来ませんでした。
私の場合は自分の家で、陣痛と同じ様な痛みの中
手のひらに、受け止めました。
とても、いとおしい気持ちでした。
本当の初めての母性と言う気持ちを感じました。

きっとお腹に帰って来てくれるのを信じてます。
必ず、帰って来てくれますよ。

言葉では、言い表せられなくてごめんなさいね。

投稿: ちーこ | 2009年3月17日 (火) 00時10分

とっても母さん思いの子だったんですね。それにだんな様がすごく気づかってくれて、うらやましいです。
お辛いでしょうが、でも、身体の負担は最小限で、しかも妊娠力はアップしてるはずです。大丈夫。まずはゆっくり休んでください。そして近い将来、必ず母になりましょう!

投稿: ブタこ | 2009年3月17日 (火) 08時31分

うーさん>>ずっと励ましてくださってありがとうございました。ちょっとずついつもの日常に戻りつつあります。

タッキーさん>>初コメントありがとうございました。有り難い結末だったとはいえ、やはり残念だったという想いは強いです。またの再会を楽しみに、ゆっくり過ごしたいと思っています。

きらきらさん>>こんな長い2週間は初めてでした。今は気が抜けています…。

ゆうさん>>励ましてくれる家族もみんな、本当はとても悲しかったんだと思います。みんなのためにも、私が早く日常に戻れるようにと思っています。

ジュンさん>>ずっと応援してくださってありがとうございました。今回のことを通して、いろいろ考えることも多かったので、徐々に気持ちを整理していきたいと思っています。早くまた歩き出せるように。

にゃおさん>>今までずっと素振りばかりしていたので、ボールはちゃんとこっちに向かって飛んできていたということが実感できたことは大きな励みになりました。また頑張ります。

ちーこさん>>私は血液恐怖症(?)で、とても手のひらで受け止めることはできなかったかな〜。すごいです! また来てくれたらいいなあ。

ブタこさん>>近い将来、みんなが「また?もう?」って言うぐらい早く、妊娠したいと意気込んでいます。が、今は少し休みます。

投稿: ルミコ | 2009年3月17日 (火) 09時24分

友達が進行流産でどの様なものなのかを調べていたら辿り着きました。

今の時代は避妊をしないで子供が出来たら堕胎する、という人達が大勢いるので本当に世の中不公平だなと感じました。

必ず主さんが我が子を抱ける日が来る事を願っています。

でも戻って来てくれたではなく一人一人が別の人間なんだと言う事も忘れないで欲しいです。

投稿: さな | 2009年3月17日 (火) 09時51分

さなさん>>はじめまして。進行流産は、本当に初期の流産なので、人間としての形も見えていませんし、心拍も何もわからないまま重たい生理のような感じで終わります。
私のように治療をしていなければ、もっと短い妊婦期間で終わったように感じるかもしれません。
人間だったという意識や思い入れは正直、あまりありませんが、こうなったことに意味やメッセージは必ずあると思っています。

投稿: ルミコ | 2009年3月17日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の願い。 | トップページ | さよならの贈り物。 »