« 満月の夜。 | トップページ | やっと、会えたね。 »

必然の日々。

D48(6w3d)、37.12。今日も朝が来た。
卵ベビーは、まだどこかに隠れているらしい。
「集合時間過ぎてるよ! もう、モタモタしないの! のんびりしてないで、そろそろ急いで!」
と、声をかけると、夫がポツリと「俺みたいだね」と言った。
駆け寄ってきたワンコをお腹にのせる。優しくて穏やかなワンコのお兄ちゃん。絶対好きになるから、パパ似の卵ベビー、早く大きくなって! と願う。
私の心も限界に近いけれど、タイムリミットも迫ってる。あと3日しかない。

ここに至るまでの出来事を思い返すと、必然だったんだなと感じることがたくさんある。例えば、私は年末ごろからアルバイトを探していた。ベストの形に近かった6回目のAIHが失敗に終わり、いよいよIVFへのステップアップが現実的に迫ってきたことを感じ、現在の治療の合間にできる時間で終わる仕事を探していたのだ。
条件に合いそうなところをいくつかピックアップして応募したけれど、なぜかどれも面接にも至ることがなく不採用となった。
「ちょうど定員がうまった」とか、時間帯が微妙に合わないとか、たまたま先方が連絡してきた日に私が留守で、その後の連絡がうまくいかなかったり……、これといった大きな何かもないまま、とにかく仕事は決まらなかった。

2月のAIHの前にもやはりそんな感じで仕事について考えていたけれど、そのときはコレという仕事が見つからず応募もしなかった。
今思えば、仕事が決まっていたら、こうして日々安静に過ごすこともできなかっただろうし、こんな不安定な気持ちで何かできただろうか? 
やっぱり、私の運命は決まっていたのかもしれません。

家で安静を命じられ2週間。1日がとても長く、精神的にはギリギリのところにいるけれど、こういうことになって、親や兄弟、夫や親友の絆を感じることができた。これまで、どちらかというと親や姉と距離をとっていた部分もあったのだけど(治療のことも一切話さなかったり、相談事もほぼナシ)、今回のことがあって、姉にもう隠すことはなにもないし、私に対しては放任だった母が毎晩必ず電話をかけてくる。状況を知って、泣きながら励ましてくれる友人や、もちろん見ず知らずの私に心からの励ましの言葉を綴ってくれるたくさんのみなさん……。
どんな結果になるのかわからないけれど、そんな暖かさに触れさせてくれたことだけでも、卵ベビーの存在意味はあったのだと思う。

みんながすんなり妊娠できるのに、妊娠しない。
妊娠したらほとんどが順調な経過をたどるのに、立ち止まる。
すべて含めて治療はつらいことばかり。心から喜べる日がこんなにも遠いことを私は知らなかった。けれど、そんな時間の中にも、私に足りないもの、私が忘れていることを気づかせる何かがあるのかもしれない。

↓あと3日。卵ベビーの飛躍的な成長を祈って。

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応〜心拍確認へ
にほんブログ村

↑妊婦希望の私たちの強い味方になること間違いナシ! 12リットルで995円、レンタル料1ヶ月600円で、ホットドリンク飲み放題☆ すっかり虜になりました。これでルイボスティーをがぶ飲みだ〜〜。

↑ ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

↑送料無料!&代引き手数料無料がうれしい、有機マカ専門店です! 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 満月の夜。 | トップページ | やっと、会えたね。 »

AIH8回目(クロミッド+FSH注射)→陽性反応〜流産」カテゴリの記事

コメント

ルミコさん、こんにちは。

>みんながすんなり妊娠できるのに、妊娠しない。
>妊娠したらほとんどが順調な経過をたどるのに、立ち止まる。
>すべて含めて治療はつらいことばかり。心から喜べる日がこんなにも遠いことを>私は知らなかった。

本当に私も同じように感じています。
大抵の人は何も考えずに妊娠する人が多いのに
私は、病院の先生の力を借りてもこんなにも妊娠しないんだと感じています。

実は昨日私は2度目のAIHをしてきました。
今までの精子検査(2度)、1度目のAIHと比べると
ビックリするほど精子の状態が悪く、初めて当たった先生の態度にも
納得のいかないままAIHをしてきました。
きっと今回はダメなんだろうなと、落ち込みがちです。

ルミコさんとは不安な気持ち、苦しい思い…
悩んでいる中身は違うけれどそんな風に苦しんでいる人も沢山います。

だから、ルミコさんも頑張って下さい。

今日もまた寒い1日ですので暖かくして、ゆっくりとした気持ちで過ごして下さいね。

投稿: いちご | 2009年3月13日 (金) 12時58分

いちごさん、AIHお疲れ様でした。
私も8回のAIHのうち半分以上はAIHギリギリの数値で、しかも毎回AIHの痛みがあったので毎回ポジティブになるのが大変でした。
何もやらなかったよりは、良かったはず、といつもいつも言い聞かせていました。

いちごさんも私も、そしてみなさんも、明日のことが分からず不安ですね。
AIHのあとの1週間ほどは、1ヶ月のうちで一番安らげる時間だと思います。どうぞゆっくりお過ごしくださいね。

投稿: ルミコ | 2009年3月13日 (金) 13時49分

先日コメントをさせて頂きました、はなと申します。
きっと、落ち着かない日々を過している事と、思います。
昨日の診察で先生から聞いた話が、もしかしたらルミコさんにも当てはまるのではないかと思い、コメントをしております。

陽性確認後、私もAIHを基準にカウントをしてきたのですが、
これが、あまり当てにならない事を知りました。

昨日の診察で、ようやく小さい胎嚢が見えたのですが、ほんとうに小さいのです。
昨日で、生理初日からだと42日目、5w6d。
AIHを基準にすると、6w2d(?)。
でも、エコーの機械は、4w4dのサイズだと表示していました。

先生は、基礎体温表と、これまでの経過を見て、
「受精卵が子宮に着床するのに時間が掛かったので、成長が遅いのだろう」
と、言われました。
AIH前日、HCGで排卵誘発をして、その後排卵確認もしているので、
排卵日は、特定できています。
だから、着床が遅れたとしか考えられないそうです。
受精卵が、着床しないで、数日間、子宮の中をさまよっていたらしいのです。

この言葉で、「同じ生理周期の人」が、エコーで胎嚢が見えたり・見えなかったり、大きさが違ったりする理由が、なんとなく分かった気がしました。
経過の遅れから、昨日、AIH基準のカウントを取りやめることになりました。

ルミコさんの高温期が続いている状況からも、
赤ちゃんは、間違いなく育っているのだと、私は、確信しています。
どうぞ、心穏やかに、お過ごし下さい!!!

投稿: はな | 2009年3月13日 (金) 16時16分

ルミコさん、どんなに不安な日々をお過ごしか・・心中お察しします・・。なかなか言葉って難しく、どう伝えたらいいのか・・どう伝わってしまうのか・・不安になります。そんなこと考えていたらコメも出来ず・・本日になってしまいました。ごめんなさい・・。40になって、IVFに挑戦し卵が育つか・・から始まり受精するか・・分割するか・・分割も(私の場合胚盤胞まで育ててから移植)だったので、そこまで育つのか・・・1週間待たねばならなかった。長かった。そこから移植まで、ホルモン値が整わないと移植も出来ず、、移植後また1週間。これも毎日祈り・・。ようやく判定。しかし判定貰ってもその時点では血液検査でしか反応が出ないので、不安のまま、10日間過ごす。そこで胎のう確認。でも心拍確認するまで流産の可能性ありと言われ、さらに10日。なんだか生きた心地もしないまま、寿命が縮むな~と思いながら月日が流れ、ルミコさんのように色んなことを考えさせられた数ヶ月でした。ただひたすらわからないベビちゃんに語りかけてる自分もいました。そしてどちらにしても諦めない気持ちを強く持ち、ベビちゃんに感謝し、周りの人たちに感謝していたことを思い出します。いまだに・・不安との戦いですが・・旦那さんに支えられ、ご家族の皆様に支えられ、本当にあったかい気持ちを持ち続けていただけたら・・って思います・・。心から喜べる日ってほんとうに遠いような気がします。でもそれを感じてるルミコさんは偉いな~って思います。こんな素敵な心を教えてもらった『今まで』にも感謝ですものね。なんだかやっぱりまとまらず・・すみません。やはり言葉は難しい~~。とにかく・・あったか~い気持ち忘れず・・あったか~い飲み物飲んで、時には、ホッとして過ごしてくださいね。

投稿: アラフォーさくら | 2009年3月13日 (金) 17時35分

はなさん>>とても参考になるコメントありがとうございます。私も6w3dの昨日、小さな小さな袋らしきものが見つかりました。サイズが3.8ミリと極小なので、これはもうダメだろうと宣告されてしまいました……。
私の中でも少し、受精から着床までのタイムラグについて疑問があります。なかなかデータだけでは計り知れない部分も多いですよね。
それぞれ経過が違うので、私のコメントではなさんが不安になってしまったらゴメンナサイ。月曜日の診察で、受精から着床のタイムラグについて質問できたらしてみたいと思います。それにしても私のは小さすぎるので、ホントに胎嚢であってほしい!と今も願っています。

アラフォーさくらさん>>コメントありがとうございます。IVFになると卵の最初から見守ることになるわけですから、それはそれは本当に長い祈りの日々ですよね。
けれど、無事に継続されていること、本当に良かったです。早く穏やかな気持ちで妊婦生活を楽しめる日が来るといいですね。

投稿: ルミコ | 2009年3月14日 (土) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月の夜。 | トップページ | やっと、会えたね。 »