« 産まねばならない人。 | トップページ | 代理出産・夫の言葉。 »

代理母も母の愛のひとつだが。

D8、36.32。
豆乳ココアを飲んでいます。ココアに入ってるカフェインは、レギュラーコーヒーの20分の1程度ってココアメーカーのHPに載ってたので、許容範囲? と思って飲んでます。厳密に言い出したらチョコも食べられないよね。

連休中、ネットのニュースで、子宮を失った女性の代わりに、女性の実母が代理母になったという話題が取り上げられていました。その女性と実母本人が取材を受けていて、生まれつき子宮がない女性や病気で摘出しなければいけない女性も諦めないで欲しいとコメント。
経緯としては、女性は1歳のときに子宮に腫瘍が見つかって、子宮を摘出。そして女性は今27歳、母親は53歳。娘夫婦の受精卵を体外受精で母親に移植して出産に至ったとのこと。

私は今41だけど、計算すると27歳のとき母は53歳だ。私の代わりに母が……とイメージすると、とても現実味がない。近隣との交流がない都会ならまだしも、幼いころから暮らす地元の街で、母が27年の時を経て妊婦になり出産するなんて、どえらいことだ。きっとどえらい覚悟で挑んだことだろう。お母さんは、1歳で子供が産めない身体になった娘のことをずっと不憫に思って生きてきたのかもしれない。私のせいで娘が……などと思ったかもしれない。
「私は子供を持てて幸せなのに、娘は子供を産めない。その幸せを味わってほしいと思い『私に産ませて』と言った」
と、いう母親のコメントからそんなことを推察できるのだけど、もちろんこれが母親の思いのすべてではないだろうけど、不妊治療中の私でも少し違和感を覚える言葉だった。

子供を産みたくて頑張ってる私でも思う。それが幸せのすべてではないと。このまま子供が授からなかったとして、人生を終えるときに「あ〜、私は幸せじゃなかったなあ」って思うのだろうか? 現時点では不幸じゃない。望みがひとつ叶わなかったけれど、それでも充分に笑って自分の時間をエンジョイして生きてきた41年だったけどね。そう、私は欲深いから、もっとハッピーな経験をしたくて頑張っちゃってる。
代理母は否定はしない。そもそもそれができる条件が揃うことがかなりの確率であり、運、または縁だと言える。まず夫婦の健康な受精卵ができる確率、母親に着床する確率、無事に育って産まれる確率、それはそれは大変な道のりなのだから。
産まれた子はそういう縁があって産まれた強い子なんだと思う。
そもそもそんな技術のある時代に産まれたことも、奇跡のひとつ。

母に不妊治療を打ち明けたとき、母は私に「子供を産むことが幸せのすべてではない」と言った。自分のやれることをやって、それでも叶わなかったときはそれを受け入れてあなたの幸せを見つけて欲しい、と。それは、私たち夫婦が見つけるものであって、ただ自分は子供の幸せを願っていると言ってくれた。私には、子供が授からなかった姉がいるけれど、母は私のことも姉のことも「私はこんなに幸せなのに、この子たちは可哀想に」とは思っていないと思う。
子供の障害を代わってあげたい!と思い、現実に実行できてしまう母の愛。
それは不幸なんかじゃないと教えてくれるのも母の愛。
私自身はまだ母になれていないから、わかってないと叱られてしまうかもしれないけれど、そんなことを思う。

↓問題なのは代理母云々よりも、子供が居ない人を責めたり蔑んだりする人が居ると言うことや、子供がいて当たり前という風潮じゃないかなあ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


↑着床をサポートするという大豆イソフラボンの「イソラコン」と「腹巻き!」のセットが画期的! タンポポ茶も気になります。お試しセットもあります。

↑ ルイボスティーの3週間お試しセット、便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくオススメです!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!


↑マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね! ルイボスティーもクセがなくてまろやか味です。 私はココのをリピート中。

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑妊娠前から飲んでおく定番サプリの葉酸。注文してから袋詰めして発送してくれる新鮮さがウリです。メール便発送もありがたいですね。 

↑マカ子って……変なバナーですが、高品質マカの専門店。生理不順や冷え性にも効果アリ。かわいいボトルに入って届きます。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

↑我が家のように男性不妊の可能性がある場合は、ココが買いやすいですね。

↑1000円でお試しはお得ですね〜。私も遅ればせながら葉酸サプリ飲み始めました!

|

« 産まねばならない人。 | トップページ | 代理出産・夫の言葉。 »

初IVF(クロミッド+フォリスチム)」カテゴリの記事

コメント

ルミコさん。お久しぶりです。
代理母についてはコメントは差し控えますが、私は53歳で着床するという事にびっくりしています。
だったら可能性は大でしょ!私たちってまだひよっこよ!そう思ったの私だけ?
(ま、着床時にどんな治療したのかはわからないけれど)それか、やっぱり妊娠力は卵子の若返りこそが確率アップの法則なのか?
短期間での技術アップと学会での承認を!と切に望むumiなのです・・・。

投稿: umi | 2009年11月25日 (水) 11時20分

umiさん、こんにちは。
そう、そうなんですよ!治療中の身からするとそこも注目ですよね。まさか1回で着床したの? とか、もっといろいろ聞きたいぐらい 
卵子提供なら海外でももっと高齢の方が出産されてますから、やっぱり卵の力が重要なんですかねえ。なんにしても誰でも可能って話じゃないですよね。

投稿: ルミコ | 2009年11月25日 (水) 11時33分

私は二人目不妊なので、本来ならこちらへコメントすべきではないのですが、子育ての幸せも不妊治療の大変さも少しずつですが知っているつもりなので、今日だけ許してください。

彼女のお母様はやはり『病気で子宮をなくした=出産できない』我が子が不憫でならなかったのだと思います。一歳にして出産できる確率が0とわかってしまったのですから。
一歳と言えば、子育てに少し慣れて、産んでよかったな、『幸せ』だなぁ、としみじみと感じる時期なのです。その時の病気のショックは計り知れないものと察します。
27年間その時の感情のまま時が止まってしまっていた為の『幸せ』発言だったのではないかと思いました。
私も含めて不妊治療をしている人は、スゴロクをしているようなもので、あがれるかと思えば振りだしに戻ったりして、毎回の治療を苦しんでいますよね。
でもスゴロクが出来るだけ幸せであって、彼女はサイコロすら振ることができなかったんですよね。
お母様はスゴロク盤になって彼女にサイコロを振らせてあげたかったのではないでしょうか。

いろいろ生意気いってすいません。
いつも思うんですが、『幸せ』とか『美味しい』とか主観的な言葉の使用は難しいですよね。

長くなってしまいましだが、ルミコさんがこの先、幸せだなぁと感じられる人生を送られることを心から祈っています(^-^)

これからも応援しています。

投稿: にじのはし | 2009年11月25日 (水) 12時22分

にじのはしさん、こんにちは。
不妊治療はつらいことしかないけれど、もーっと広い視野で見れば、つらいことっていっぱいあるのかなって思うときもあります。そうやって自分を励ましているとも言えるかもしれません。
治療ができるだけでも幸せだと言い聞かせるときも多々ありますが、自分の中の幸せ度合いで計ると、やっぱできればやりたくないかな〜と思います。

お母さんが出産できる年齢のときに、娘さんが結婚している確率っていうのも難しいもので、いろんなタイミングと機会があって夫婦+お母さんの三人四脚で産まれた命。それはそれで必然だったんだろうと私は思っています。
娘さんの子供を産んであげられたことで、お母さん自身も心が楽になったのかもしれませんね。

投稿: ルミコ | 2009年11月25日 (水) 12時41分

こんにちは。いろいろ考えちゃいますよねぇ。子どもがいなくて可哀想だと思われても嫌だし子どもがいなくて平気なんだと思われるのも嫌です。自分も独身のときなんて子どもができて当たり前と思ってたので「まだ子どもはいいの?」という無神経な質問を既婚者にしていたかもしれない。
やっぱり「命は当然のものじゃない」という認識を世の中全体が持つために、不妊や流産など悲しい側面をもっと取り上げてほしいですよね。子育てで辛いときや子どもや若者が生きてて辛いときに、そのことを考えてもらえたらなぁ。

投稿: rikimaru | 2009年11月25日 (水) 14時20分

いろいろと考えさせられますね。
妊娠や出産を「女に生まれてきたからには一度は経験したいモノ」「女の幸せ」などと表現する人たちもいますしね。
何らかの事情で子宮を失ってしまった人もいれば、生まれながらの子宮奇形の人もいるし、子宮以外の部分に原因があったり 何も原因らしきモノがなかったり…たくさんの不妊の人たちがいて。
私は、とりあえず体外受精まではしてみようと思って頑張ってます。(子宮奇形もあるけど手術のつもりは無し・流産を繰り返してるけど専門的な不育症検査や治療は無し)
倫理的な問題(?)で体外受精を拒む人もいるし、経済的な理由で体外受精に挑戦できない人もいる…そんな中で私は体外受精は既に経験している。。。となると、もしも私に子宮が無くて ごく当たり前のことのように「あなたが子供が欲しいなら 私の子宮を使っても良いよ」って人が身近にいたなら、やっぱり私も代理母出産という道を選択したりするんだろうか?・・・なんてことも考えてしまいました。
年齢もそれなりに重ね、不妊期間も治療期間も重ね…今 そういう状況に陥ったならば「子供を産めなくても不幸じゃないし、むしろ今幸せだから」って割り切れるけど、もっと若くてガムシャラに頑張ってた頃だったら???

…とりあえず、50代の子宮でも妊娠できるのならば、受精卵ができてるうちは充分 私にも可能性があるってコトで 希望が持てました

投稿: chako | 2009年11月25日 (水) 14時40分

rikimaruさん>>そうなんですよね。今は子供を持つことについて、深く考えざるを得ない状況になっているので、授からない立場が理解できるんですよね、きっと。rikimaruさんもおっしゃるように、命にまつわる悲しい側面をもっと感じることができたら、大切にしようって思えることもあるでしょうね。

chakoさん>>テレビのニュースでも親子で出ていらっしゃるのを見ましたが、きっと友達のように仲の良い母娘だったのだろうなあって感じでした。なかなか代理母を頼めるほどの親子関係になるのも難しいんじゃないかな〜なんて思っちゃいました。私も今、体外受精というステージにいて、明日はどうなるのか、一生子供を持てないのかどうか、未だわからないところにいますが、夫に「50代のお腹でも育ったんだから、いけるかも?」と励まされました まずは希望を持って進むことって大切ですね。

投稿: ルミコ | 2009年11月25日 (水) 20時05分

ルミコさん、こんばんは~

お!
この話題は例のクリニックですね。
倫理とかどうとか難しいことは分からないけど。
いろんな経緯があったんだろうけど、このお母さまも娘さんも、無事想いが叶ってよかった・・というところかな。
けど、子供がいなくたって幸せだよね、ルミコさん^^
そしてもし子供がいたら、きっともっと幸せなのかな~って思うだけ^^

メール見ました!
カレンダー、めっちゃかわいいだけど~☆
(こりゃ私が撮った写真はボツだな・・お役に立てず申し訳ない^^;)
ルミコさん夫婦は、結婚記念日に家族写真を撮ったり、ああしてカレンダー作ったり。。
素敵なイベント(?)を夫婦で楽しむ♪
それだけとっても「あぁ~幸せそうだな~」って心から思うよ!
そして実際幸せなんだもんね^^v

そうそう、話は違うけど、今日がラスト勤務でした!
わ~い終わった~~~♪
今日は仕事から帰って来て友人と長電話し、ipodでテトリスやりまくって、早速専業主婦モード突入で~す^m^
・・っていうか、それを専業主婦モードと呼ぶのか?(笑)

投稿: 未来 | 2009年11月25日 (水) 23時12分

未来さん、こんばんは。
今、まさにニュースZEROで特番やってましたよ〜。お母さんが出産するところも。
お母さんもホッとしたんでしょうね。私も着床目指して頑張ろーっと!
でもダメだったら、それはそれで何か楽しいことが他にも待ってると信じて。。。
ただやっぱり家族が増えたらもっと楽しいんだろうなって今はまだ思うから。

ラスト勤務お疲れ様でした〜!来年に向けていろいろ状況が整って、気持ちよくトライできますように また美味しいものお裾分けしてもらわねば!!

投稿: ルミコ | 2009年11月25日 (水) 23時23分

代理出産については、本当に賛否両論あるだろうと思います。倫理的にも、法的にも、難しい問題を含んでいますし

ただ、この問題について、「何も思わない」っていう人も中にはいらっしゃることでしょう。
とりたてて心に残るニュースではないと・・・。

そういう意味では、ここに書き込まれた方々は、このニュースを心にとめ、たぶん自分の生き方も含めて、この問題を考えられた方々ではないかと思います

そして、私もその一人です。

「子供がいなくても幸せ」と割り切れていたら、たぶん私は不妊治療に足を踏み入れなかったと思います。やはり「子供がいる幸せ」を望み、それに向かって突き進んできました。
だから、「自身のエゴで体外受精して!命をなんだって思っているの!」という倫理観のもと責められたら、やっぱりぐうの音も出ません

だけど、少なくとも、産んですぐの我が子をスポーツバックに入れて処分する親よりは、親になる資格があるんじゃないか!?、そう思ったりもします。

命に対する考え方なので、本当に難しいとは思いますが、自分の不妊治療について考える、良い契機にはなりました

ちなみに、50歳台にして、2度のチャレンジで成功したそうですよ

投稿: ゆうき。 | 2009年11月26日 (木) 10時58分

ゆうき。さん>>「子供がいなくても幸せ」って思うこと自体が、子供がいる幸せを意識してるってことになるんですよねえ。まったく子供のことを考えずにただ楽しく過ごしているのとはまた違って、どっかで無理してるところってあるんだろうなあと思ったり。医療の力があっても、確実に妊娠出来る方法はないので、体外受精も代理出産も治療のひとつでしかないと個人的には思いますが、責められたらどう返せばいいのか悩みますね
でも、確かにこういうことが取り上げられて自分自身がいろいろ考えるキッカケにもなったなあって思います。スポーツバッグに入れて我が子を遺棄する親の心にも響けばいいのにと。

投稿: ルミコ | 2009年11月26日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産まねばならない人。 | トップページ | 代理出産・夫の言葉。 »