« 関白宣言。 | トップページ | 流れに流れて。 »

あふれ出す想い。

数日前の記事に、長〜いコメントが寄せられました。

あまり場外のことを場内に持ってくるのは好きじゃないのですが、コメントを寄せてくださった方は、言葉の通りに受け取るとたまたま立ち寄られたようで、次に訪問するとしたら来年とのこと 今までずっと読んできて一言、というよりは、私を含め42歳近辺で治療中の方に向けたコメントなんだろうなあと解釈できる内容だったので、私個人としての思うところをお返事代わりにこっちに書いてみようかなと思います。

実は、「子供をスカっと諦めて気楽に生活していたら、数年後に自然に授かった!」という都市伝説的な話だと思って読み進めていたら、あなたも諦める時期ではないでしょうか?というオチ(?)だったので、一言で言うと、意外でした(笑)。
私個人として感じているのは、40代になると、わざわざ自分で諦める決断をしなくても、諦めざるを得なくなる、というのが実情じゃないかってこと。経済的なことや時間的なことの障害がなかったとして、どんなに治療をやりたくても、なんだかんだで歩みが遅くなり進めなくなる……。結果として時間だけが過ぎていき、気づけば子育てを今から始めるには難しいかなあ……という年齢になっている、という展開。
子育てを始めるには遅いかどうか、というのは、その夫婦の価値観や環境や状況によっても違うので、人によっては30歳でも遅い!って思うかもしれないし、50歳でも大丈夫よ!っていう場合もあると思うけど、うちは夫が年下だってことや経済力なんかも考えて、あと1〜2年以内なら30代のときとさほど変わらずやっていけるかな?と思ってるから治療を続けている。
が、今自分で書いたような実情はちゃんと感じとっている。治療は万能ではないことも。

自分と同じ人間は2人と居ないことを思えば、結局のところ、自分のことは自分で決めるしかなくて、それが一般論や先生からの言葉を指針にすることもあるだろうね。何が正解で何が間違いだったのかは、自分にしかわかんないことだし。

う〜ん、そうだなあ、だけど正直なところ、私の本文以上に長いコメントを拝見していて、「スカっと諦めた向こう側」に行けば、ホントに晴れ晴れとした気持ちになれるのか不安になったなあ 婦人科検診だけじゃなく、テレビで不妊のニュースを見たり、公園で家族連れに会ったり、自分と同じくらいの年齢の人が出産したっていう話を聞いたり……心を揺さぶられる機会ってたくさんあるんじゃないかなあ。自分たち夫婦が子供を望んでいたということは、なかったことにはできないもの。不妊治療って後を引くもので、いつかどこかで噴出するかもしれないってこと、覚悟しとかなきゃいけないだろうね。

排卵に振り回されることもなく、お金のことも気にせず、友達と遊んだり、夫と旅行をしたり、気ままに暮らすのが私の望みじゃないんだよなあ。だって、今までずっとそうだったもの。付き合い始めて結婚するまで、そして結婚してからもずっとそうだった。だって、子供が欲しくてもできなかったんだもの。変わりたくても変われないんだから、2人の生活をエンジョイするしかないんだよね。
何度も書いてきたことだけど、今は、無理にフタをしてしまうのではなく、ほんのり希望を持ちながら、ゆっくりスロープを下るように、夫と2人でどう生きていくかも模索中。
だから、私と同年代のあなたもそうしたらどうですか? とは私は言わないよ。
そーっと消えないように気をつけながら運んでいる希望の灯を、どうせ消えるんだから消しちゃいなよ!って、通りすがりにフーってしたり、私はしない。

↓100夫婦いれば100通り。100種類の価値観があるんだよ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

 

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑妊娠前から飲んでおく定番サプリの葉酸。注文してから袋詰めして発送してくれる新鮮さがウリです。メール便発送もありがたいですね。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

|

« 関白宣言。 | トップページ | 流れに流れて。 »

IVFお休み周期」カテゴリの記事

コメント

不妊治療中、ルミコさんのブログを見つけて読ませていただいてました。
今不妊治療の末、妊娠し、秋には出産です。
私は、幸いに初歩の治療で授かりました。タイミングを見てもらいながら排卵誘発剤の注射半年間、子宮卵管造影をした月に授かれました。 夫と決めていたことは、するとしたらAIHまで、と。
ルミコさんは、諦めないとは言えない、でもトラさんのコメントに対しては希望の光は消さないとおっしゃっていますが、治療の区切りを決められるのも良いかと思います。
じゃなきゃ辛すぎませんか。
私は、AIHでだめなら夫婦2人の生活も構想を練っていました。
ルミコさんは私の考えを押し付けと捉えられるかもしれません。
しかし思ったことを素直に書かせていただきました。

では、お邪魔しました。

投稿: ゆっぴ | 2010年6月15日 (火) 20時02分

はじめまして。ルミコさん。ブログ拝見させていただいています。
ここ数ヶ月心身とも疲れ果て治療をお休みしていました。
しかし41歳のこの身にはそうそうキセキも起こるはずもなく、、。
来月また治療を再開する気力が湧いてきたので、頑張ってみようと思っています。
悲しいかな、努力しようがしまいが、出来る人はできる。出来ない人にはできない。それが現実です。
だけど、意味ないかもしれい食品や整体、鍼灸にも通うんです。そうしなければやってられないからね。
残念ですが生理がなくなってしまえば、なすすべはありません。それまではどう言われようと頑張ってみたって良いのではないですか?自分のペースでね。。
人は人、自分は自分。。。ですよ。

投稿: ゆーこ | 2010年6月15日 (火) 20時33分

はじめまして、昨年40歳で不妊治療を始め、41歳になりましたmarumeと申します
ルミ子さんのブログには本当に共感する部分が多く、いつも覗かせていただいてますが、コメントは初めてです
というのも…治療の終了時期って、人に言われて決めるものじゃないと、私は強く思うので、どうしてもそれをお伝えしたくて
世の中には私より長く治療されている方も多くいらっしゃるだろうし、私も自分だけがしんどいとは思いません
けれど、経済的にも精神的にも、このトンネルを歩く間は、辛いことの連続だとみんな分かってますよね
その中で、明日へのささやかな希望を綴っているルミ子さんや私達に、あんまりなコメントだと思ったものですから
私が治療を始めたのは、死ぬときに「あの時は精一杯頑張ったけど、子供は出来なかった」と心残り無く逝けるように、という思いでした
心残り無いかどうか、出来る限り頑張ったんだという気持ちは、本人にしか分からないし、夫婦それぞれでも違いますよね
もう本当に、何と言えばよいのか、とにかくルミ子さんを応援してますから絶対です
marume

投稿: marume | 2010年6月15日 (火) 21時39分

ルミコさん、こんばんは
夫婦ふたりの生活の先には何があるんでしょうね。その先に見えるものも、それぞれなんでしょうね。子供を望む気持ちだって、それぞれのペースですよ。だって、自分(達)のペースでさえ、時に見失うことありますもの
我が家は小学校の同級生夫婦、ふたり生活の先に見えるものは、
間違いなく…お友達
先が見えるのもなんだか、怖いです。
ルミコさんも、私も…ふぁいと

投稿: ユウユウ | 2010年6月15日 (火) 21時54分

ルミコさんこんばんわ〜
サッカー勝ちましたね
私も関白宣言聞きましたよ‼
うちの旦那も家事一切しないですよ
ヘルシオには穴開けるし
来週また病院に行きます
早く転居した病院見て見たいですね

投稿: さるる | 2010年6月15日 (火) 22時28分

ルミコさんこんばんは!

コメントに私としてはビックリ発言があり思わず書いています〜。
正直高度医療に進んでいる者にとってはタイミングや人工はそれ程の治療ではないと考えます。ましてそれで妊娠された方が発言されるなんて…。
今は産み分けでも人工します。

ルミコさんはまだ体外に進まれたばかりです。
諦めるという言葉はまだまだだと思います。

普段ルミコさんは普通に過ごされているのだと思います。治療の色々なお気持ち〜そのごく一部をこのブログに綴られているのだと感じています。
長くなりスミマセン。

信頼されている病院とまた前に進まれます様願っています!

投稿: きたこ | 2010年6月15日 (火) 22時37分

結婚して12年、セックスレス11年になる強者です…。
愛されていない不安感を抱えたまま結婚生活を続けてきて、いろんな気持ちをやりくりしてきました。

でも、長い時間が過ぎすぎて(?)なにかが熟したのか、なぜか昨年末くらいから互いの関係に柔らかさが戻ってきました。
時間はかかりましたが、子どもを作りたいと相談するに至り、もうすぐ初めてのAIHにチャレンジです。レスのままだからタイミングは飛ばしますよ。汗。
それでも、私たち夫婦にとってはすごい進歩です。

読んでいて、だから、ルミコさんご夫妻のラブラブぶりが、すごく羨ましい。
たくさんの恋のライバルたちを制してきたと以前書かれてましたね。
つい笑みがこぼれるくらい仲良しで、眩しいです!

お二人で相談して、お二人で模索してくださいね。

そして、家族愛はなんとかあれど男女愛を持たざる私から見ると、
ルミコさんは素敵な夫婦関係を持っています。
どうかいじけ過ぎたり、傷つき過ぎたりしないでくださいーと願わずにはいられません。

…長くなってしまいました。涙。うまくまとめきれず、ごめんなさい。

投稿: はりねずみ | 2010年6月15日 (火) 22時37分

ルミコさん。こちら側からこんばんは。
色々な方からのコメントを読んで
「治療の区切りを決める」というのは治療をしていた方なら少なからず考えることですよね?
今あえてその事を他の人が言わなくてもきっとルミコさんも今まで考えたことがあったんじゃないでしょうか?
まさに皆違う環境で、一つとして同じ夫婦はいません。
ルミコさんはルミコさんの気持ちを1番大事にしてください。
どちらの道を選んでも、私はルミコさんの思いを応援してます。

投稿: 旦那の顔が怖い | 2010年6月15日 (火) 22時46分

皆さんのコメント見ました、すみません無神経でした、もう来ません。

投稿: ゆっぴ | 2010年6月15日 (火) 22時52分

私は思います。ルミコさんにアドバイスするようなコメントは必要ないと。このブログに綴られているのは他人にも、おそらくご自身にもコントロールなどきかない、心のなかにある「想い」とか「気持ち」とかなんだから…ルミコさんは、ただ素直に、素朴な言葉で、それを文章に綴られているだけのこと。なのに…心のなかを評価するようなアドバイスなんて、失礼だわ…と思います。
私には、ルミコさんの言葉、いつも心に染みてきます。ありがとうございます!

投稿: キキ | 2010年6月15日 (火) 23時12分

「諦めた」と「やり切ったけど出来なかった」は
やっぱり違う気がします。
(もちろんこれも人の価値観それぞれですが。)
そして、どんな選択も、その人だけの人生ですから
他人がとやかく言える問題ではないと思います。

それに、私の周囲には20代でも不妊の子はいます。
誠実な病院とは、勝手に人の価値観を想像して
「期限」を押し付けてくる病院ではなく、
個人の価値観に合わせた選択肢を全力でサポート
してくれる病院ではないでしょうか?
治療でお金や時間を失ったとしても、それが自分の
選択だったなら、不幸と言えるでしょうか?

「無理にフタをしないで」、旦那様とのこの先の
人生をルミコさんらしく歩いていくために、
毎日を大切に過ごされている様子に元気づけられたくて
このブログを読んでいる気がします。
(だって、他の方も書かれているように本当に幸せそう!)

私は今海外で妊婦をしていますが、遠い空の下、
ブログを読む度にルミコさんに妊娠菌を飛ばしています!
授かっても授からなくても、ルミコさんの人生が
充実した素敵なものであることは間違いないと
思いますが、お二人がせっかく望んでおられるのだから、
近い未来に赤ちゃんとの出会いが待っていますように…
心から応援しています!

投稿: ぷぷ | 2010年6月15日 (火) 23時33分

はじめまして。ブログ、読ませていただいてます。
今年40歳になりますが、繰り返し体外を続けている諦めの悪いりんすけです(笑)

採卵6回、移植11回していますが、治療の区切りを考えたことはありません・・・。
治療が楽しいなどと感じたことはありませんが、そんなにつらいと感じたこともありません。
「なぜできないのだろう」と思うことはありますが、治療が受けられるというこはそんなにつらいことではないと思っています。

治療をやめるのも、続けるのも潔さと勇気が必要だと思っています。
夫婦二人で生きていく覚悟も、子供を諦めなければいけないかもという思いもありますが、治療をやめるという選択肢は排卵のある限り、選ばないと思います。

治療を諦めて得るものが私には分からないので、続けているだけかもしれません。
日本のここにルミコさんと同じように感じている40歳がいることを伝えたくてコメントしてみました。

投稿: りんすけ | 2010年6月15日 (火) 23時38分

ルミコさんはじめまして。
いつもブログを読ませていただいてます。
コメントは初めてですが、長い間ずっとファンです。
いつも、いつも、元気をもらっています。
皆さん色んな意見があって当然ですが、ある意味攻撃的ともとれる例のながーいコメントに対し、ルミコさんの落ち着いた、気品さえ感じる記事に感動してしまいました。最後の3行、何度も読み返しました。なんて、素晴らしい対応なんだろう‥。
私なら、逆上して、「あんたにそんなこと言われたくないわよ!」って怒りマークまでつけて記事を書いてしまいそう!
ただでさえデリケートな話題に、勇気を持って思うままに綴り、でも顔も見えない人への気遣いも忘れずに記事を書く、ルミコさんの品性に心をうたれます。 陰ながら応援してます。
どうか、どうかルミコさんのところに赤ちゃんがやってきますように!

投稿: atuk | 2010年6月16日 (水) 00時06分

 キキさんがコメントでおっしゃっていたような同じことを、私自身ルミコさんへ送信後思っていたので、場違いかもと思いつつ改めてお詫びコメントさせて貰おうと思い、見たら大変なことになってしまって。
 ルミコさんを始めお立ち寄りになる沢山の方に不愉快な思いをさせてしまい、お詫びさせて頂きたくて、再度コメントをさせて貰いました。自分自身本当に長く何年も治療をしていたのに。
無神経でした。
 ルミコさんは勿論の事、皆さん本当に本当にすみませんでした。
 

投稿: トラ | 2010年6月16日 (水) 00時26分

ルミコさん、今私は自分がどうしたらいいのか頭がぐるぐる昨日からずっと回っていました。
が、「あふれ出す想い」を読ませていただき心が決まったような気がしています。
40歳。先日FSHとAMHの結果を目の当たりにし、治療を続けていく難しさを感じています。先生は、それでも続けたいのならそれなりの治療をします・・・と仰いました。

長いコメント・・・わかっているんだけどね┐(´-`)┌って思っちゃいましたよ。
そう、わかっているんだけどね。

ほんのり希望をもちながら、ゆっくりスロープを下るように・・・今の私の気持ちも同じかな。
D3。結局病院行っちゃいました~。なかなか思ったように卵を作ることが出来なくなってきてるみたいです。3回に1回くらいしか・・・
それでもちょっとやる気なんです( ^ω^ )

投稿: ai | 2010年6月16日 (水) 08時27分

トラさんは謝罪されていましたが、私はあなたのコメントで息苦しかったココロに風穴をあけてもらったような、そんな気持ちです。そうだった、やめてもいいんだな。いつやめてもいいんだな。と。そう思えば少し気持ちが楽になって、また前に進めそう。。そしていつも心配そうに見ている目の前の旦那を幸せにしてあげなくちゃ。とも思ったらまた泣けてきました。ルミコさんへのコメントじゃなくてすいません。

投稿: シロ | 2010年6月16日 (水) 09時53分

トラさんのコメント、攻撃的でもなんでもなく、ただ不妊治療を終えた方の、すっきりした気持ちを教えてくださっただけじゃないですか。
私も42歳で終えるつもりです。やるだけの事はやったんです。トラさんも皆様と同じように頑張って来たんです。火を消すなんて酷い言い方。火を消すのはトラさんでも誰でもない、年齢、加齢ですよ。それとも、ルミコさんはそれ以上の年齢でも続けるつもりですか?トラさんと同じく、やれる年齢までですよね?
あと少しで、トラさんのように思う時が来るのだから。それは悔いでも何でも無く、諦めのすがすがしさではないですか?
みんな頭では解っているはずです。
私は負け犬の遠吠えにはしたくありません。トラさんのようにすがすがしく生きて行きたいです。

投稿: きょうこ | 2010年6月16日 (水) 10時14分

ルミコさん、ご無沙汰しています
たくさんの方たちのコメントを読ませていただき、わたしのような治療中に離婚して、そのまま終了したモノまでコメントさせていただきますね~
人それぞれ精一杯生きていて価値観は多様ですし、治療にかけられる資源も個人差がかなり大きいと感じます。
そしてキキさんが書いたように、ルミコさんにアドバイスするようなコメントは必要ないと思います。
もしもルミコさんから何かを投げかけられたら、その時はうんと考えるかも知れませんが・・
そうは言っても親戚関係などと一緒で、良かれと思って?ちっとも良くないことを言ってくる人は法則として存在するのでしょうが
嬉しいことがあったら共に喜んだり、落ち込んだ時は応援したり、今まで通りのブログでいてくださいね。
いつも考えさせられながらも更新を楽しみにしております。
本日はどうもお邪魔いたしました

投稿: るりこ | 2010年6月16日 (水) 10時29分

ゆっぴさん>>私の書き方がわかりにくかったと思いますが、私が言いたかったのは、自分以外の誰かの希望の灯をあえて消そうとはしない、ということでした。100夫婦いたら100通り。それがすべてです。つらさも悲しみも自分の中でしか量れないものですもんね。ただ、区切りを決めていたとしても、その区切りが来なかった場合と、実際にその日が来てしまった場合では、心の動きはまったく異なるものだと思います。なので、私なりにトラさんの言葉は深く受け止めています。
皆さんのコメントはゆっぴさんに向けられたものではないと私は思いますので、どうかお気になさらずに。

ゆーこさん>>私も、妊娠は相性と体質だと思っているので、努力でなんとかなるとも思えず、自暴自棄になったりもします。でも、たとえサプリを飲むことだけだとしても、治療をしていることで希望に向かっているように思えて心が落ち着くということもあると思います。自分なりの形で、希望をつなぐって精神的には悪いことじゃないと思いますよ〜。

marumeさん>>はじめまして。そうですね、逆に人に言われて治療を終了できるぐらいなら、こんなしんどいこと自らやろうと思わないですよね。みんなそれぞれ、どこかで考えていることだと思います。始まりがあれば終わりはあるのですから。良い形で終われるように、それぞれの許容範囲の中で今現在頑張ってるんでしょうね。

ユウユウさん>>小学校の同級生夫婦だなんてステキ! まさに人生のパートナーですね。子供がいても離れてしまう夫婦はたくさん居ますが、特別な縁に感謝しながら老後は親友として過ごすのも……悪くないかなと私は思ってますよ。

さるるさん>>ヘルシオに穴ってどうやってあくんですか いつも明るく元気なさるるさんのコメントに癒されます 新しいクリニック、ちょっと新鮮ですよね。私は今週末移転前最後の受診かな?

きたこさん>>AIHもやり始めたらやり始めたで、何回までって決めるのが悩ましく、治療のステージというよりは、実際に自分の思っていた終了地点に来る前と来たあとでは真逆という感じがします。3回までで諦めようと思って挑む採卵でも、1回目と、3回目では全然気持ちは違うというか。
体外に進んだばかりの私でも、1回目と、2回陰性が出たあとではモチベーションが違うんだなということがわかりました。

はりねずみさん>>ほわっと暖かくなるコメントありがとうございます。11年越しの1歩ですもんね、すごく大きくて意味のある1歩だと思います。IVFになると、どうしても女側の負担が大きくなりますが、AIHは5分に近いので夫婦共同で挑むことっていう実感もあると思います。
苦労して夫婦になったら、そうかこういう未来が待ってたのかあと客観的に思うこのごろです。

旦那の顔が怖いさん>>そうですね、むしろ日々区切りを考えているとも言えるかもしれないです。そして少しずつその区切りを更新していっているような。きっと皆さんそうやって少しずつ前に前に進もうとして頑張ってるんだな〜って思います。自分のキャパも広くなってみたり、やっぱり急に狭まったり、スパっと決められることじゃないのが現実でしょうね。

キキさん>>私の気持ちを察してくださってありがとうございます。ブログも長丁場になり、定期的にこういうことになるのですが、今も昔も私は私の気持ちをただ吐き出すためだけに書いています。でも、きっと痛々しくて見てられないのかもしれませんね(笑)。たまにアドバイスを求めるときもあるかもしれないので、そのときはよろしくお願いします、と言っておかなければ!

ぶぶさん>>遠い空の下で、私には察することができないご苦労もあることでしょう。例え察することができても、自分の人生は自分で歩くしかないのですよね。できればそれも楽しみながら。私も病院に求めるものは、私の選択に寄り添って全力でサポートしてくれる技術です。今はその点では恵まれていて、年齢や治療歴だけじゃなくて、私自身をちゃんと診察して貰っていると思えます。それが功を奏してくれる日をまだあと少し願いたいと想っています。

りんすけさん>>私も、治療を諦めて得るものにそれほど魅力を感じていないかもしれません。でも、しんどいから逃げたい、諦めたらどうなるんだろう?っていう興味みたいなものがあったり。それにしても、採卵6回で移植11回ということは、毎回平均して2回くらいは移植できるっていうことですよね!諦めが悪いなんて思いませんよ〜。

atukさん>>はじめまして。そんなふうに読んでいただいて、なんだか恐縮してしまいます。私自身は諦めるということについて散々考えてきたので、今更反論したいということではなくて、きっと同年代の皆さんが複雑な思いで読まれたんじゃないかと思って私の考えを綴ってみました。結果として、トラさんに申し訳ないことをしてしまったかもしれないので、今からお詫びしなければ……↓

トラさん>>のぞいていただいてありがとうございます。このブログではあまり伺うことができない体験談を綴っていただいたのに、結果として矢面に立つような形になってしまい申し訳ありませんでした。トラさんが、潔く向こう側に渡られたときの心情、それまでの治療にかける思いなど、サバサバした文面からも感じ取ることができました。今、とても晴れやかな気持ちで過ごしていらっしゃるということ、本当に良かったと思います。
私もそういう日が来たときには今よりずっとスッキリとした気持ちになれるといいなあと思ってます。

aiさん>>私もAMHの結果に打ちのめされたひとりなので、お気持ちは近いところがあるかもしれません。諦めた先のことをイメージしないことはないけれど、開き直ってやる気がでちゃうってこともまたあるわけで、私も過度な期待はせず、できる範囲のそれなりの治療を続けていけたらなって思ってます。


投稿: ルミコ | 2010年6月16日 (水) 10時55分

スミマセン、お返事書いている間にコメントいただいたようで、2分割になってしまいました。

シロさん>>私がレスするのも変なのかもしれませんが(?)、諦めたって不幸じゃないし、むしろすがすがしい気持ちというお話は、なかなか当事者から聞けるものではありませんよね。そう思うと前に進めるというのもよくわかります。私も夫の願いをどうにかして叶えてあげたいという気持ちで日々揺れますが、まず自分が元気じゃないといけないですね!

きょうこさん>>負け犬の遠吠えってどういう状態のことをおっしゃっているのか判りかねますが、暦の年齢で自分に区切りをつけるのもひとつ。誰が何歳まで続けようと、それは私が立ち入ることではないと思っていますし、否定も肯定もするつもりはありません。私は暦年齢で区切りをつける予定はありませんが、42歳って、42歳0ヶ月なのか11ヶ月なのかでも随分違うな〜と単純に思ったりも。

るりこさん>>お久しぶりです!あれからホントに離婚しちゃったんですね…。こうやってお返事をしていても思うのですが、私のブログって基本的に一方通行で完結というか、コミュニケーションや情報提供を目的にしてないみたいなんです。頑固モノなので、自分で考えたいし自分で決めたい。人に言われて変われるほどの若さもなく(笑)やっかいですね 定期的にこういう展開になってしまうのですが、その都度こうして自分を確認しているのかもしれません。どうぞまた遊びにいらしてくださいね。コメントありがとうございます。

投稿: ルミコ | 2010年6月16日 (水) 12時01分

ルミコさん、いつもブログ読ませていただいています。
途中小休止しつつ原因不明不妊歴6年、もうすぐ40歳です。
2年前に仕事を辞めて治療に専念し、昨年初めて妊娠しましたが稽留流産。
その後はまだ妊娠にいたらず、もう諦めた方がいいのか。。。と気分が落ち込んでいる時にルミコさんのブログに出会いました。
まさに私の気持ちを代弁してくれているかのようなルミコさんのブログにいつも勇気づけられています。
前回の周期は、全く同じで一緒にいい結果でるといいなと思いながらブログ読ませて頂いていました(私の方があっさり早くリセットしてしまいましたが。。。)
また仕事始めようかな。。。と思ってるのも同じ時期で、ほんとルミコさんのブログじゃないですが、以心伝心!?なんて思って勝手にルミコさんに親近感覚えています。

あきらめたら妊娠したってよく聞くし、諦めようかなって思ったりしますが、これって諦めきれていないんですよね(笑)
私もこういう気持ちがある限り、治療続けるつもりです。
批判的なコメントも寄せられてしまっていて心配になり、初めてコメントさせていただきました。
こんな風に日々ルミコさんのブログから元気をもらっている同年代の女性たくさんいると思います。
これからもルミコさんのブログを読める事を楽しみにしています。


投稿: はるる | 2010年6月16日 (水) 15時20分

他の方も書かれていますが、
不妊治療をやめる時期は人それぞれだと思いますし、
それを他人がどうこう言う事ではないと思います。
トラさんは、多分ご自分の経験等から、ご自分の
意見を述べられたのだと思うのですが、
きょうこさんのように、○才過ぎても続けるのか?
とか、そんなに決めつけなくても・・とか
思います。 それは、ルミコさん自身で考えられれば
良い事ですしね。それに、42歳以上でも、治療されて
妊娠されてる方もいますしね。NYで48歳で
出産された方もいますし、人それぞれ、納得いくまで
すればよいと思います。ただ、ルミコさんが
毎回追いつめられるような気分になってると
したら心配です。 長くなりすみません。

投稿: あずき | 2010年6月16日 (水) 15時32分

トラさんに宛ててではありません。
ただ、昔から読ませていただいてますがたま~に「治療やめろ、諦めろ」と書いてくる人いますよねw
不思議でたまりません。
常に悩みながらも前進している人にヘーキで「やめろ」と書いてくる神経が。
加齢がどーしたとか、今更いわれなくても本人が全部わかってる。
子供が可哀相とか、自分が子供でもないくせになんでわかったかのように書いてくるのか。
私の友達でも両親が年配なコがいますが、それが嫌だとかきーたことないw
治療をやめる時期なんて、ズッとブログを読んでれば人それぞれ事情で決断する事だとわかる。
自分はこうでしたよと話すのは筋ですが、だからあなたもこうしなさいと自分の考えを
他人に押し付ける行為はやめてほしいと思います。
てかこーゆーのってふつーマナーだと思います。

投稿: mai | 2010年6月16日 (水) 17時07分

私はマナー違反だとは思いません。トラさんの文章、何度も読み返しましたが、何処がそんなに問題なのか判りません。トラさんは自分の意見を押し付けたりはされてないと思いますよ。私も、不妊治療中の身ですが、年齢の問題等、現実はあまりに厳しいです。そこであのトラさんの文章は身につまされるものが確かにあります。でも、だからといって不愉快な気持ちにはなりませんでした。誰かも書いておられましたが、少し肩の荷がおりたような気さえしました。

投稿: モカ | 2010年6月16日 (水) 17時34分

ルミコさん
凄い炎上してますね〜
ヘルシオはオーブンで利用する付属品で
レンジすると穴が空きます
今、排卵止める薬飲んでますが、
副作用がほとんど無くなりました
体が病院仕様になってきたのかな〜
私もルミコさんのブログで癒されたり
ホロリとしたりしていますよ

投稿: さるる | 2010年6月16日 (水) 18時35分

私もトラさまの意見がマナー違反とか失礼だとは感じませんけど・・・。
治療だけでなく、「注射1本○○円」など治療費についてもよくこぼされていますよね。結果が出なかったときに「あ~これで今回は○○円無駄にした」と毎回考えるのってキツくないですか。
強がってはいるけれどもういっぱいいっぱいなんじゃ・・・?と心配されて書き込まれたのではないでしょうか。

でも、刺激方法を変えたらまだまだ可能性はあるのでは、と個人的には思います。私自身(33歳です)、男性不妊で高度治療を受けましたが、一度目のロング法では数も少なく移植もうまくいきませんでした。二度目のショート法では10個採卵のうち5個胚盤胞になり、移植も成功しました。

自分自身が納得できるように治療が続けられたら良いですね。

投稿: みーこ | 2010年6月16日 (水) 19時06分

私も、いくつになっても、40越えても、50越えても、納得のいく治療を続けていきたいと思います。
インドで、66才の女性が初産で3つ子を産んだそうです。
とても励まされました。

投稿: ぱるる | 2010年6月16日 (水) 19時34分

もしかして誤解されてるかなと思い書きますが。
最初に「トラさんに宛ててではありません」とちゃんと書いてあります、念の為。
私が言ってるのはあくまで攻撃的強制的にやめろ!と書いてくる人宛てです。

投稿: mai | 2010年6月16日 (水) 19時50分

ご無沙汰しています。
久々に書き込みしますが、ルミコさん、いい記事書きましたね

トラさんはじめ、皆さんのコメントを読んでいると、不妊という問題に関して、色々な考え方・価値観があるんだなぁって改めて思いました。
この記事によって、それぞれの想いを出し合って、その結果色々自分なりに感じ取って、自分の人生に反映していく…そういう場になっている気がします

私は、ルミコさんが考えていらっしゃる通り、本当に色々な考え方の方がいていいんだと思うんです。
だけど、自分の周りを見渡すと、自分の考えを支持してくれる人ばかりで、やはり狭い世界でしか物事をとらえていなかった気がします。。。(反省)

だから今回の記事で、色々なご意見を伺う機会が出来て良かったです。
いろーんな意見、参考になりました。
ありがとうございました

投稿: ゆうき。 | 2010年6月16日 (水) 20時51分

はじめまして、こんにちは。
私は晩婚の47才ですが、タイミングだけで奇跡的に無事に妊娠、出産することが出来ました♪
隣に、可愛い寝息を立てて寝ている我が子(3ヵ月)を見ると、
子供を産んで良かったな、と心から思います。
今は、子供の育児を通じて、自分も成長している感じです。

ルミ子さんも、いつか母親になる喜びを、私のように味わう事ができるよう、応援してます。

投稿: サマンサ・田端 | 2010年6月16日 (水) 20時57分

はるるさん>>たぶん、私が書いていることは、特に変わったことではなくて、誰もが思うことの一部なのかもしれません。治療の段階や内容や進み具合も人それぞれで、何歳だからというくくりは難しいことではありますが、同世代として同じような場面で悩むのかもしれませんね。
不妊治療も夫婦の子供を望むことも、本当にプライベートなことなので、批判のしようもないことだと私は思っているので、私はこれからもマイペースで自分自身のことを書いていくだけだと思います。

あずきさん>>ご心配いただきありがとうございます。みんないっぱいいっぱいで真剣なので、つい熱くなっちゃうだけだと思います。私自身は、他人の意見に耳を塞ぐでもなく、影響されるでもなく、常にニュートラルでいられたらいいなと思っています。正解もなければ、自分とまったく同じ症例もないことに挑んでいるんですから、いろんな意見や進む道があって当然ですもんね。

maiさん>>私のブログは意見交換を主としていないつもりなのですが、確かにコメント欄が掲示板のようなやりとりに発展することも多々ありますし、一言コメントも現在進行形で頻繁にいただきます……。でも、家族のことってすごーく個人的なことで、ましてやどこの誰かもわからない私のような人の家族計画について、なんか考えて貰っていると思うと、逆に申し訳ない気持ちにもなったりしますね〜。一生会うこともないない私のことを考えて書き込むために時間とパケット代を使って貰ってるかと思うと。いや、ホントに。

モカさん>>私もマナー違反だとは思いませんよ。私が考えるマナー違反は、相手を不愉快にさせることなので、私を不愉快にさせる目的で書かれたものではないことは充分に理解していますし、ご本人宛てへのレスに書いたことは本心です。ただ、40代で不妊治療に悩む人たちが意見を求めている掲示板のようなところに書き込んでいただけたら、もっとしっくり来たんじゃないかなあと思います。やはり、「治療をやめて諦める」というのは、本当に最後の最後、子供を心から望んでいる夫婦にとってはとても重たい決断だと思います。不妊治療自体、他人が立ち入る話ではないと思いますが、その中でももっともナイーブな場所だと私は思います。私自身は平気ですが、その一言で崩れ落ちるようなところに立っている人もいるんじゃないかと思ったんです。

さるるさん>>はは 自動の消火マシンが優れているようです。「ルミコ」はネット上で何を言われても全く平気なキャラクターなのでご心配なく!さるるさんも排卵止め期間なんですね〜。いつから治療再開なのか気になりますよね。私も週末聞いてこなきゃ。

みーこさん>>ここは、そういう場所なので、これからも注射が高いとか痛いとか書くと思うので、また同じようなことがあるかもしれませんね〜。なんだかんだで、時間だけが過ぎて、まだIVFも1回しかできてないんで、しかも卵巣の状態を考えたら上出来の内容ではあったんで、今やめたら先生もビックリだろうなって思います。
でも10コ採卵、5コ胚盤胞は夢のようなお話なので私は無理だろうな〜〜。

ぱるるさん>>治療がすべてというわけでもないですし、子供が欲しいという気持ちが自然に消えないうちは、無理に消さなくてもいいかなって私は思っています。夫の希望の灯を私の一存で消すわけにもいかないなって思うので。

ゆうき。さん>>お久しぶりです。そうですね、おっしゃるとおり、いただいたコメントをキッカケに、私個人の思うところをひとつの意見として綴ってみた記事でした。誰かに何かを言われたとしても、その人が人生を変わってくれるわけでもないし、そばにいてくれるわけでもなくて、みんな自分で受け止めて自分で決めていくしかないんだなーって思います。
閉鎖的な世界で、正解もない。そんなことをあらためて思いました。

サマンサ・田端さん>>わー、ホントですか!すごいですね! きっと卵巣がとってもお若くて健康でいらしたんでしょう(素直に感動です)。これからの子育ての時間も喜びでいっぱいでありますように。

コメント欄での議論は本意ではないので、この記事に関してはこれで終了とさせてください。
たくさんのコメントいただきましてありがとうございました。

投稿: ルミコ | 2010年6月16日 (水) 21時25分

お久しぶりです。(とは言うもののいつも読ませていただいております)
私の場合、経済的理由で強制的(゚ー゚;に治療が続けられず・・・自力(?)でまだとりあえず「がんばっている」状態です。
もう本当に神頼み的です。治療再開してどんな状態なのか知りたい・・・。
そうそう・・・インドでは66歳の女性が結婚生活44年間のうちいろいろ不妊治療をやった末に体外受精で三つ子を授かったみたいですね。
ホントにすごい女性です。ちょっとその幸運を授かりたいものです、、、と思っちゃいました。

投稿: のら猫 | 2010年6月16日 (水) 21時49分

はじめまして。
同年代です。
みなさんも仰ってますが、ホントに知性があって上品で…
素敵な方だと素直に思いました。

投稿: のむち | 2010年6月16日 (水) 23時20分

不妊治療って、あきらめ時ってあると思います。40越えてダラダラやっても結果はでない事の方が多い。
私も長い間不妊でしたが、40才を境にきっぱり治療を止めました。
今は夫と二人の生活ですが、楽しいですよ。

投稿: やっぱり | 2010年6月17日 (木) 10時32分

ルミコさんの記事や皆さんのコメントを読んでいて、本当に心が痛みます。私もかつて同じ気持ちを持っていました。

今は、不妊治療を辞め 新しい人生を切り開こうと、語学を勉強し、再就職に励んでおります。

私も40手前から不妊治療をし、5年間頑張りました。42歳位からホルモン値が悪くなり、諦められないまま、病院も3つ転院し、気持ちを少し残したまま 現在に至ります。

治療を辞めたものの、まだまだ気持ちが諦めたとスッパリいかないので、やはりルミコさんのブログをたまに訪れたりします。

不妊は努力イコール成果にならないし、年齢による条件の悪化がありますので、続ける事はかなり大変です。しかし、自分で納得する治療方法、時間をかけてやるしかないと思います。個人差がありますから、XX歳で産んだとかXXでできたとかXXで辞めたとかはいらないと思います。

私が治療を辞めたのは有名クリニックの先生の発言でキレちゃった・・・というのがきっかけでした。今までの長い不妊治療に我慢できなくなってきていたのでしょうね。

治療は自分で納得し、自分で決めるのですから・・・全ての人が違います。

でも、自分の経験から ものすごくストレスがあり、辛いものだと言うのもすごくわかります。

私にとっても、不妊は人生初めての挫折でした。今でも心の傷を持っています。でも、そうゆう人間の心の痛みもわかる人になったかな・・・と自分で少し成長したような気がします。

ルミコさんは旦那様ととても仲がいいし、それで赤ちゃんが産まれたら、ハッピーですが そうでなくても魅力的で友人も沢山おられ、仕事もある貴方なのですから、きっときっと良い人生が送られると思います。

ご自分を信じて、周りのコメントは気になさらず 真っすぐに進んで下さい。気持ちを少し違う方に向けると辛さも減り、いい結果が出たりするかもしれません・・・

投稿: ほーさか | 2010年6月19日 (土) 17時48分

43歳で治療を始め、体外受精で3年がんばりました。
陽性判定は4回でましたが、化学流産2回に繋留流産2回です。
40代の流産率は高いといいますが、やはりこの年になると、妊娠するのも大変だけど、その命を育んでいくのも大変なんだと身を持って実感しています。

周りからは「いい年して」とか「もう無理でしょ」とも言われたことがありますが、不妊治療に費やした3年の月日と数百万のお金は、私が夫婦2人の生活を受け入れるためにはとても重要だったんだと思います。
やるだけやった、これだけがんばったんだ・・と今は治療に未練もないですし、2人の生活もあれこれ考えられるようになりました。

治療を続ける辞めるは、人の意見は関係なく、自分の気持ちに正直であればいいと思います。
そうでなければ、きっと後で後悔しますよ。

投稿: くるる | 2010年6月21日 (月) 10時02分

はじめまして。
 はじめて読ませていただいて とても共感するところが多かったです。 読んでて 涙が出ましたが 元気も頂きました。
私も 現在42歳。 39歳から不妊治療をはじめました。
また お邪魔させていただきます。

投稿: (*´∇`*) | 2010年6月24日 (木) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関白宣言。 | トップページ | 流れに流れて。 »