« 再スタートの日。 | トップページ | 完全自然採卵VS誘発。 »

自然な日常。

D9、36,47。
週末、夫とワンコと1泊旅行に行ってきまして、のびのびリフレッシュ。
ペット可の部屋が用意されている宿だったので、夫婦+ワンコという組み合わせの大人のお客さんが多くて、子供が巣立ったあと、夫婦とペットでのんびり旅行っていう感じなのかな。

私と夫には、いろんな旅の思い出があるけれど、よくよく振り返ってみると、30代前半くらいまで(要するに結婚前まで)、友達と大人数の旅っていうのが多くて、あるときは激安宿で雑魚寝で近くの体育館を貸し切ってバレーボール大会やってみたり、古墳探検に繰り出したり、友達の実家に何日もお世話になったり……、大人の修学旅行状態が長かった。
だから、付き合い自体は長いのに、2人でまったり観光地に出かけるっていうのは、実はあまりなかったみたい。結婚してからは、長めの休みは私の実家に帰省だったり、特に我が家は結婚1年目のある日突然、人間の赤ちゃんではなくワンコの赤ちゃんが家族になったので、海外旅行もナシ。
旅行先では、たくさんの家族連れを見かけたけれど、ミニマムならではの気楽さっていうのもあるもので、「ここにもし人間の小さい子供がいたら、テラス席でランチなんてキビシイだろうな……(ワンコ連れは外の席限定が多い)」とか、帰りの車中で、疲れ果てたワンコが私の腕の中でスピーと寝息を立てているのを見ていて、「もし人間の赤ちゃんがいたら、こういうときワンコはどこで寝てるのかなあ〜」とか「2キロのワンコでさえ寝ると重い!って感じるのに、人間の赤ちゃんってすぐ10キロくらいになるのよね?」とか思っちゃう
要するに、2人と一匹ならではの楽しさっていうのも満喫できたというわけですが 今ここにないものを嘆いてても別に何が起こるわけじゃなし。
心の端々では、ここにもし子供が加わったらってことを考えるのだけど、やっぱりどこかぼんやりしていて、リアリティが持てないものなんだなあ。そういう時が来たら、自然とそれが日常になっていくんだろうね。

同じように、結局子供が授からなかった未来っていうのも、自然とそれが日常になっていって、時々チクチクっと胸が痛んだりもするだろうけど、なんとなく不幸でもない毎日が続いていくだけなのかもね。

久しぶりの通院直後だったのに、旅行中は自然と一切治療の話は出てこなくて、長い時間一緒に居たのに特にこれからのプランについて話すこともなく、何も決まらぬまま週末は終わった  

↓不妊治療って、ヘヴィーなときはそれだけに身も心も振り回されるけど、何もしてない時ってこんなもんだったりするのもまたひとつ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

ママになりたい。タンポポ茶とイソラコンなら
ながいきや本舗です。
↑着床をサポートするという大豆イソフラボンの「イソラコン」と「腹巻き!」のセットが画期的! タンポポ茶も気になります。お試しセットもあります。

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑妊娠前から飲んでおく定番サプリの葉酸。注文してから袋詰めして発送してくれる新鮮さがウリです。メール便発送もありがたいですね。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

 

↑このキャッチコピーにグッときてしまいました…。私とあなたの未来にもうひとつのシアワセかあ。無料お試しサンプルが貰えます!試してみましょう〜

|

« 再スタートの日。 | トップページ | 完全自然採卵VS誘発。 »

IVFお休み周期」カテゴリの記事

コメント

治療してると気持ちの波ってありますよね。気楽に過ごせる時期、治療のことばかり考える時期。それが普通だと思います☆
土曜日、無事移植してきましたよ(^-^)
希望のアシストハッチングもできました。あとはなるようになれって感じです。

投稿: リオ | 2010年7月12日 (月) 12時31分

偶然にも私たち夫婦も週末旅行に出かけていました。
ワイナリー覗いたり、ウィスキー試飲したり、妊娠したらきっとできないだろうことや、小さい子どもがいたらできないオープンテラスでの豪華ランチなど。。。楽しんできましたよ
新しいクリニックでは「こんなにAIHやってもIVFやっても出来ないのは卵の質の問題だから、さっさと胚盤胞での移植をしたら?」と一蹴にされました
わかってても少ない可能性にかけたのにね。
旦那と相談して、また別クリニック探しです。
早く授かりたいけど、いろいろ金銭的な相談も必要なのに、新しいクリニックはそういうの考えてくれなかったのは、ちょっと寂しかったですね
子宝温泉につかった後、旦那に「効果のほどはわからないのに、いつも付き合ってくれてありがとう」と感謝するのが精一杯でした
でもそれが不幸かというと、そうでもないんですよね

投稿: あぃ | 2010年7月12日 (月) 14時23分

リオさん>>まだしばらく座薬ライフが続くと思いますが、頑張って!! 移植なんて遠い昔のことのような私ですが、私もジリジリと進んでみようと思ってます。

あぃさん>>せっかくの夫婦2人の時間も楽しまないと損ですよね 新しいクリニック、それどこですか 卵の質の問題だったら胚盤胞にならないってことはないのかしら? え〜、なんかあぃさんにはもっとたくさんの可能性があると思うんだけどな。誘発法とかいろいろ試せるような気もするし……。良いクリニックに出会えるといいですね!ホントに。

投稿: ルミコ | 2010年7月13日 (火) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再スタートの日。 | トップページ | 完全自然採卵VS誘発。 »