« 目の前にないもの。目の前にあるもの。 | トップページ | 「終わり」について。 »

不妊のルミちゃん。

高温期21日目でリセットして、早くもD6。
座薬のパワーは結構続く、ということをここに記しておく
判定からいつの間にか1週間以上が過ぎて、もうすっかりいつもの日常に戻った。
判定待ちのゴールデンウイークから、判定直後の先週末まで2週間半くらいまったく仕事の呼び出しがなかったのだけど、今週からまた何気なく声がかかり忙しくなった。まるで、私のタイミングをそっと見計らってくれてたみたいな。

天気が良かった週末は、親しい友達がワイワイ集まって、庭先バーベキューで飲んで食べて笑って、ブルーな気持ちを引きずるヒマもなかった。こんな感じで、私たち夫婦の日常は大きな変化を迎えることなくなんとなく続いていくのかな、特にしんどいことなんて何もないや、と宴のあと思った。不妊治療の非日常感、夫婦2人だけで向き合わなきゃいけない孤独感から「陰性」の一言で強制的に引き離されると、反動でものすごい開放感に包まれる

話は変わって、NHKの「マドンナ・ヴェルデ」とTBSの「生まれる。」、どっちも一応見てます。
せっかく不妊治療の渦中にいるので、見とこうかなと。
「マドンナ〜」のほうは、産婦人科医の娘が、自分の母親に代理出産をして貰おうっていう、ものすごーいピンポイントで特殊なパターンなので、私自身が向き合っている不妊治療とは別世界だと思って見てるのだけど、「生まれる。」のほうは、さすが民放だけあって、微妙に現実の人物像を匂わせる設定。51歳で自然妊娠する母親が主人公なんだけど、51歳っていう年齢設定や、途中で出てきた卵子提供で子どもを身ごもった下着メーカーの社長だとか、あっちこっち設定を入れ替えてはいるものの、ん? と思わせる人物が登場する。
さらに、40歳で不妊治療中の女性の名前がルミちゃん(笑)。私? と思うほど自意識過剰じゃないけど、私が感情移入する場所はココなのか? そうなのか? 
第一話でルミちゃんは、「今回は卵もとれて受精もして、胚盤胞移植までいったんだけど妊娠反応が出なくて。先生には年齢もあって卵の力がないからだ。そろそろ子どもを諦めるのも考えたらどうかって言われて……」と、パン屋のカウンターで話します。
今となっては私と一緒だし しかし、ドラマのセリフで「胚盤胞移植」とかそういう言葉が出てくるなんてビックリ。フツーに見てる人には、漢字変換できないことでしょう。
ドラマのルミちゃんは、5年間治療していて300万以上使ったと言ってるので、ジワジワよそ見しながら進む私とはリンクしないんだけど、思わずパン屋のカウンターで胚盤胞が……とか言っちゃいたくなる気持ちはわかる(笑)。
現実世界はそんなにラフじゃないけれど、治療も長くなると自分の中で特別なことでもなくなってきて、徐々にオープンになってきてしまう。考え方も変わってくるんだよね。
うちは、わざわざ不妊治療の詳細を友達や親に話そうとは思わないけれど、それは、恥ずかしいことだからじゃなくて、心配かけたくないからで。だって、他人にはどうにもできないことだもの、変な気を遣わせたり、大変そうだから遊びにも誘われなくなったらイヤだし 慰めの言葉とかも欲してないもの。
最初のころは、婦人科の診察自体が特別なことに思えて誰にも話せなかったし何もなくてもブルーだったけど、あるとき夫が言った。
「別に、何も悪いことしてるわけじゃないんだから、堂々としていればいいよ。不妊治療してますが、何か? って。夫婦の子どもが欲しいって思うことは恥ずかしいことじゃないでしょ。俺は別に誰にどう思われても関係ないし」

そう、夫婦の子どもが欲しいと願うこと。一生懸命働いて稼いだお金を、そのために使ってくれること。何も悪くないし、恥ずかしくもない。治療していること、治療してみたけど授からないことは、私と夫のコンプレックスでもなく、ただの事実で。それをあざ笑うような希薄な人間関係ならいらない。
不妊治療自体が、ドラマで正しく取り上げられたり、いろんな夫婦の形があることがやんわりと伝わるのは悪いことじゃないと私は思う。
今後、夫婦2人の生活になったとしても、今こうやって頑張ったことは2人の歴史のひとつとして大事にしていきたい。今はそのためにこうやって書いてるのかもしれない。

↓みんなで言おう。不妊治療してますが、何か?

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 

ママになりたい。タンポポ茶とイソラコンなら
ながいきや本舗です。
↑着床をサポートするという大豆イソフラボンの「イソラコン」と「腹巻き!」のセットが画期的! タンポポ茶も気になります。お試しセットもあります。


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 目の前にないもの。目の前にあるもの。 | トップページ | 「終わり」について。 »

IVFお休み周期」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。引き続きログ頑張って拝見中です♪

私もドラマ見てます♪
そして昨日から読売新聞の医療ルネッサンスは「高齢妊娠・出産」についてになってます。
不妊症だけでなく「高齢」に焦点当てられててありがたいやらなんやら( ´艸`)プププ

何にせよ生殖医療で授かる事が自然妊娠と変わりなく興味本位の目で見られたりクローズアップされなくなったらいいなぁって思います。

そして私は「グッドライフ」と「名前をなくした女神」も見てます。
どっちも子役の「パパ大好き」や「ママ大好きです」ってセリフがあって、旦那と「う・ら・や・ま・しぃーーーーー」と悶えております(笑)
もう治療も最終コーナー回っちゃってるんですけどね!
長々スミマセン。私もルミコさんのように毎日毎日を大事にしなきゃ!って思いました。

投稿: シロネコ | 2011年5月19日 (木) 00時28分

シロネコさん、こんにちは!
お返事遅くなっちゃいました!1週間過ぎましたが、制覇できましたか〜
私は、小さい子どもが出てくるドラマより、ファブリーズのCMを見て羨ましい〜と悶えます(笑)。絶対実現できないので、いいとこだけの妄想です(成長済みの男子仲良し3兄弟)。

投稿: ルミコ | 2011年5月27日 (金) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目の前にないもの。目の前にあるもの。 | トップページ | 「終わり」について。 »