« 白い弾丸の謎。 | トップページ | なんでもない毎日の中で。 »

節目カウンセリング。

陰性後の残念カウンセリングをひとまず治療の節目にしようと思っていた。
特に何を話したいわけではなかったけれど、穏やかに無になる時間が私には必要なのかもしれない。

2度目のカウンセリングは、主に残った1つの受精卵についてで、成長具合を記すカルテのデータを見ながら、受精2日目、3日目、4日目、5日目……明らかに兄弟卵2つに遅れを取りながらも6日目には凍結に至った経過を改めて辿った。
同時に、私のこれまでの治療も客観的に振り返る。

オーソドックスな検査とタイミング法からスタートした治療ライフは、今日の日まで3年と5ヶ月。
41歳の誕生日が、IVFのスタートだった。
結局のところ、誘発を経て採卵に至ったのは2回。
できた卵は合計7個→成熟卵7個→IVF受精7個→胚盤胞凍結5個。
移植4回→陰性4回。

完全自然周期での採卵は3回。
1回は受精後分割停止にて終了。2回は空胞。あとはE2が上がらず採卵自体が中止になったり、排卵済みでAIHに切り替えになったりのウダウダだった。

卵巣機能が低いことを踏まえてのIVFスタートだったから、採卵中止になることが多かったのは先生的には想定内だったと思うけれど、胚盤胞凍結をマックス治療とすると、かなりの好成績です、と、カウンセラーの先生も言った。
けれど、何も手にしていない。
マックス治療までたどり着けるということは、それでも何も手にできないということは、もうそれをひたすら繰り返すしか術はなく、1回50万以上の治療をずっと? 急げ急げとずっと繰り返す? 大した計画性もなく、ぼんやりとした未来地図で始めた治療。強く強く望んだときも確かにあったはずなのに、ただ繰り返す何も手にできない結果を消化することに精一杯で、急げ急げと強烈に吹いてくる追い風のスピードについていけなくなったのかな。
ふと気づけば満身創痍。
年齢が年齢なので、傷も治りにくいわけです 筋肉痛もしばらくしてから襲ってくるんだよ、きっと。
100%の確率で胚盤胞になった最高の結果があっても、その前のウダウダしていたときの傷が今も痛んでぶり返してくるような。これまでの治りかけの痛みが季節の変わり目にジクジクとするのです。

とりとめのないカウンセラーの先生との時間を過ごし、私と先生は何度も笑って、「何が起こるのかわからないのが生殖医療」という一言に心から納得し、やっぱり笑ってクリニックを後にした。かすかな希望でもつなごうとしてくれる先生。今はまだ生きている私たちの最後の卵、迎えに来たいと思える日まで、しばらくよろしくお願いします。

↓満身創痍でもお腹は空くし笑えるし。それが日常だから。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 白い弾丸の謎。 | トップページ | なんでもない毎日の中で。 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

ルミコさん、こんにちわ。
今日の記事、”胚盤胞凍結をマックス治療とすると、かなりの好成績です、と、カウンセラーの先生も言った。”というの、ぐっと来ました。
私も好成績で胚盤胞が出来て移植がすんなり出来たとしても、結局何も手の中に残らず、1回の治療で60万(近くかかる)かけてそれをひたすら繰り返す事へもう進めなくて。
次の移植周期を素直な気持ちで受け入れる事ができないでいる、というのが本音なのです。
こんなネガティブではあかんですね・・・。
すみません。
いつか、希望を。

投稿: ももぴろ | 2011年7月26日 (火) 15時30分

ルミコさん♪

ご無沙汰しております。
ず~っとブログ見ていましたが、なんて言葉を書いていいか悩んでました。
だって、長い治療の結果、なにも得ていないのですからね・・・
移植を4回もしてダメなのですから、これからまたがんばろうね☆なんて年齢を考えても言えません。
でも、あと1つある卵ちゃんをお迎えできる時がくることをお祈りしていますね☆
そして、弾丸の謎・・・私も出血あるのですよ。癌がくる可能性も高くなってきた年齢なので、健診受けてみようかな。と思ってます。
私の方の治療は、人工授精にすることに決めました。40歳になり、もう採卵からやっていく時間がないなと思い始めたからです。
だって、胚盤砲までいった移植をしても妊娠できないのだから、やるだけやったかな。と思い始めた私でした。
またコメント書きたいので、ブログアップよろしくお願いします。

投稿: わんまる | 2011年7月26日 (火) 16時39分

ルミコさん、こんにちは
仕事が忙しく1か月以上ぶりにお邪魔しました。
6月の終わりくらいに、
ブログ上で妊娠報告をされている夢を見ました。
移植されるということが頭の隅にあったのでしょうね。
結果、私の夢が正夢にならなかったのが残念です。
私も忙しい仕事の最中、時に今後のことが頭をかすめました。
あと2回採卵をしてやめるつもりですが、結果はほぼ期待できません。
でも自分を納得させ、前に進むためのステップだと思っています(結果が伴うと最高ですが)。
素敵なお友達も多く、充実した日々を送られていらっしゃるので私も治療をやめた時、そんな生活ができるようになりたいです。
意味もなく長くなってしまいましたが、これからもブログ楽しみにしています。

投稿: チャム | 2011年7月27日 (水) 11時11分

ルミコさん、こんちには。蒸し暑かったり涼しかったりしますが、その後いかがお過ごしでしょうか。

私も今回顕微授精・SEET法・凍結胚盤胞移植とマックスな感じの治療を受けましたが、今日の判定では期待薄。クリニックでは25以上を目安とするhcg値が8でした。「着床はするんだけどなあ」と先生。一応月曜日に再判定ですが、ここから値が飛躍的に上昇するとは正直思えません。凍結胚がないので、チャレンジするならまた採卵から。これ以上尽くせる手はあるのか、次回訊いてみようかとも考えていますが、「何があるか分からないのが生殖医療」というのにも納得。だとすると、先生も軽々に言えないでしょうね。

涙が目に溜まると、歩いていてもふわふわと浮いているような感じで、帰り道がいつもの倍ほど遠く感じます。ショッピングモール内でランチして気分転換!とも思いましたが、夏休みのモールはそこかしこに小さな子供がいるし…。家でひっそり感情を垂れ流すしか無いかな(^-^;)。

クリニックを笑って後にされたというルミコさん。「休ませてあげたい」と言ってくださったご主人。お二人の気持ちが合致して過ごすこれからの時間は、きっと穏やかなものになると思います。眠っている卵さんを「迎えに行きたい」と思う時。それがルミコさんご夫妻だけのタイミングですよね。

お辛い時・複雑な心境の時にも綴られてきたルミコさんのブログを読む度に、共感したり力をいただいたりしていました。本当にありがとうございます!節電熱中症などにもお気をつけて、夏を乗りきってくださいね。

投稿: ぱぽるか | 2011年7月28日 (木) 14時07分

ごぶさたしています、ルミコさん。

私も不妊生活を続けて早3年。長いようなあっという間のような。

先日、偶然旅行先で初座禅体験をしました。その時の法話で
「今、ここを生きなさい」
「right now. right here」
というお話を伺いました。

過去を嘆いたり、未来を不安に思っていた私にはぴったりな言葉でした。
実践は難しいですけどね~

いつもツボにはまってしまうルミコさんのポチ前のショートコメント。
最近は「今、ここを生きる」を感じます。
またツボにはまってしまいましたな

投稿: lilinoe | 2011年7月29日 (金) 08時39分

こんにちは。私は三度目の採卵時にhcg注射で育てた卵が8個胚盤胞になりました。
しかし、なかなか妊娠できず、6個目の胚盤胞でやっと陽性が出ました。
胚盤胞でも簡単ではない事を思い知らされました。お金も時間もかかるし心身共にボロボロになりますよね。


でも、どうかルミコさんの腕に赤ちゃんが来ますように。

投稿: kin | 2011年7月29日 (金) 23時30分

お元気ですか?2月以来、2回目のコメントです。2月は、ルミコさんと同じ時期に確か採卵。私は、採卵はできたものの、分割せず、あえなく撃沈・・私も42歳なので、これで最後の気持ちで臨んだのですが、「さあ、不妊治療も終わりだ。夫婦二人の生活に向き合わなきゃ」と簡単に切り替えられるものではありませんでした。とりあえず、仕事を4月から始め、気を紛らわせようとしましたが、周りにいる子ども達に目がいき、どうしてもかなわないものがあることをまた、ヒシヒシと感じています。1人と0の違いの大きさですね・・。後輩からの出産しましたの写真つきのメールがきましたが、返信もできない心のちっちゃい自分になってます。ほんと、ルミコさんのブログは自分の気持ちを代弁してくれてます。スッと心に入ってきます。病院で待ってる卵ちゃんの
ことに思いをめぐらす気持ちもわかります!
いつも、会ってお話をしたいなと思います。夏バテしないで、楽しく夏をすごしましょうね。

投稿: ねこにゃま | 2011年7月30日 (土) 16時28分

ももぴろさん>>このまま続けて行けば、いつか当たるのだろうけど、マックス治療まで毎回進むというのもこれまた経済的にはつらいものだと私も思っています。移植=希望であるものの、常にその逆と背中合わせ。そのしんどさもまた侮れませんね!

わんまるさん>>その後いかがですか? AIHなら毎月の卵を無駄にしなくて済みますもんね。高齢になるとそのほうがいろんな意味で効率がいいっていうことはあるのかなと思います。とはいえ、私はもうAIHすらやらないのでほぼリタイヤ組ですが 

チャムさん>>夢の中にまでお邪魔させていただき光栄です そして皆様の良い予感をことごとく無駄にする私です(笑)。自分をどんなふうに納得させるか、その方法や期間も人それぞれですから、チャムさんの気持ちに素直に行きましょう! 治療を終えた生活は、これといって何も変化はありません

ぱぽるかさん>>その後の再判定、もしかすると今日ですね? まさに何があるかわからないので、たまには良いほうでビックリさせてほしいものですね! 
今はまだ穏やかなものとは言い切れない毎日ですが、徐々に慣れていくのだろうと思いたいです。なんだか最近涼しくて、もう秋が来たのかとドキっとしてしまいますが、今日からやっと8月。ご夫婦の夏休みも楽しんじゃいましょうね。

lilinoeさん>>過去のことを引っ張り出してメソメソしたり、明日のことが心配で眠れない!とか、ホントに無駄だな〜と思いつつも、今だけに目を向けるって難しいですね〜。それこそ修行の世界かも

kinさん>>こんにちは 卵を育てたということは、hcgじゃなくてhmgですかね? しかし胚盤胞8個はすごいですね! 6個移植するだけでも半年以上はかかりますもんね。移植代も採卵代以上になっちゃいますね。それも含めて生殖医療は何があるかわからないな〜。

ねこにゃまさん>>想いは消えるわけじゃないですし、身体への痛みはなくなってもすぐに気持ちが切り替えられるものじゃないですよ〜。思い返せば私の採卵って2月だったんですね。人生初のひと月に2回の採卵……。いつか楽になる日まで、ウダウダするものだと開き直って今を(カラ)元気で生きてます

投稿: ルミコ | 2011年8月 1日 (月) 12時14分

ルミコさん、お久しぶりです。

コメントできませんでした。
私がコメントを書くのは無神経なような気持ちが、今もしています。ごめんなさい。

今回の治療は、本当にお疲れさまでした。
ルミコさんもご主人さまもよくがんばられていると、頭が下がります。
いいご友人に恵まれているのは、おふたりの人柄ゆえですね。すばらしいです。

まだ眠っている卵、ルミコさんが迎えにきてくれる日を待っていると思います。
残酷かもしれませんが、もしその子をお迎えにいく日があるのなら、その日まで治療は完全に終わっていないと思います。
心は体の一部ですから、今は体調を整える時間なのだと思います。

不妊治療。
卵ひとつひとつが、本当にかけがえない宝物です。
宝物が丁寧に護られて眠っていますから、いつの日か準備ができたら、会いにいってあげてください。お願いします。

ルミコさんから勇気や夢や温かい気持ちをいただいたひとが、たくさんいます。
私もそのひとりです。
ずっとずっと応援しています。

投稿: ユリGN | 2011年8月11日 (木) 10時46分

ユリGNさん、お久しぶりです。
卵ひとつひとつの大切さや、なかなか会えない貴重なものであること、夫婦の遺伝子がミックスされたものがそこにあるということ、IVFを通して感動する場面もたくさんあります。
その気持ちは変わっていませんが、やはり、無事にこの世で会えたときに、「待っていてくれたんだ」と言えるような気がします。
私の思い入れとは関係なく、卵の運命はもう決まっていて、私はそれを受け入れる準備をしています。完全に終わったあと、しかも思う結果にはならなかったことに重点を置いて備える私は、冷たい人間なのかもしれないけれど、やはり私は目の前にあるミニマムな家族や生活が一番大事なのだと思います。いつかアイツのことは戻しに行くので大丈夫です!
いつも気にかけてくださってありがとうございます

投稿: ルミコ | 2011年8月11日 (木) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白い弾丸の謎。 | トップページ | なんでもない毎日の中で。 »