« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

夏の終わりに。

D21……たぶん高温期。
女のたしなみ、基礎体温が日課ではなくなり、そういえば今日は何日目?と早くも懐かしくなり数えてみた

数日前に夫が、唐突に「再来月あたりに戻しちゃう?」と言った。
あまりに脈絡がなかったので「何を?」と聞き返すと、「ん? 卵」と返ってきた!
そして私は瞬間的に「え!もう?」と答えていた。

再来月って結構先なのに、「もう?」と言ってしまう私は、今の生活……もともとあった生活が結局居心地がいいらしい。最後のひとつがなくなる名残惜しさより先に、また上がったり下がったりの世界に戻ることが気が重い。
マラソンで信号待ちに座っただけじゃなくて、ゴロンと横になっちゃったもんで、立ち上がれない……みたいな。走ってるときは、信号早く変われ変われ!と思ってたのに。

ちなみに、私の「え!もう?」という返事に夫は「まだ早いね!まだいっか!」と答えた。
早いってことはないと思うけど むしろ遅いっていうかなんていうか。すまん。
たぶん、長めの帰省だったり何やらその他もろもろ、決まっている予定が再来月あたりに落ち着くので、じゃあ……と思いついただけのようだが、たった一ヶ月ちょっと休んだだけでこんなグダグダなのに(笑)、もっと先になったらどうなってるんだろう。そんな自分への戒めの意味も込めて、ときどきブログを更新するのだった。

もうすぐ夏休みが終わるのに、私の夏休みはこのまま冬休みまで続きそうである……。

この間、夫と一緒に区役所の出張所に行った。犬の狂犬病接種済証明書を貰う用件で、バッグに入ったワンコも一緒にロビーの長椅子に座っていると、「あらあら、カワイイのね!」と、おばあさんが隣に座り、ワンコの頭を撫でた。
「お子さんはいらっしゃるの?」
と、おばあさんがストレートに聞いた。
これは、犬は老後を見てくれないわよ系? と案じつつ、「居ないんですよ」と言った。
「そう。じゃあ子供代わりだわねえ。いいわねえ、かわいがられて。うちも子供居ないのよ。孫も居ないの。ずーっと二人」
と、意外な言葉が返ってきて、おばあさんが指さした先を見ると、ウォーキングに行くようなスタイルのシャキっとしたステキなおじいさんが何やら書類を書いているところだった。
「ずーっと二人」
と、言ってニコっとしたおばあさんに、なんて答えればいいか一瞬迷って、私は言った。

「それもいいですよね」と。

そのほうがいい、とも思わないし、それでもいい、ともちょっと違う。
子育てっていう大きな事件がなくても、ずっと二人で寄り添ってきたほのぼのした先輩夫婦。「それもいいものよ」と言われたような気がして、もっとずっと遠い未来に、そんなふうに自分も言えるといいのにね。

↓何しろ痛くてつらいことから一時解放されたのだもの。今のところ、もとの生活も悪くないですよ。悪いわけがない!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (15)

2人だけの未来。

お盆休み2011が終了!
去年、「来年は浴衣で行こう!」と言っていた、麻布十番祭りは節電のため今年は中止となった。去年夫の口から「来年」という単語が出てきて、遠い目になったものだったけど、何も変わらないようで、大きく変わったこともあり、ようやく変わりない毎日に心から感謝できるようになった私はちっさい女だなーと思う。

今年のお盆休みは、友達夫婦が2泊3日で我が家に宿泊。フラっとみんなで美味しいものを食べに出かけたり、家でみんなでワイワイ料理したり、渓流釣りに出かけて釣れた魚を焼いて食べながら晩酌したり、大人ばかりの気楽な夏休みは笑いでいっぱいで、老後はこんな共同生活がいいな!とか本気で思うのだった。

徐々に、脱クリニック&脱治療の生活に慣れ、心のザワザワもかなり薄れたこのごろ、私はついに禁断のアレに着手した! そう……、ずっと気がかりだった夫の生命保険の見直し。
結婚する1年前、同居を始めてすぐに夫の希望で加入した生命保険。
当時、夫32歳、私35歳。
さほど深く考えず、付き合いの長い友人の生保レディー経由で加入した、いずれ子供が生まれる前提で組んだ贅沢なプランだった。

年に一度、毎年3月になると彼女が訪ねてきて、年次報告書を見せてくれるのだけど、治療を始めてうまくいかない期間が延びるほどに、逆に変更しがたくなっていたのだった……。気持ち的に、自分たちの信じたい未来を否定してしまうような気がして。

しかし、治療を始めて丸1年目の2009年3月。年次報告書を持ってきた彼女は第一子が生まれる寸前の臨月で、これから産休に入りますよという時期だった。そして、一応私もその日そのときちょうど初の妊婦中……8回目のAIHを経て胎嚢が見えただの見えないだのっていう流産なう……いや、今だからこんな風に言える史上最大の不安定な時期。
その後、私はIVF道を突き進み何事もないまま今に至るのだが、彼女は順調に男の子を出産し……産休明けの連絡を貰い……今年の3月には再び産休に入り(!)先日第二子が産まれたのだった!

これが現実なんだなってこと、なんか私はしみじみ感じてしまった。私がウダウダしている間にも、確実に時は流れている。35歳〜42歳、治療期間は3年半だしスタート時期が遅かったことは否めないけれど、自分は妊娠体質ではないことだけはわかった!
万が一に備えるのが保険だから、万が一子供ができたら……に備えていたことはある意味間違いじゃなかったと思うけど
保険屋さんの第二子誕生がまた私の背中をチョイっと押して、夫婦2人ライフの万が一に備えるプランを新たに組み直すことができた。

2人ライフも今の調子ならなかなか楽しくて、だけど2人だからお互いを支え合わなきゃいけなくて。まだ見ぬ何かを守れるプランから、支え合えるバージョンへ。あんなに二の足を踏んでいたけど、やってみたらそんなにしんどいことじゃなかった。2人でも結構お金ってかかるもんだな! と気を引き締めているこのごろ。

↓そんな一歩は後退じゃなくて前進と呼んでもいい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (8)

最後のひとつがくれたもの。

体温計と別れると、リセット予測ができなくて不便ということが判明。
女のたしなみとして、体温続けていたほうが不調も察知できるのかもと思い直したこのごろ。

思いの外、夫が私を心配していることがわかったので、大ゲンカの翌日からウォーキングなるものを始めてみた。せっせと通院していたときには、良いとわかっていてもやろうとしなかったのに、不思議なものだ。
iPodとときどきワンコをお供に、無になって歩く。目的地の公園で、地元のおばちゃんたちに混ざってラジオ体操なんかしてみる。続けてもいいし、続かなくてもいい。そんな気楽さが案外心地良い。当面の目標は、治療を言い訳にここ3年で増えた体重を戻すこと

私たち夫婦には、ひとつ移植できる胚盤胞が残っている。
けれど、「治療は終わった」と思っている。
私にとって「治療」=「通院」だった。ああでもない、こうでもないと、試行錯誤しながら弱った卵巣にビシビシと刺激を送り、積極的に受精卵を作ること……それがAIHであっても、最終目標はそこまで。
数え切れないAIHと採卵を繰り返す中で、「移植」という行事は唯一の受け身だった。受験勉強も試験もすべて終わって、結果発表だけを待つような、もうそこからは何もできることがないっていう無力感と、何もしなくていいっていう安堵感。ここまで来たんだから今度こそっていうほのかな期待と、ここまで来てもダメなものはダメっていう不安や現実。

どうにかなるんじゃない?と、ふんわりした気持ちで始めた通院も、卵巣の余命が短いことを知ってからは、「通院をストップすること=子供を諦めること」に限りなく近いと思うようになった。だから、どんなにダメな結果が続いても、心が折れても身体だけはクリニックへと向かっていたのだと思う。
夫との話し合いの中で、唯一できた5日目胚盤胞の移植がダメだったとき、2人だけの人生を始める準備をしようと決めた。最後のひとつを戻すまでを治療と決めて、それまでAIHなりなんなりでできる治療のラストスパートをかける選択もあったけれど、それはやめた。

思い返せば、ずっと2人で過ごして来たけれど、今後も2人だった時にどうやって生きて行くかということを直視していなかったような気がする。や、治療を続けている限り、子供を授かることを目標にしているのだから、本当の意味で2人きりの生活に備えることなんて精神的にもできなかったんだろう。
結局子供が授かるのか授からないのか。それがわからないから後回しにしていたことが、たくさんある。2人で生きて行く覚悟と準備。最後に残った胚盤胞は、私たちが心穏やかにそんな準備をするための時間を与えてくれている。

もう積極的には求めない。最後のひとつに希望を込めて夢を見て、子供のいる生活に想いを馳せることもできるけれど、その逆もあるのだということ。どんでん返しは大歓迎だけれど、ただそこにすべての思いを託して過ごしていたら、すべてが終わったときに壊れてしまう。高度治療、という名の通り、夢を見るにはあまりにも頼りない確率とデータが目の前にあって、それでも何が起こるのかわからない。そして、何も起こらないことも知った。

最後のひとつを戻すとき。
「私たちは大丈夫だ! 覚悟も準備もできてるぞ! どっちでも受け止められるから安心して実力を見せてくれ!」という気持ちになれたらいいなと思う。

↓現在地を確かめること、それもまた勇気。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (11)

家族の自覚。

もうすぐお盆休み。
もうクリニックのスケジュールを気にしなくていい。
だけど、私はこの暑さと治療をやめた副作用で、何もする気力が沸いてこない。それなりに友達とワイワイしたり、ゴロゴロしてみたり、これまでの日常を過ごしながらも感じる無気力。
それでも、心の奥にずっとジワジワとイヤな存在感を放っていた「焦りと不安」の種は、徐々に小さくなっていっているような気がする。
よく、治療中に「ゆっくりとスロープを降りるように治療を終えたい」と言っていたけど、実際は下りのスロープは自分が決めた治療を終えた瞬間から……つまり今がまさにそのスロープの途中なんだろうな。

いつもと同じ毎日のようで、やっぱり満身創痍から立ち直れていない自分。
毎日顔を合わせている夫にはそれがわかるのだろう。
「お盆休み、どうする?」から始まった、夫婦8年目スタート記念の大げんかは、今思えば、私のそんな無気力がキッカケだった気がする。

夫は、自分が小さい頃におじいさんやお父さんと釣りをしていた河原で、友達夫婦と一緒にバーベキューをしようと言い出した。
自宅の庭に友達が集まってバーベキューをよくやるのだけど、バーベキューって結構面倒なもので、食材を洗ったり切ったり、やれ調味料が足りないだの飲み物がなくなっただの、紙皿が飛ばされたとか、服が汚れたとか、家だからなんてことなく対応できるプチトラブルの宝庫である。それも含めて楽しいイベントなんだけども、無気力なときに、見ず知らずの河原でバーベキュー……しかも真夏だし……。
私のテンションはその提案で上がることはなかった

それに、私はその場所へ行きたくなかった。
夫はたぶん、その思い出の場所に、いつか自分の子供を連れて行きたかったんだと思う。その夢は叶わなかった。叶えてあげられなかった。そんなことをわざわざ実感するために行くようで、どうしてもイヤだった。そして、どんなにそこがいいところなのかを夫が語るたびに、私は逆にイライラがつのっていく。
最初は、距離がちょっと遠いだとか、バーベキューするには装備が足りないとか、友達夫婦もアウトドア好きってわけじゃないし、とか、正論で対抗していたけれど、しまいには、「今、そんな大がかりなことやる気力ないんだってば! どこにも行きたくないし、ずーっと家で何もしないでボーっとしてたいからしてるの!」……と、本当なんだかそうでもないんだか、普通のケンカに発展。
「俺は、ルミコがそうやって毎日家に閉じこもってるから、ちょっと外に出たほうがいいと思って考えてるのに!」
「だったらもっと私が好きそうなことを考えてくれてもいいじゃん! 河原でバーベキューとか自分がやりたいことでしょ!」
正論vs正論の、不毛なバトル

ケンカって、長引いてエキサイトしてくると、絶対言っちゃいけないってことをわざと言ってしまったりする。本音なのかそうじゃないのかは置いといて、言えば自分も傷つくのに。
「その場所って、自分の子供と行きたかったところなんじゃないの? もうそれは無理だってわかって、どうして今なの? ああ、子供と来たかったなって思っちゃうんじゃないの?無理だから夫婦で行くしかないって思ってるんでしょ!」
……と、私は言った。ある意味本音だ。ケンカの間、こみ上げては飲み込んだ黒い本音。

「子供が居るとか居ないとか、そういうことは関係ないの! ルミコの好きな場所に一緒に行くんだったら、俺にとってはただの家族サービスでしかないじゃん。そこは思い入れのある場所だから、俺は家族の思い出を作りたいと思ってルミコとワンコを連れて行きたいと思ったの!」
2人と一匹でも「家族」。今、目の前にいる家族。
手にしたものを失ったわけじゃないし、2人と一匹が寂しいとは今は思わないけれど、増えない家族に想いを馳せたことも確かに事実で、たくさん語った妄想との付き合い方にはこれからも苦しむのかもしれない。それもまた知らなかった不妊治療の副作用。

↓ミニマム家族、大事にしないとね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (5)

家族記念日。

今朝、今までずっと利用してきた基礎体温表のwebサイトから、「記録いただけるとうれしいです。」というタイトルのメールが到着 
本文には、「前回ログインから10日が経ちました。差し支えなければこの機会に記録いただけると嬉しいです」と書いてあった(笑)。長年利用してきて、こんなの初めて! クリニック通いが始まる前からなんとなく記録してきたから、随分とちゃんと続けてきたんだなあ。
記録するのは差し支えないが、記録することがなかったため、とりあえず天気を記録。くもり、と。

なんでもない平日の昨日、私と夫とワンコは、朝から夜まであっちへこっちへとアクティブに遊び回っていた。7回目の家族記念日である。
入籍して7年。ワンコが家族になった日から6年。今年はそれだけじゃなかった。
私と夫は、私の逆ナンから始まり(笑)、あるときは恋人であったり、仲間だったり、親友だったり、仕事の相手だったりと形を変えながら、巡り巡って夫婦の形になった。
夫婦としては7年だが、私の逆ナン記念日からなんと20年(!)。
そう、人生のパートナーとなって20周年を迎えたのだった。

ハタチになって数日だった夫が40歳になった。
お互いに18歳で親元を離れて上京したことを考えると、お義母さんには悪いけど、もはや夫は私が育てたようなもんだと思う もし私に息子がいたら、将来どっかの女にこんなふうに思われるなんて 冗談じゃないわ この泥棒猫(あえて昭和で) ってとこだ
しかし、そんな泥棒猫こと私は、コントロール不能な若いときに出会い、その後彼にとって人生の大きな決断となる事柄のすべてを共に悩んで助け合ってきた。いいときも、悪いときも、そうだ、病めるときも健やかなるときも、喜びのときも悲しみのときも、富めるときも貧しきときも。
20年もの間、しつこくしつこくそばに居続けた人。

今や、洋服の好みも髪型も身につけるものも、巧い具合に私の好みの範疇にコントロール完了し、途中、どうなることかと思ったけれど、ちゃんと真っ当な社会人として2度目の成人式を迎えることができた……。ああ、感無量(by育ての母)。
「子供が成人したときには還暦なんて……」という高齢出産の常套句があるけれど、今思えば私と夫の血を引いた息子だったならば、成人したときに親が還暦ぐらいでちょうど良い気がする。きっと敏腕泥棒猫が、その後をビシビシと育ててくれるに違いない。

……なんていう妄想をぶり返しながら、昨日はひたすらミニマム家族の休日を楽しんで、そして始まった20周年記念夫婦ゲンカの話はまた後日。

↓しかし20年って!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (5)

なんでもない毎日の中で。

ごくごく自然に基礎体温計ともお別れをして、なんでもない毎日が過ぎている。
「ああ、もう病院行かなくていいんだ!」って、ハッと思う場面もあるのかと思ったりもしたけれど、案外そんなこともなく、体温計のことなんて今の今まで思い出すこともなかった。
もしかすると、今までの時間のほうがイレギュラーだったのかな。すごい無理して気を張って頑張ってたのかな。

治療を終えたからと言って、これといって劇的に何かが変わるわけではない。
むしろ、何も変わらないことをより強く実感する。そうか、そうだよね。そういうことを期待してはいけません。
ユーミンの定義に当てはめれば、失恋を忘れるには、付き合った期間の3倍かかるのだから、3年半付き合った不妊治療を懐かしく思えるのは……10年後かよ  と。

ずっと放置気味だったメールボックスの整理をする流れで、このブログに寄せられたコメントの数々を古いものも含めて読み返した。リアルタイムの妙とでも言うか、みんなその瞬間は未来がわからなくて苦しい。けど、この人は大丈夫、1年後に陽性が出るんだよ。この人は今はもう子供が2歳かな。この人は次の採卵でうまくいくんだよ。と、結末が分かってるドラマの再放送でも見ているような、なんだかとても不思議な気持ち。
私は、いろんな場面で「お疲れ様でした」と声をかけられていることに気づく。
飲み薬が終わったとき。注射が終わったとき。AIHが終わったとき。採卵。移植。そして判定。いろんなタイミングで「お疲れ様」と労われていた。個人プレイではあるものの、同じことで疲れているお互いを労っていた。「お疲れ!また次頑張ろう!」みたいな意味を持ってたんだね。
そして今、ついに通院をやめたときの「お疲れ様でした」は、なんだか、ああ終わったんだってことを改めて実感させた。何も手にできなかった身に残った疲労感。それすらもう過去のことなんだと。なんとも表現しにくいけれど、一言自分に自虐的に声をかけるなら、やっぱり「お疲れ様でした」って言葉なんだろうな。

「この夏で治療を終了することにしました」と、私は判定日の前日、ただひとりだけにメールで報告した。これまで採卵にすら至らない一番しんどいときを明るく支えてくれて、すべて治療を最優先できるように影ながら気を配ってくれていた仕事場のオーナーに、そのほかの近況や用件にまぎれて、さりげなく感謝の気持ちを伝えたかったから。
次の日送られてきた返信には、こんな言葉が綴られていた。

「ルミコさんが決めたその日までを大切に過ごしてくださいね。それが思っていた結果でも、そうでなかった結果でも、ずっとずっと頑張ってきたことは絶対無駄にならないです。そして、今目の前にある幸せを大事にしてくださいね。優しい旦那さんと、フワフワのワンちゃんと、たくさんのご友人がルミコさんのことを思っていることを忘れないでください」

私が決めたその日まで。
こっちから投げれば返してくれる。グッとこらえてボールが来るのを待ってくれる。
微妙な距離感を言葉にできるその人を、私は心の友と呼ぶ。

なんでもない毎日は、時に自分のポンコツ加減を思い出して腹が立ったり、果てしないこの先のことを思い胸がキュっとなったり、それなりの副作用をともないながらも過ぎていく。

↓どんな日々でも大切に過ごそう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

| | コメント (5)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »