« セルフプロデュースの行方。 | トップページ | 「花嫁のれん」(涙)。 »

今年の漢字一文字2011。

なんだかんだで時が過ぎて、またまた今年の漢字一文字の季節
っていうか、世間的にはまったくタイムリーじゃない出遅れの話題でスミマセン。

今年の漢字一文字、「絆」っていいですね。
久しぶりに一文字で完結した意味を持っていて、それでいてなんだかキュンとさせられる一文字。

私がこのブログでデジャヴのように、漢字一文字を話題にするのも……かれこれ4度目。
そう、年が明けたらブログを始めて(=治療を始めて)丸4年ってことに。
最初のころにコメント欄でやりとりしていたみんなは、とっくに不妊治療を卒業して育児に忙しいんだろうな〜とか、ときどき思う。40歳手前になって不妊高校に入学してきた学生のつもりだったけど、3年では卒業できず、今や、訪ねてきた卒業生に目を細める校長先生のようです 

クリニックには、思い出したように顔を出し、採血して「ホルモン値、悪い」って知ったとこでストップ。治療再開とか言ってみたものの、やっぱり何もできなかった。
年末になり、先生方も今年のまとめみたいなことを考えるのでしょう。先生のブログに、今年は長年通院された方の妊娠が多かった、というようなことが書かれていて、長年信頼して付いてきてくれたことへの感謝が綴られていた。
私は、なんだか切ないような複雑な気持ちになった。前回私が書いたことへの答えのように響いてきたからかもしれない。
信頼は揺るがないけれど、がむしゃらに追いかけられない気持ちになっちゃうこともある。ここまで来たんだから、ラスト必死に走ればいいじゃんって、他人だったら言うのかもな。

とはいえ、私はすっかりクリニックレスな生活に馴染み、今年は久しぶりに手帳を買った。
治療ライフに傾いていた心は徐々に元へと戻り、先の予定を書くために、気に入った手帳を選んだ。
時が進むことは、もう怖くなくなった。仕事の予定と、友達との予定、夫の休日。今のところ書き込むのはそんなことばっかだけど、ウキウキとするのです

そんな私の、今年の一文字は「進」。
「願」「耐」「待」と来て、「進」。
進む先には何があるのか、何もなくてもそんな言葉が浮かんできたことがすでに大きな一歩なんだと思うから。



↓そして、がむしゃらに進めないときもある!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« セルフプロデュースの行方。 | トップページ | 「花嫁のれん」(涙)。 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

ルミコさ~ん♪

こんにちは!

胚盤胞までいきませんでしたよ・・・トホホです。
カウフマン療法のあとですしDHEAのサプリも飲んで、サロンでマッサージを受け、卵には完璧なまでのお迎えをしても、この状態なら次の治療はなしですかね~。
次の診察までに答えを出さなければと思っています。
う~どうしようか・・・

ルミコさんは、移植に向けいいホルモン値がでることをお祈りしています♪

投稿: わんまる | 2011年12月16日 (金) 15時43分

わんまるさん、こんにちは。
う〜ん、凍結ならずですか……残念DHEAって、どうなんですかね? ジワジワ効き目が出るんですかねえ。
年末年始、ゆっくり楽しんじゃえってことかもしれないですよね。私はそう思って今年も相変わらずな感じの予定を立ててます

投稿: ルミコ | 2011年12月20日 (火) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフプロデュースの行方。 | トップページ | 「花嫁のれん」(涙)。 »