« 最後の通院へ。 | トップページ | 40歳からの不妊治療。 »

今も昔も未来にも。

D4、36.08。クロミッド開始。
7ヶ月ぶりの排卵誘発剤。1日1コくらいの量じゃ、特に何も変わらないけど、なんか始まったんだなーっていう緊張感があったりなかったり

週末放映された、野田聖子さんのドキュメンタリー番組をリアルタイムで見た。
あれだけコマーシャルやってて、情報番組でもショートバージョンをガンガンやってて、毎日毎日、不妊治療が…体外受精が…と繰り返し聞かされちゃったら、もうお腹いっぱいな感もありつつ、とりあえず見ちゃったわ 

いろんな家族があって、いろんな夫婦がいて、いろんな価値観があって。
たくさんあふれている情報を知ろうとするかどうか、やれることを考えるかどうか、そして何を選択するか、すべてのことはそれぞれの夫婦で異なって当たり前だしね。私個人としては、「不妊治療」っていう見慣れたワードが出てきたとはいえ、同じカテゴリーに属しているとも思えず、シンパシーを感じるわけでもなく、ただ淡々と番組を見た。

番組が終わったあと、野田さんのブログには、このような言葉が綴られた。

「ちなみに、ムスコの病気は、ノダの年齢とかの因果関係ないです。ドナーさんは、20代です。若くて元気な妊娠でも起こりうることなので、誤解のないように、お願いします。」

いやいやいやいや、みんな誤解したでしょ あえて誤解する方向へ番組が引っ張ってるような印象も受けて、なんだか全体的な意図が私にはよくわからなかった。不妊治療や高齢出産や卵子提供との因果関係には一切触れることなく、ただぼんやりと、高齢出産や卵子提供を望んだから……と想像を直結させるつくりだったと思う。
きっと、ご本人のもとにも、いろんな形のバッシングがあったのでしょう。
でも、ああいうつくりの番組になったということが、世間の一般的な印象なのだというふうに、私は受け止めています。

世間がどうとかはまあいいとして、私の不妊治療の延長線上に、卵子提供という文字は今も昔も未来にもない。もし○○だったら……という、仮定の話ほど無意味なものはないと思うけど、もしどうにでもできるお金と環境があったとしても、ない…なあ。
夫と私だって血の繋がりはないし、ワンコ2匹も含めて、全員血の繋がりなんてないけれど、大事な家族なんだから、血の繋がり自体は本当はどうだっていいことだと思う。私のちっぽけな母性本能は、ワンコ2匹と何もできない夫だけで充分満たされてると思う。けどね、夫と私の子供を見てみたかったんだよね。すごくシンプルに。
あと、これまで散々夫の素行でバトルを繰り広げてきた歴史を振り返ると、細胞同士といえどもどうにも許し難い!と、思ってしまう私は、まだお若いのでしょうか(笑)。

↓それにしても寒い!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 最後の通院へ。 | トップページ | 40歳からの不妊治療。 »

凍結胚盤胞移植5(低刺激+AIH)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
その番組、気になったんですが、やはり小さい子供にチューブがいっぱいついてて胸がいっぱいで見れませんでした・・。
もし、自分にお金と環境があったら他人の卵を提供してもらうか・・・うーーん難しいですね~
この間、クリニックサロンの方が「今は髪の毛のDNAで卵とか出来る技術あるみたいですよ」と言ってました。だんだんついていけない世界になりますね~

投稿: さるる | 2012年1月23日 (月) 22時42分

さるるさん、こんにちは!
結局、お金と環境が整ってみないと、なんとも言えないのかもしれませんが、やっぱり今やっていることが私たちができることのmaxなんだって思います。
つまり、ボーンもできません

しかし、人間の生命力ってすごいんだなって思いましたよ〜

投稿: ルミコ | 2012年1月24日 (火) 11時16分

勇気を持って、表に出て言ってくれる人が、お金がすごく掛かるんです、フルタイムで働くのは厳しいです!
助成金はこれだけしか出ません。とか…そんなんをもっと言って欲しいな、と思います。

私は通院4年で、フルタイムで働いています。
今まで、お願いして遅刻・早退をさせてもらっていました。
一ヶ月毎日…とかもあり、迷惑なのは重々承知ではいます。けど…理由を言っていないし、言えないし…。

ついに苦情が出て、仕事を辞めるか大泣きして上司に相談しました。

そうしたら、上司が人事部に問合せてくれて、診断書(通院の事実のみでも)を出せば、人事として遅刻・早退を認めてくれる事に!

上司も、病気じゃないしね。理由を皆に言わないのは大人としてダメ!と言っていましたが
上が認めてくれて、これから気にしつつも、少し気が楽に通院できる事になりました。

多分…働いてて困っている方は多いと思うので、上司に相談してみて欲しいです。
少しでもストレスが無くなりますように。

自分の事ですみません、頑張りましょうね、と言いたくて。長々とすみません。。

投稿: ヒト。 | 2012年1月24日 (火) 12時04分

野田さんの番組見ました。誤解もなにも…本来は生まれるはずのない命を理矢理造り出した結果ですよね…
お子さんが可愛そうで仕方がありません。彼は彼女の自己満足の為に苦しみ傷み哀しみながら生きているのでしょうか?
私も治療中ですが、解らなくなってしまいました。生まれるはずの無い苦しみを、与えてしまうかもしれない。私のエゴで命を与えてしまっても良いのでしょうか?
ルミコさんは考えませんか?それを考えてはいけませんか?解らなく、本当に苦しいです。

投稿: ゆきこ | 2012年1月25日 (水) 00時22分

ヒト。さん>>フルタイムでのお仕事と通院の両立、本当に大変なことですよね、加えて家事ですもん。「私、歯医者に通ってるんです!」みたいな感覚で、「不妊治療に通っているんです!」って言える世の中になると少しは余計なストレスも減るのかなと思います。相手に求めるものでもない気がするんで、やっている側が治療への閉鎖的な感覚を払拭することも大事なんですかね〜、難しいですけどね〜。ヒト。さんが上司の方にカミングアウトしたことも、すごい勇気だったと思います!きっと、小さくても何か変わるキッカケになったし、影ながら感謝している人もいると思いますよ

ゆきこさん>>そうですね、考えるか考えないかと問われれば、私はそんなふうには考えない、かな。生まれるはずのない命を無理矢理作り出すことはできないと思っているので。私は逆に、あれだけの病気を抱えていても、じっとお母さんの顔を見つめてニコっとする彼の生命力に、理屈じゃないものを感じました。
生まれるはずのないものは、生まれない、ただそれだけのような気がしています。ゆきこさんは、治療に対して後ろめたい気持ちや受け入れられないものを感じていらっしゃるのでしょうか? 何か困ったことが起こるたびに、治療のせいだと想い苦しむことになるのはしんどいですね。自分を振り返ると、苦しさと幸せは常にセットだと思いますよ〜。ゆきこさんの答えが見つかりますように。

投稿: ルミコ | 2012年1月25日 (水) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の通院へ。 | トップページ | 40歳からの不妊治療。 »