« 幸福のリレー。 | トップページ | 今も昔も未来にも。 »

最後の通院へ。

通院を再開するときがやってきた。

12月の頭に、ややフライング気味で排卵チェックに行ってみたものの、ホルモン低いねってことで終了。確かにその周期は、体温も低めを推移して、リセットも大変中途半端な出来だった。

ホルモン低い→卵がいまひとつ→排卵微妙→排卵後のホルモンも出ず→内膜育たず→体温も上がらず→高温期短縮→リセット量も少ない

みたいな連携プレーで、高齢になるとだんだんと周期が短くなっていくのであろう。
排卵が微妙でも、一応体温表にしてみれば二層にはなるので、これまた紛らわしいんだけど、確かに空胞だったときも採卵後に高温期っぽくなったっけ。
つまりは、体温表もさほどアテにはならないわけだが、リセット予測にはなるのだ。

……と、分かっているのに一度サボリ癖がついた基礎体温測定は、なかなかペースが戻らず  D3のつもりで予約したクリニックの日には、なぜかまだ高温期だった。

凍結胚の期限までは、あと2周期ほど余裕(?)があるものの、夫と話し合って、今から始まる周期に最後の凍結胚を戻すことにした。正確には、戻すつもりで通院する……と言いますか。これが私たち夫婦にとって、4年間の治療ライフのラストになることを考えると、最後に夫も参加した感が欲しいということで(?)、移植方法は、前回と同じ低刺激でSEET法の代わりにAIHを希望しようと思っている。
SEET法の培養液も凍結していないし、私達に関しては男性不妊でも卵管因子でもなく、まあ何より凍結胚のグレードもさほどよろしくない。

クリニックに向かう前に、夫は採卵ファイルの中の受精卵の写真を見て、
「こいつだけじゃ荷が重いだろ」
と、一言。一緒に写っている、すでに脱落していった胚盤胞たちと比べると、大きさがもうね、一目瞭然。
「成犬と、3ヶ月の子犬ぐらい違うな!」
「でも、まあ……子犬は小さくても元気だし(笑)。これから育ち盛りってこともあるし」
「子犬も先住犬がいたほうが心強いだろ」
「そうね、先住犬のマネしていろいろ覚えるのも早いしね。急に知らない家に連れてこられた緊張は少し和らぐよね」
……みたいなことを話ながら、クリニックへと向かったのだった

話は戻って、低刺激の移植の場合、やはり自力の卵がちゃんと育ってこないと移植できない。自力排卵に自信がないため、周期を見送っている余裕がない、というわけで、今周期から移植予定で通院して、状況が整えばGO!! 中止になれば、低刺激は諦めて、ホルモン補充周期で最後に移植しよう……ということを先生に2人で話した。

そして、リセットしたら4日目からクロミッドという予定で、久しぶりに薬の袋を手に帰って来た。約7ヶ月ぶりのクロミッドから、私の最後の挑戦が始まる。

↓人事を尽くして天命を待つ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 幸福のリレー。 | トップページ | 今も昔も未来にも。 »

凍結胚盤胞移植5(低刺激+AIH)」カテゴリの記事

コメント

ルミコさん、こんにちは。
「最後の通院」「最後の挑戦」の言葉に感慨というか緊張感というか、そういうものを感じます。私も治療を始めて丸5年。ずっとルミコさんのブログを拝見していて、勝手ながら自分を重ねてしまうからでしょうか。でも、受精卵を見ながらのご主人との会話がとっても微笑ましいです。そういう固くない雰囲気で過ごせるといいですね(^-^)。

私も移植周期に入りました!昨日からエストラーナを貼ってます〜。初めて一番良いグレードの胚を凍結できたので、出来る事はなるだけしようということで、SEETもする予定です。正に「人事を尽くして天命を待つ」ですね。お互い、順調に移植に到達できるといいな(^-^)。寒さやインフルエンザなどにはくれぐれもお気をつけくださいね。

投稿: ぱぽるか | 2012年1月21日 (土) 16時40分

ぱぽるかさん、こんにちは。
緊張感もあると言えばあるけれど、やっとここまで来た〜っていう想いもあったり。移植周期は比較的前半はゆっくりしてますから、今だけユルユルっと過ごせればと思ってます。
5年間かあ。私のブログとも長くお付き合いしていだたきましたね。ぱぽるかさんのホッとできる温かいコメントに、私もたくさん励まされてきました。
ステキな春を迎えられますように

投稿: ルミコ | 2012年1月24日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸福のリレー。 | トップページ | 今も昔も未来にも。 »