« 最後のアイツへ。 | トップページ | 凍結胚盤胞移植+AIHを選んだ理由。 »

これですべて。

スッキリと雲ひとつない冬の青空の日でした。

いつもの地下鉄を降りて、地上に出るまでの長い長いエスカレーター。なんだかんだで2年半、いろんなことを思いながらこのエスカレーターに乗り、地上のまぶしさにクラクラしながらクリニックへと向かっていたんだね〜。
人生初の採卵の日も、こんなふうにキレイな青空で、ああ、なんかいろんなことがあったなと、早くも感慨深い。

移植は午後からだったので、軽めの朝食をとって、尿の塩梅を気にしながらお茶を飲みつつ足早にクリニックへ。移植前の診察は、いつものように秒殺だったけど、このまま判定日にも何事も起こらなければ、もしかして内診も今日が最後。
あ〜、不妊治療初内診は、ホントに診察台の上のワンコみたいに、手に汗びっしょりかいてガクガクブルブルしてたっけ。

そして、そんな想い出に浸る間もなく、またまた尿不足を指摘され 待合室で持参したお茶をガブガブ。移植する人用のリカバリールームに案内され、ガウンに着替え、キャップをかぶるとピリピリっとした緊張感に包まれる。培養士さんがやってきて、別室で移植する胚の説明タイムとなった。

「本日移植する3BBの胚ですが、今朝キレイに融解できまして大変良い状態となっています。10分ほど前に胚の様子を観察したところ、融解時の3BBのグレードよりも大きくふくらんで、4BBのグレードになっていますので、とても元気です」
融解できないんじゃないかってことも、覚悟していました。と、言った私に、
「BBのグレードで妊娠されている方はたくさんいらっしゃいますから、安心して移植をお受けくださいね」と、培養士さんはニッコリ言った。

ありがとう。アイツ、案外やるね。頑張り屋じゃん。

最後のオペ室は、看護師さん1人、先生、培養士さん1人。とても静かな中、天井にはイルカ……のはずが、なんか海藻(?)の映像でした(笑)。最後までこの天井のリラックス映像と私の息は合わなかったらしい
すべてが終わって安静後のお茶とお菓子が運ばれてきたとき、看護師さんから先日のP4ホルモンの結果を渡された。「60>」と表記されていて、どうやらP4は60までしか測定できないそうで、「内膜を作って着床を助けるホルモンですから、これ以上測定できないところまでたくさん出てるっていうことで、これはとっても良い結果ですからね!」と、言われた。

私がここでできること、これですべて。
夫婦そろってインフルエンザで倒れて、もう、何やってんの!とガックリしたけれど、もうインフルエンザにかからないのかと思うと気が楽で(笑)。万全で最後の移植を終えられて、すべてのことに感謝を。

↓あとは神のみぞ知る!3BBよ、よくやった!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 最後のアイツへ。 | トップページ | 凍結胚盤胞移植+AIHを選んだ理由。 »

凍結胚盤胞移植5(低刺激+AIH)」カテゴリの記事

コメント

ルミコさん、お疲れさまでした!

心身ともに(直前にハプニングはありましたけど)穏やかな状態で迎える事ができて良かったですね。
本当にこれからは、自分の力ではどうする事もできない。まさしく「神のみぞ知る」です。美味しい物を食べて、楽しみましょう♪

投稿: りす | 2012年2月10日 (金) 09時24分

ルミコさん、移植お疲れさまでした。ホルモン値も素晴らしいようですし、出番を待っていた卵さんも頑張ってくれましたね(^-^)。感慨深さ、清々しさ、希望、様々な感情が交じっておられると思います。あとはまさに「人事を尽くして天命を待つ」ですね。

私も火曜日に移植を終えました。施術室ではいつもクラシックがかかっているのですが、私の時は「白鳥の湖」でした。モニターに映し出された胚がカテーテルに吸い込まれる時に、ちょうど曲のエンディングの「ジャーン」という音が!やけにドラマチックな移植に感じて、笑いそうになりました(^o^)。

穏やかに判定を待ちたいとは思いますが、やっぱりいろいろと気にしてしまいます…(^-^;)。必要以上に敏感になりがちですが、なるべく検索魔にならないように心がけます。とにかく冷えには気をつけて、ほんわりと過ごしましょうね.

投稿: ぱぽるか | 2012年2月10日 (金) 10時18分

ルミコさん、はじめまして。
治療を始めてからルミコさんのブログ・言葉を
バイブルのようにいつも読ませていただいてました。
先日の雑誌も読ませていただきました!
私は採卵2回、移植へは一度も辿りつけずの
治療トンネル真っ只中です。。。

移植お疲れ様でした。卵ちゃんも元気だし、
看護士さんや培養士さんのお言葉も心強い!
穏やかな気持ちで判定日を迎えられますように。

投稿: りんご | 2012年2月10日 (金) 12時37分

ルミコさん こんにちは
そしてお迎えお疲れ様でした
今抱いている娘をお迎えしたのがちょうど一年前なので、今回の記事を読ませていただきながら色々思い出しました
私も最後の卵で(移植は4回目)今回がダメならまた採卵…という状態でした
ホントに治療中はルミコさんから沢山パワーをいただいたので微力ながら私も今回がいい結果となるよう祈らせて下さい
娘にも『ルミコさん夫婦にもお友達を連れてきてね』とお願いしちゃいました

投稿: 稲 | 2012年2月10日 (金) 14時13分

ルミコさん、移植お疲れ様でした。最後の2つの記事に感動して涙が出てきました。神様、どうか、ルミコさんが妊娠できますようにという気持ちで一杯です。

投稿: えむえむ | 2012年2月11日 (土) 10時26分

ルミコさん、お久しぶりです。
時々お邪魔しておりました。

卵ちゃんのお迎え出来た様で、本当に良かったです。
あとは、ゆったりした気持ちで過ごして下さいね。
そして自分自身と卵ちゃんを信じて下さいね。

投稿: みかん | 2012年2月12日 (日) 13時19分

りすさん>>最後のイベントが終わり、それこそ楽しみに結果を待ちたいところですが、座薬の不快感マックスです(笑)。早く終わらないかな……と毎日言ってしまいます。座薬の終わりが治療の終わりなのに

ぱぽるかさん>>ドラマチック移植、想い出に残りそうですね ここに来るまでにいろんな葛藤と戦って来たので、休み過ぎて平常心に戻った今は、検索すらしない完全受け身になっています 結果が出たときには、またいろんなことを思うのでしょうけど、今はなんでもない日常をただ淡々と過ごしながらその日を待っています。

りんごさん>>はじめまして。あまり励みになるような情報が書かれていないブログですが、読んでいただいてありがとうございます 採卵して移植に行けなかったときが、私は一番しんどかったので、りんごさんの心境がわかるような気がします。先日の雑誌ですが、201pに読者アンケートのページがあるので、良かったら編集部のほうへご意見寄せてみてください 一般誌でフラットな視点を持って不妊治療のことが取り上げられるっていうのは貴重ですよね。またそういう企画があればいいなあって思います。めげずに進みましょう

稲さん>>そうでしたね、ちょうど同じ頃に採卵でしたよね。ホントに時間が過ぎるのは早いなあ〜って実感します。どうぞ子育て楽しんでくださいね

えむえむさん>>私たち夫婦にとっては、ちょうど良い区切りの時期なんだと思います。そう考えられる時間を与えてくれた3番目の卵に感謝デス。

みかんさん>>すっかりクールダウンしたあとの移植で、夫婦的には盛り上がりに欠けるエンディングなのですが、そんな感じもまたいいのかなと今は思っています。自分自身のことも卵のことも、かなり疑ってます(笑)。

投稿: ルミコ | 2012年2月13日 (月) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のアイツへ。 | トップページ | 凍結胚盤胞移植+AIHを選んだ理由。 »