« 判定日の朝。 | トップページ | ルミコの任務。 »

ありがとうのぬくもりと。

本当は、判定採血に行くまでもなかった。

弾丸の効果で高温を保ってはいるものの、身体は紛れもなくリセットが始まっていて、長年付き合ってきた自分の身体のことは、こんなときでも自分が一番よく知っている。

先生は、「お昼には結果が出ますから、電話で結果を聞いてくださいね。そのときに今後のことを話しましょう」と、言った。先生に会うのは、これが最後だと思ったけれど、何も言わずに「ありがとうございました」と頭を下げていつものように数秒で診察室を出た。

家に帰ると、すぐに電話連絡の時間だった。

長い保留のあと、電話口には臨床心理士の先生が。
「今回の妊娠判定の結果ですが、本当に本当に本当に……残念なのですが、ご妊娠には至らない結果となりました」
と、一言一言を振り絞るかのように、低いトーンで告げた。

前回の陰性後カウンセリングで、最後に残した卵の可能性と、治療の節目にしたいということを話していた(そのときの記事)。先生も、もちろんそのときのやりとりを踏まえて電話口に出ているのでしょう。臨床心理士の先生が、こんなに自分の感情を見せるなんて今までにはないことで、私もこれまでのやりとりが思い出されて胸がチクンと痛んだ。

そして、「今後の治療の予定についてはお決まりですか?」と聞かれたので、「これを最後にしようと決めていたので、もう治療については続けるつもりはありません」と、言った。

「カウンセリングもお受けいただけるので、良かったらまたいらしてください。院長も待っていると思います」と言われ、「いや、院長もお忙しいので、治療をしないのにお時間いただけません(笑)」と答えた。

最後まで温かく、ひとりひとりに寄り添ってくれるこのクリニックが好きだった。
迷いのない先生の判断を信頼して、治療としては希望をたくさん手にすることができた。
すごく良い予兆や良い結果が期待できる状況で、それをあえて打ち消すことは自己防衛だけれど、良くない事実や予兆から目をそらして希望にすり替えることは私にはもうできなかった。

クリニックとつながっていた電話を切ったあと、小さいため息をついた私のヒザに、白いワンコがよいしょと座り、キラキラした瞳でまっすぐに私の顔をジーっと見た。
「ずっと、一緒にいたよ」
と、言っているようで、今までのたくさんの場面が思い出されて、そのフワフワの温かさに触れたときに初めて涙が流れ落ちた。ありがとう、ずっと一緒にいてくれて。どんなときもただ側で癒してくれて。

失ったものは何もなく、昨日の続きがここにあって、元いた世界に私は帰る。

↓みんな、ありがとう。みんなガンバレ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↑寒い季節の必需品・子宮を暖める「よもぎホットシート」。1箱11個入りなので、たっぷり使えてウレシイ♪ 


↑冷水はもちろん、お湯が瞬時に出るのが超便利!天然水が届くっていうのも楽ちんです。ウォーターサーバーの無料体験は、バイト君みたいな人がサクっと引きあげていくだけでホントに無料でした(!)

↑ ルイボスティーデビューにオススメの3週間お試しセット。便利な2リットル煮出し用が結構たっぷり入ってますが送料無料。使いやすくてすごくイイ!いろんな種類のルイボスティーの詰め合わせになっています。口に合わないと続けられないのでまずお試しを!お試しは1人1回だけのお得セットになってます。


↑私はココのルイボスティーをリピート中、まろやか味でクセがないです。マカと葉酸で割り引きもあるようです。ザクロジュースやたんぽぽコーヒーにも惹かれます。送料380円、代引き手数料無料、即日発送もウレシイですね!

↑うちの夫にはコレ飲ませてます。マカ&葉酸&男性用マカの3点セットもあります。全品送料無料がウレシイですね。お試し1000円もあります。 

↑不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを授かった方々の体験談ブックが無料で貰えます! 

|

« 判定日の朝。 | トップページ | ルミコの任務。 »

凍結胚盤胞移植5(低刺激+AIH)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
残念な結果となってしまい、私も残念に思います。
以前にズルズルと最後の不妊治療を終わりますと、コメントしたものです。
私は、まだ治療を続行中です。
当たり前のように取れていた卵が、今回の治療では中々採卵までできないようになっています。
でも、このような状態なので、自然ともうこれで最後と、心の準備ができ始めています。
せめて移植をしてそれで最後としたいのだけれど。
採卵もできずに諦めなければならないかもしれません。
ルミコさんは、元の世界にもどりますか。。。
私は、もう少し、もう少しだけジタバタと現在の世界にしがみ付いています。
でも、私にもゴールは見えていますが。。。
お疲れ様でした。

投稿: ブータン | 2012年2月21日 (火) 09時57分

ルミコさん、お疲れさまでした。

ワンコの「ずっと一緒にいたよ」は、もらい泣きしてしまいました。治療中はどうしても自分だけが闘っていると思いがちですが(私だけかもしれないけれど)、夫はもちろん、ルミコさんはご両親やご友人もいつもルミコさんの幸せを思って見守っていてくださっていたと思います。そしてこれからもずっと、ルミコさんの心に寄り添ってくれるでしょう。それってとっても幸せな事だと思います。

投稿: りす | 2012年2月21日 (火) 10時11分

ぜひ、AIHは続けて欲しいです。

私はAIHを何度やってもかすりもせず全くダメでしたが、ルミコさんには可能性があるんですから(^-^)

『不妊治療も継続は力なり。数打ちゃ当たるぞ!』と、私の元上司が言っていました。←彼は28回目のIVFで授かったそうです。

最愛の旦那様(と、厚かましいですがルミコさんファンの私たち)の為に、治療と言う名目じゃなくても、なんらかのカタチで赤ちゃんと巡り会う方法を考え、チャレンジし続けて欲しいと願っています。

勝手な事ばかり言って、すみませんっ。

ルミコさんのブログに励まされ涙し、勇気をいただいて来たので…我慢出来ず、ついコメントしてしまいましたm(__)m

投稿: みんみん | 2012年2月21日 (火) 10時32分

ルミコさんお疲れさまでした。
いつも応援しておりました。
少し休んで、また新たなる人生の一歩を踏み出してください。
ルミコさんの人生が、これからよりいっそう輝きますように!

投稿: プータ | 2012年2月21日 (火) 10時50分

ルミコさん、治療ライフお疲れさまでした。
ダメだ、ダメだというルミコさんの記事を読みながらも、どんでん返しを期待していました。
とても残念ですが、ルミコさんの潔さ、聡明さに頭が下がります。
私もダメなことはわかりつつ踏ん切りがつけずにいます。
が、卵も採れなくなってきたので春には終了の予定です。
今回の記事、自分のことのように胸に来ました。
甘く切なく実らなかったけれど少し清々しい初恋のような(美化しすぎ!?)
治療ライフは終わっても、今後のルミコさんの新たなシアワセノカタチを楽しみにしています。

投稿: チャム | 2012年2月21日 (火) 11時04分

お疲れ様でした。

私も実家のワンコがいつも変わらず慕ってくれると今の自分でいいんだと安心します。

まず今は、心と体の疲れを緩めて癒してくださいね。


投稿: まり | 2012年2月21日 (火) 11時09分

昨年、長い不妊治療生活を終えました。
最後だと決断した気持ちとはまったく関係なく、いつものように当り前のように陰性で終わり、ルミコさんと同じように判定前から分かっていたのにも関わらず、病院に電話したあと、ホッとした気持ちと今までの治療がまったく報われなかったことに対しての悲しい気持ちとが入り混じって私もやはり、一人で泣きました。(ちょっとだけですけどね)

それから半年くらい経ちますが、治療を再開しようという気持ちは41歳の私にはもうありません。
これは自分でも意外だったのですが、治療で授かる気がまったくしないこと、何より治療を終えた今の生活が想像していたよりも楽しいからだと思います。

励ます言葉は持ち合わせていませんが、ルミコさんと同じように治療を終え、楽しく生活している私がいることが少しでも慰めになればと思います。

ちなみに我が家はネコなので、ワンコのように寄り添ってはくれませんでしたが「大したことはない」というようにグーグー寝ている姿に癒されました。

投稿: りんすけ | 2012年2月21日 (火) 11時24分

3年弱前からブログを読んでいました。

私も不妊治療をしていた1人です。
書き込みしようと思いながら何年も出来ず。
今回初めて書き込みます。

私は20代前半ですが1年かかり妊娠、その後流産、その後3年かかり今1歳になる息子がいます。
子供が授かっている中書き込みするべきかすごく悩んでいましたが、書き込みさせてください。

年齢が若いのに贅沢な、と思われるかもしれませんが、正直子供を諦めたほうがいいか悩んだこともありました。
周りからの心ない言動や周りからの懐妊報告に毎日毎日心が荒んでいたときに、ルミコさんのブログに出会い勇気付けられていました。

言葉足らずな人間ですいません。
本当にルミコさんのブログには元気をいただいていましたし、心から応援していました。

本当に治療ライフお疲れ様です。

治療ライフが終わったとしても、ルミコさんには幸せで明るい未来はまだまだ始まったばっかりと思っています。

投稿: いちご | 2012年2月21日 (火) 12時01分

ルミコさん、はじめてコメント書きます。
毎日会社の昼休みにブログを拝見していました。

ルミコさんの文章は、風景が見えてきて大好きです。そして私も不妊というテーマを持って生きているので、その風景の中に浮かぶ感情がビシビシと伝わってきました。

長い治療、お疲れ様でした!
これからもきっと、楽しいうれしいワクワクがたくさんあるはずです!!

テーマは変わっても、またどこかでルミコさんの文章に出会えたらいいなと思っています!!

投稿: ハルカ | 2012年2月21日 (火) 12時46分

ルミコさんが決断したというのに、一読者でしかない私のほうが、まだルミコさんの妊娠を諦め切れない思いがします。
でも、長い間お疲れ様でした。

投稿: しろくま | 2012年2月21日 (火) 12時47分

ルミコさん、治療お疲れ様でした。何度かコメントさせていただいたえむえむです。
どうかどうかルミコさんを妊娠させてほしいと願っていたのに叶わず、本当に残念で仕方なく、涙があふれます。

私の以前のコメントを覚えていらっしゃるかわかりませんが、私は10回目の移植で娘を授かり、去年から二人目治療をしています。グレードの良い胚を何度移植しても着床すらせず、という状況が続きましたが、諦めず続けてやっと娘を授かりました。今二人目治療中でまた、あの発狂しそうなやりきれない思いを味わっていて、こんな気持ちから解放されたいと思うと、治療やめた方が楽になるのかなとちらっと思ったりすることがあります。着床しやすい子宮とかしにくい子宮とかあるのか?とかすら思ってしまうことがありますが… 何回移植しても妊娠しない原因を知りたいと思ってしまいます。

話それましたが、私は今は実は判定まちでグレードも良い胚だったんですが、またダメかなと思っています…。私の判定前にルミコさんの判定だったから絶対ルミコさんに良い結果が出てほしいと自分のこと以上に思っていました。

このブログは終わりになってしまうのでしょうか?寂しいけど、またどこかでルミコさんの文章に出会えたら嬉しいです。長文失礼しました

投稿: えむえむ | 2012年2月21日 (火) 13時27分

ルミコさん、こんにちは。


今回の記事を読ませていただき、涙が出ました。


「妊娠」「不妊」って何なんでしょうね。


今まで大概のことは努力すれば報われてきたのに、叶わないこともあるんだと身に染みて感じています。


でもその努力は別の形で必ず報われる日が来ると信じています。


他の方もおっしゃってますが、私もルミコさんの文章大好きです。


「白い弾丸」必ず普及させますよ!!

投稿: ひろこ | 2012年2月21日 (火) 13時27分

ルミコさん、治療ライフ本当にお疲れ様でした。皆さんが書かれているように、ルミコさんに赤ちゃんを授けて欲しいと心から願っていたので、とても残念です。努力すれば報われるというものではない不妊治療、つくづくしんどいものですね…。私はネコ派なのですが、飼い主の気持ちを汲んで寄り添ってくれるのはワンちゃんの方なのでしょうね(^-^)。そのシーンを思い浮かべて、とても切なくなりました。

治療やクリニックのこと、治療に向き合う心情、ご主人やご友人の様子など、いつも詳細に書いて下さいました。その文章からはルミコさんの知性・冷静さだけでなくお茶目な感じも伝わって来て、私は常に力をもらっていました。「白い弾丸」「子宮がおえっ」とか、辛い治療ライフの中にもクスッと笑える雰囲気があって大好きです(^o^)。

ご自身の心に従って治療の終了を決断したルミコさんを、ご主人もワンちゃんたちも温かく支えてくださると思います。これからもルミコさんの人生に幸あれ!そうお祈りしています。

投稿: ぱぽるか | 2012年2月21日 (火) 14時26分

ルミコさん
治療お疲れさまでした。
ルミコさんの聡明でチャーミングなキャラと
人の心を掴む文章に涙したり勇気をもらったり
とにかく大ファンです
ルミコさんにとってのシアワセノカタチ
これからも私たちにちょっぴりでいいので
見せて頂けると嬉しいです。
また素敵な文章に出逢えることを待っています
本当にお疲れさまでした。

投稿: のんゆか | 2012年2月21日 (火) 15時31分

初めまして、ルミコさん。
2年ほど読ませていただいていますが、コメントは初めてです。

私は41歳で、不妊治療をやめて3年3ヶ月経ちます。
IVFもチャレンジしましたが、受精したのは1回だけで、
グレードは良くなく、妊娠に至ったことはありません。

自分ではうまく表現できなかった自分の感情を
ルミコさんの文章に見つけては
「そうなのよぉ~」と当時の自分を思い出し、涙したことも度々ありました。
陰ながらルミコさんを応援していました。

以前、
「物事に諦めがつくのに3年7ヶ月かかる」
という文章があったかと思います。
もうすぐ、その3年7ヶ月ですが
その前に気持ちの整理はつきそうです。
今の自分にとても満足して過ごしています。
一緒にチャレンジしてくれた夫と共に
穏やかに過ごせる毎日に感謝しています。

日々に感謝しながらシアワセノカタチを見つけているルミコさんを、
これからも応援しています。

投稿: 303030 | 2012年2月21日 (火) 15時37分

お疲れ様でした。今回の結果、残念でなりません。
今は、万感の思いでいっぱいでしょう。やめどきは難しくどこかで幕を引かなければという気持ち、いたいほど分かります。でもなんとなく再開もありです。今後また子供のことを考えてしまうこともあると思います。その時には「あの時最後と決めたから」にとらわれることなく気持ちのままにできることを祈ってます。

投稿: きらきら | 2012年2月21日 (火) 15時39分

長い期間の治療、お疲れさまでした。不妊治療は治療の期間や内容とは関係なく、うまくは言えませんが、不思議な霧に包まれたような世界に一人で迷い混んでいるようなそんな日々でした。そんな日々にるみこさんのやさしく包み込まれるようなブログを読むことが大好きでしたよ!どうか旦那様と末永書く御幸せに。

投稿: ちっち | 2012年2月21日 (火) 16時53分

いろんな意味でお疲れ様でした。
なんだか、全てが終わってホッとしたってことないですか? 私はそんな感じでした。
望んでも努力してもどうしようもないことってあるんだなぁと...なんか力が抜けちゃいました
結局、私と二匹のわんこの家族になっちゃいましたが、二人の母親という気はぜんぜんなくて、でも愛しいわんこには変わりなく...ん~、なんて言ったらいいんだろう???
治療を終わらせてからは、なんかのんびり毎日を過ごしています。

また思い出して胸がキュンとなることもあると思いますが、治療を終わらせたことを後悔することはないと思います。

それはもうやるだけのことをやって、それでもどうしようもない処までやったから...ね

ルミコさんも、そんな心境なんじゃないかなぁと思います。

このブログに出会えたこと、とっても勉強になりました。
素敵な文章を綴られるルミコさんなので、
できればまた、違うテーマのブログで続けていただければいいなぁと思ってます。

今まで本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

投稿: kurosuke | 2012年2月21日 (火) 19時25分

ルミコさん、お疲れ様でした。

判定日はこのブログ見てる方皆が、
願っていたと思います。

ルミコさんはもぅちゃんと前を向いて
進んでいるのですね☆
最後まで素敵すぎます。

失ったものは何もなく、昨日の続きがここに・・・

ほんと、その通りですよね。
その言葉、治療ライフ始めたばかりの私ですが

グッときてウチの2匹のワンコ抱きしめました。

私も、後悔の無いように頑張っていきます♪

これからのシアワセノカタチも
楽しみにしています♪

投稿: はなくろ | 2012年2月21日 (火) 20時35分

ルミコさん、長年の治療お疲れ様でした。
治療しはじめた時期も近く、最初のクリニックも同じ、家も近所だった者です。今は1歳になる娘がいます。
コメントはしてませんでしたが、ずっと気になり読ませて頂いてました。
これからは、治療から解き放たれて、より自分らしく楽しく生活して下さいね。ワンちゃんを含め、ルミコさんは素敵な仲間に囲まれてるから、心配ないですね。

投稿: ジェイ | 2012年2月21日 (火) 21時09分

ごぶさたしてました。

お疲れ様でした。たくさん勇気をくれてありがとうございました。

このブログはもうやめちゃうのかな?せっかく出会えたので、またここで会いたいです。

ルミコさんとそのまわりの人が今よりずっとずっと幸せでありますように。

私はちょっと今壁にぶち当たり中です。(笑)
でも私なりにやってみようと思います。

投稿: きな | 2012年2月21日 (火) 22時28分

書き込みするのは初めてですがずっと読んでました。

ルミコさんの書く文章は本当に知的で素敵で、このブログが大好きです。元々は内容が自分の知りたいことにマッチしたから読みはじめたのですが、段々とルミコさんのファンになりました。

私は大した文章が書けません。でもどうしても今回だけはコメントしたくてのこのこ出てきてしまいました。

本当にお疲れ様でした。遠くからではありますが、ルミコさんのこれからが幸せに輝くように心から願っています。

投稿: ぶにゃ | 2012年2月21日 (火) 23時08分

ルミコさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。茨福、です。

まずは、何よりも先に伝えたいです。
長きに渡る不妊治療、お疲れ様でした。
そして上から目線の言葉になりますが、あえて言わせてください。
よく頑張りました。
偉かったですね。

私はルミコさんが記してきたこのブログが大好きです。
どなたが書いていましたが、このブログには風景が見える、と。
私もそう思います。
吹いている風を感じられます。
その風は北風であったり、春の桜が舞う優しい風だったり。夏の生ぬるい風やそして無風の時も。
でも、どんな風が吹こうともルミコさんは歩いてきたんだとそう思います。

私はもうしばらくこの風に向かって歩いていこうと思います。旦那が隣にいれば、私はきっと立ち向かえるから。

不妊治療には一区切りをつけましたが、どうかまたルミコさんの別のブログに出会える機会があれば幸いです。
旦那様とワンちゃんたちと末永くお幸せに。

追伸 
今日から初めての『白い弾丸』を体験します。緊張です。うまく出来るかなぁ…。

投稿: 茨福 | 2012年2月21日 (火) 23時09分

ルミコさん

コメント初めてですが、2年前からずっと読ませていただいてました。
ルミコさんより1つ上の44歳です。

どんな状況であっても、その時々、ご自分の気持ちを正直に、言葉に表せるルミコさん。
なかなか出来ないことです。

そんな素敵なルミコさんには、子どもを持つ人にはない、違うカタチのシアワセがあるのでしょうね。

布団にくるまって泣いてばかりの私ですが、少しでもルミコさんを見習って、前を向いて歩いて行きたいです。

お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。

投稿: 梢雪 | 2012年2月21日 (火) 23時38分

せいいっぱい本気で不妊治療と向き合った時間・・・それは結果がどうであれ人生の宝物です。これからも続く人生がもっともっと深く澄んだものになると信じています!本当にお疲れ様でした!

投稿: のんこ | 2012年2月22日 (水) 00時34分

コメントはしてませんでしたが、胚移植のこととても気になっていました。以前は落ち込む私に優しい言葉をありがとうございました。私はなんとなく治療はやめてしまいました。

なのでいつもいつもコメントを書き込もうとしては出来ませんでした。
治療のことなどではわかりすぎることが多すぎて、いろんな思いがぐるぐるしてしまって言葉になりませんでした。

治療の結果は残念でなりませんが、これからもルミコさんやルミコさんを取り巻く人々が幸せでありますように願っています。
私も今はまだまだなんとなくですが、子どものいない人生を元気に過ごしていきたいと思います。

投稿: シロネコ | 2012年2月22日 (水) 01時16分

ルミコさん。
本当に長い間、治療お疲れ様でした。
私も、文章を読みながら心がきゅーっと痛くなりました。
私は、死産で赤ちゃんがいなくなってから一年が経ちました。
その後なかなか授からないでおりますが、月の半分は普通の精神状態ではいられずにいます。
私なんかまだまだだ!ルミコさんは、もっと長い間頑張って痛い治療も、辛い気持ちとも戦ってるんだから!と、勝手に励みにさせていただいていました。

ルミコさん、でもどこかで諦めない気持ちが残ってたら奇跡が起こる!って事があるといいですね。
これからは、心穏やかに過ごせますよう祈ってます。
ルミコさんの書く文章が本当に大好きです。どこかでまた、書く事があれば又読者になりたいと思っています。

投稿: モココ | 2012年2月22日 (水) 07時40分

久しぶりにコメントさせていただきます。ゆのです。

4回目のIVFも玉砕した後、しばらく治療を休むという選択をやっとすることができ、自然にできる奇跡をまだ信じて一年余り治療から遠ざかっています。
治療のまっただ中でも、治療してない期間でも、そこに揺れ動く心の機敏をルミコさんの言葉に同感、共感しながら、過ごしていました。
コメントへの返事でルミコさんに元気づけていただいたこともしばしばでした。
ありがとうございました。

心の筋肉がとても鍛えられましたよね〜ヽ(´▽`)/

どんな薬を投与しても動じない自分の身体の健全さを実感しましたよね〜ヽ(´▽`)/
←改めて親に感謝した程でしたね〜。

手に触れられるものは何も得てないけれど、
お金はたいそう失ったけれど大事なものは失うどころか、得たんじゃないかな…と思えています。

ルミコさん、お疲れさま、ありがとう。

投稿: ゆの | 2012年2月22日 (水) 08時06分

ルミコさん、治療お疲れ様でした。
皆さんも言われてますが、ルミコさんにはホントいい結果が出ることを祈ってました。残念でなりません。
人間、努力すればだいたいの物は手に入る。手に入らないものは人の心くらいかと思っていましたが、妊娠することがこんなにも大変で、どんなに努力しても叶わないこともあるなんて、私もこの不妊治療を通して学びました。
治療はもうされないと思いますが、もしかしたら自然妊娠ってこともなくはありません。
やさしい旦那様、かわいいワンコ達と過ごしていくのがルミコさんなりのシアワセノカタチなのかはわかりませんが、ルミコさんの幸せを心から願っています。

投稿: リオ | 2012年2月22日 (水) 10時59分

ブータンさん>>真っ先にお声をかけてくださってありがとうございます。治療の始めも終わりも、ご夫婦で決めることですから、自信持って続けていいと思います。私は、ここに至る前の半年以上の休憩期間で、かなりクールダウンしていたため、元の世界が今は輝いて見えます 気持ちよくゴールまで走れますように。

りすさん>>ブログの世界でも、たくさんの方が気にかけてくれて、ルミコは幸せ者だったと思います。現実世界でも、皆勢揃いでニコニコしながら私の帰りを待っていてくれています。ワンコはずっと私に癒しだけをくれて、どんな場面でも側にいてくれました。これからも大切にします

みんみんさん>>確かに、ガラガラと回し続ければいつか当たりが出る福引きみたいに、不妊治療もとにかく継続していくことで望みに近づくのかもしれませんね。私には根性も情熱もいまひとつなんでしょうね。不妊治療は私たちには違ったのかなってなんとなく思っているのです。ちゃんと育てて行くことを考えると、夫が40歳になるまでというのもひとつの区切りにしていました。お言葉、嬉しかったです 他のみなさんの励みにもなるエピソードありがとうございました^^

プータさん>>応援ありがとうございました。まだ開放感とまではいきませんが、とりあえず夫と2人分の買いたいものリストがいっぱいです

チャムさん>>私にとっては、去年の100%成功の採卵が、終わりへのキッカケだったのだと思っています。これでダメなら諦めがつくって思えたので。自分の身体のことは、結局自分が一番的確に感じられるものだと痛感しています。チャムさんに、清々しい春がやってきますように 先のことは皆わかりませんもん!

まりさん>>ホントにワンコはいつでも純粋で、そのときそのときを楽しんでるようで羨ましいです(笑)。きっと先のことを心配に思ってクヨクヨしたりするのは人間だけなんでしょうね〜

りんすけさん>>そう、私も治療で授かる気がまったくしないのです! どんなにハラハラドキドキした経過を辿って、ベストの状態で卵を迎え入れても、何事もなかったようにリセットすると、まあ、なんかそんなもんなんだろうなって もう痛いこともツライこともガッカリすることからも解放されたんだと思うと、今はホッとしています。私って本当に治療が嫌いだったんだな〜って改めて思います

いちごさん>>若い方には、若い方なりの不安や苦しさがあるのだろうと常々思っています。私の年代になると、いろんなライフスタイルが確立していて、今産んだばかりの人もいれば、子供が成人していたり、独身の人もいて、事実婚で仕事のパートナーとしていい関係の夫婦もいれば、子供がいないけれど不妊治療を考えたこともないニュートラルな夫婦もいます。たぶん私は今だから治療ができたんだと思っています。40代の私の言葉が、20代のいちごさんの心にも響いたのならすごくウレシイです。

ハルカさん>>書き続けて来て、良かったなって心から思えました 「ルミコ」としてはもう新たなブログを開設する予定はありませんが、どこかで何かを書いている私を何気なくいつの間にか見つけてくれたらいいなと思います。

しろくまさん>>先生を信じて、希望を持ってドンドン進んで行こうとしている、しろくまさんたちが眩しかったです みんなガンバレ!


投稿: ルミコ | 2012年2月22日 (水) 12時32分

えむえむさん>>そうですよね〜、グレードの良い胚でも着床しないとなると、もう何をやればいいのかわからなくなっちゃいますもんね。かと思えば、グレードが低くても着床するし、子宮外妊娠なんてものもこの世には頻繁にあるわけで、子宮環境って関係あるようなないような……と思います。私は一度も前半にAがつく胚ができませんでしたから、5AAとか4AAとか見てみたかったな〜。このブログはまもなく終わりますが、ルミコじゃない私をどこかでまた見つけてください

ひろこさん>>「妊娠」って、「不妊」って、ズバリ「体質」ですね いろんな負の要因もありましたけど、それでもやっぱり結局は体質なんだろうな〜っていうのが私の結論です。私は、視力も悪くないし、健康上悪いところは何もないし、白髪もまだ出ないし、その他の体質でラッキーなこともいろいろあるので、まあ仕方ないか〜と思うことにしてます

ぱぽるかさん>>もしかして、ぱぽるかさん、陽性出ましたか? なんとなくそんな気がしてしまいました!お気遣いなく報告してください……って、この記事に書けないですよね 私のほうこそ、いつも穏やかで優しいぱぽるかさんのコメントに癒されながら治療を続けてこられました。ありがとうございます 努力だけじゃないものがあるから人生面白いのかもしれませんね。

のんゆかさん>>宝物のような言葉をありがとうございます。これからの私にとって励みになります。またどこかで出会える奇跡を願っています

303030さん>>はじめまして。30代で治療をストップさせられたのですね。今の私が治療をやめることよりも、ずっとずっと苦しい選択だったとお察しします。明日は何があるのかわからないので、今日が昨日が、穏やかに幸せに過ごせたということに感謝していたいですね。夫婦2人とワンたちの生活、私はホントに気に入っています。そこにもうひとり増えたらどうなるんだろう?っていうワクワクを追ってきた日々でした。これからは自分たちのためだけに、時間もお金も使うぞ〜と、違うワクワク感につつまれています

きらきらさん>>お久しぶりですね。新しい生活はいかがですか? きっとパワフルに過ごしていらっしゃることでしょう あの夏から、私は心の整理を始めていたので、今現在は大きな喪失感もなく、治療への未練もなく、とてもニュートラルな状態です。自分の気持ちには嘘をつかずに、そのときどきの気持ちに正直に向かい合ってきたつもりです。これからもそうでいたいです。

ちっちさん>>こんな世界なんだな〜ってこと、私も知ることができて、貴重な4年間だったと思っています。知らないことを知ること、できなことにトライすること、私には新鮮な経験でした。それがすべてじゃないですが、そんな気持ちがあることは確かです。

kurosukeさん>>私は、kurosukeさんの衝撃的な展開にハラハラドキドキしていたひとりですよ〜。穏やかそうなコメントに心底安心しています いつか、治療終了者の同窓会とかあったら盛り上がりそうですね(笑)。たぶん、話は尽きることはないですね。このブログのメルアドは生かしておくので、kurosukeさんこそ、ブログ始めたら連絡ください

はなくろさん>>どんなときでもまったく関係なくリセットする自分は、むしろとっても健康なのかもしれませんね。治療を始めたばかりのころは、どうしてどうしてと自分を責めたり、何か無くしたような気持ちになることも多々あったように思います。だけど、治療はひとつの手段でそれがすべてじゃないので、できることだけトライしていけばいいんじゃないかって思います。

ジェイさん>>お久しぶりです!もちろん覚えています。ジェイさん、ケリーさん、なおちゃん……前のクリニックで同じだった3人は(3人しか居ないところもまた!)、お会いしていなくても心の友のような不思議な感覚です。無事にご出産なさったとのことで、おめでとうございます。あのクリニックでの出産ではないんですよね〜? どうぞお幸せにお過ごしください!

きなさん>>あと少しだけ、ここで過ごそうと思っていますが、春にはお別れかもしれません 普通に不妊と関係なく過ごしていても、壁っていっぱいありますよね。一緒に考えてくれる夫と先生がいるって心強いことだったなって思います。ファイト!

投稿: ルミコ | 2012年2月22日 (水) 13時25分

ぷにゃさん>>はじめまして。コメントありがとうございました。情報として何か提供できていたのであれば幸いです。どっちかというとメンタルに寄った記事が多いので、どうせ私だけダメなんだ〜!みたいな気分になったときには、私の撃沈の記事を読みに来てください

茨福さん>>お久しぶりです! 私が10歳若かったらどんなふうに悩んだのだろうって思うことがあります。諦めても諦めなくても、結果は同じだと納得できる年齢だったことさえ、だから耐えられたのかなって思ったりも。行ける!と思ううちは、がむしゃらに追っかけましょう。
弾丸は、言うほど大きくないので、安心してください。P4は振り切るぐらい出たので効果あるんだと思いますよ〜

梢雪さん>>長い間読んでいただいてありがとうございました。どんな状況でも、その人だけのオリジナルの人生があるんですもん。明日は何があるのかな〜ってのんびり過ごしていくのも悪くないかなって思います。梢雪さんにもオリジナルの幸せのカタチがあるから大丈夫です!ちなみに私は治療前から、見つけてましたよ

のんこさん>>経験しなくてもいいものではあるけれど、これもまた経験値という意味ではすごく意味のあるものだったな〜って思います。結果はパッとしなかったけど、こういうやりとりの日々はとても有意義でしたよ〜

シロネコさん>>私も残念でしたが、残念な予兆って自分が一番わかるから、最後まで希望を持って!ってできないんですよね〜 元気が一番!元気があればなんでもできる!(by猪木) 花が咲こうと咲くまいと、生きてることが花なんだ!(これもまた猪木) 全然プロレスファンじゃないんですが、猪木名言ばっかでスミマセン。

モココさん>>私は、自分の子供の温かさも、自分の身に宿って育っていく感覚も、何も知らないままなので、失う悲しみは知らずにいます。私のブログのことを掲載してくださった「GLOW」という雑誌の3月号の中に、産まれたばかりのお子さんを亡くされて、数年後の今また出産に挑まれる方の言葉が載っています。きっと今のモココさんの励みになるんじゃないかと思います。モココさんに、穏やかな毎日がやってきますように、影ながらお祈りしています。

ゆのさん>>お久しぶりです。不妊治療って、始めるのも勇気だったけど、辞めるほうがやっかいなんだなって思いますよね こんな面白くもないしんどいこと、すぐやめられるような気もするけれど、そういうわけにもいかず……。みんな人生かけてやってるんですよね、尋常じゃないお金をかけて。私も、どんな薬にも動じない健全な身体に感謝して、これから健康に気をつけて、夫より1日だけ長生きすることを目標に(?)頑張ります

リオさん>>人の心は移り気だから、これまたずっと一緒に……っていうのも難易度が高いことなのかもしれないですね〜。自分の出来る限りのことをしてみたけれど、どうにもならないこと。そういうことも妊娠出産以外にもっともっとあるんだと思います。得られないことよりも、失うことのほうが私にはつらいことのように思えます。自然妊娠なんてことが万一にも起こったら、さりげなくルミコがここで報告するでしょうね(笑)。ないだろうけど。

投稿: ルミコ | 2012年2月22日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 判定日の朝。 | トップページ | ルミコの任務。 »