« ルミコよりご報告。ラスト。 | トップページ | 私とあなたのシアワセノカタチ。 »

お別れの時間です。

「子供とは関係のない、かかりつけの病院があったほうがいい!」
と、夫に言われ、なるほど、それもそうだなと。

散々今までシモの機能をフル稼働させてきたのだもの。
心配事はこれからも襲ってくるかもね。
最初に通ったクリニックは、不妊専門じゃなくて、すごくステキな先生だったけれど、さすがにあそこには戻れそうにないわ 先生もカルテ振り返ってガックリしそう。

治療中もホルモン補充で出血しやすく、少し気になる不正出血もあって年に一度の子宮ガン検診も兼ねて、見ず知らずのレディースクリニックへ行ってみました。
ああ、こんな世界もあったのか……と、思いました。
男性の付き添い禁止で、女医指名制、ホテルのようなキレイな院内と受付嬢。

初診受付の電話口で「今回は男性の医師が担当になりますが、今後は女医を希望されますか?」と聞かれる! なぜか、勢いにのまれて「はい」と言ってしまった(笑)。
郷に入っては郷に従えなのか? と。

内診と検査をして、お馴染みのソフィアAを10日分貰って初診は終了し、昨日は検査結果を聞きに行く日でした。
担当は、イケメンの男性医師のように見える女医さんで(笑)。
「子宮ガン検査の結果は陰性でまったく問題ないです。不正出血も薬でだいたい止まればそれでOK。超音波を見たところ、筋腫もポリープもなくて子宮もキレイだし、卵巣も腫瘍みたいなものもなくてとってもキレイよ。今後も出血が気になるようなら、ホルモン剤で止めるっていうことになるけど、まあうっとおしくなければ、そのままでもさほど心配ないわ」

筋腫もポリープも腫瘍もないのは、知ってたけれど、改めて言われると少し嬉しい。褒められるとこがあんまりなかったからね。ハードルが低いんですよ。
「生理が飛んだり、排卵期に出血したりっていうのは、うまく排卵してないってことですよね。もうすぐ閉経っていうサインですか?」
と、聞いてみた。

「閉経にはちょっとまだ早いわよ。それよりも、あなた結婚もされててお子さんいらっしゃらないみたいだけど、もしこれからお子さん欲しいって思うなら、ホルモン剤で排卵止めたりしている時間はないわよ。すぐに動かないと。そのへんはどうなの?」

えええー? 今から?
なんか振り出しに戻されたみたいで、ちょっと笑ってしまい、
「あ、それはもうやり尽くしたところで」と、言った。
女医さんは、「わかった!」と、皆まで言うな!という感じでニコっとして、「じゃあ、気になるようならまた薬を出しますから、何かあったら来てください」と言った。

お会計窓口で受付嬢に「これで今回は終了となりますので、また何かございましたらおいでください」と言われた。歯医者で治療が終了するときみたい。
今までは、何かが終わっても「じゃあ、生理が始まったら3日目に来て」とか、延々とループする日々だった。どれだけ心が砕かれても、すぐに次のことを考えなければいけなかった。
自分で動く歩道から飛び降りない限り、ずっとずっと先生に頼っていくこともできた。それは、とても心強いことでもあり、苦しいことでもあったような気がする。

こうやって、いろんなことは過去になっていくんだなと思う。

さて、そろそろお別れの時となったようです。
昨日、単行本が発売になり、私の中の「ルミコ」の任務を終えました。
これまで何度となく勝手に登場していた私の友達たちに、ブログの存在と書籍化のことを一斉に伝え、母にも送本し、私と「ルミコ」の一体化作業も終えました。
「公に書けない気持ちを綴っていたブログなんだよね? 書籍化でまたイチからそのころの思いと対峙して、えらかったね!ナイスファイト!」
と、やっぱり気の利いた言葉をかけてくれる友達たちのもとへ、ダメだったよ〜と白旗を振りながら私は帰ります

昨日の今日で、まだ本を読み終えていない方がほとんどだと思います。皆さんの感想を最後に聞きたい気持ちもあるので、しばらくたったら、最後の御挨拶にやってきます。
その記事をもって、「シアワセノカタチ」を完結とさせていただきます。

単行本の感想などをご自身のブログに書いてくださって、ルミコが訪問してもOKであれば、コメントに伺いたいと思いますので、メールやコメント欄でお知らせいただければ嬉しいです。
カテゴリーについては、ランキングも外れる予定ですが、いきなり消えると更新情報が探せないと思いますのでひとまず40代ゾーンで1本化しておきます。

シアワセノカタチ 39歳からの不妊治療

新品価格
¥1,300から
(2012/8/2 09:11時点)


↓本当に長い間、応援ありがとうございました!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

|

« ルミコよりご報告。ラスト。 | トップページ | 私とあなたのシアワセノカタチ。 »

不妊治療終了後の気持ち。」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
いよいよこのブログも終わってしまうんですね周期が重なるときもあったルミコさん。私のような若輩者にも温かい言葉を下さって、本当に感謝感謝です。
私はまだゆるゆると過ごしている日々ですが、来年にはまた活動し始めようかな!!!?と重い腰と相談中です(笑)
書籍化された本はまだ読んでいませんが、今までずっと読んできたブログなんで・・・想像するだけで涙が出そうです。これでお別れというのも少し寂しいですが・・・。でも、いつかまた出会えることを信じて

投稿: あぃ | 2012年8月10日 (金) 13時57分

コメントはご無沙汰してましたが、ブログは必ず拝見してました。
この度は書籍化、おめでとうございます。経歴を拝見して『やっぱり!!』と思いました。
ブログの文章にぐいぐい引き込まれた理由がわかりました。
シアワセノカタチ以外のご著書も入手して私もことばを学びたいと思います。
『ルミコ』さんのブログを読むことが楽しみだったので、完結の文字に涙が出そうです。本音言ってもいいならずぅっと拝見していたかった。(旦那さまやお母さまのファンでもありました)
ルミコさんのこれからの日々が笑顔溢れる素晴らしいものになりますように。
お元気で!

投稿: NAO | 2012年8月10日 (金) 16時11分

初めてコメントさせていただきます。
出版おめでとうございます&長い間お疲れさまでした。

2度のAIH失敗後約一年休んでいた不妊治療を再開しようか、転院しようか悩んで色々検索するうちに3日前にこちらにたどり着きました。

「分かる分かる」と共感しながら読み進めるうちにすっかり「シアワセノカタチ」の虜となってしまいましたので、出会ってすぐにお別れの時間がきてしまったことが残念でなりません。

「シアワセノカタチ」のおかげで、転院して不妊治療を再開しIVFにステップアップする気持ちが固まりました。気が変わらないうちに今日新しい病院で診察を受けてきました。

これからも悩んだり心細くなったときはこちらに勇気と元気をもらいに来ようと思います。

ルミコさん、素敵なブログをありがとうございました。感謝しています。

投稿: うさこ | 2012年8月10日 (金) 17時10分

私もコメはご無沙汰していましたがブログが更新されるのを心待ちにして読んでいました。
ブログ本当に終わってしまうのですね(泣)
悲しいけど仕方がないですね(泣)
ルミコさんの事ずっと応援していました!子供さんは授からなくて残念でしたがワンコ達と旦那様と仲良く幸せに暮らしてくださいね~。
ルミコさんお会いしたことないけど、本当に寂しくって涙が出ました(泣)

投稿: バロンママ | 2012年8月10日 (金) 17時14分

ルミコさん、こんにちは。
今日、本屋さんで書籍をゲットし、Part 3までとPart11を読んだところです!ブログをずっと拝見していたので初めて読む訳ではないはずなのに、紙面上で活字になるとなんだか新鮮な感じがしますね。漫画ではクスッとさせられますし(^-^)。そして、やはり涙がこぼれてしまいました…。 

ブログ上だからこそ極めてプライベートな治療内容や心理状態を綴ってこられたのだと思いますが、それを書籍化するとなると相当の葛藤があり勇気が要ったことと想像します。私なんて、治療関係のことを率直に話していたのは、母と治療経験者の友人一人とルミコさんだけでしたから(!)。これからの女性たちが少しでも辛い思いをしなくて済むよう、伝えたいことはたくさんあるのですが、なかなか実際には行動できないんですよね。このルミコさんの書籍のおかげで、不安や疑問を抱いている人たちが随分と救われると思います(^-^)。私がそうであったように。

コメントにはいつもご丁寧に温かく返信してくださり、本当にありがとうございました。「ルミコさん」とはお別れになってしまうのが寂しくもありますが、これからも素敵な人生を歩んでいかれることをお祈りしています!どうかお元気で。

投稿: ぱぽるか | 2012年8月10日 (金) 17時23分

あぃさん>>あぃさんとはAIHの痛さを分かち合えて、とっても心強かったですよ〜。4年の間にモルガンもなくなって(笑)、時間過ぎましたよね。私も、こうして返信するのも最後なのかと思うと寂しい気持ちになってしまいますが、あぃさんの思いが届く日が来ることを心から祈っています 今までありがとう!

NAOさん>>NAOさん、ありがとうございます。不妊治療の日々はしんどいことが多かったけれど、自由に文章が書けることの楽しさを思い出すことができました。こうやってお話させてもらうこともまた楽しみだったので、私も寂しい気持ちでいっぱいですが、またどこかでお会いできるといいですね。NAOさんもどうかお幸せに!!

うさこさん>>はじめまして。AIHのエピソードがとにかく豊富なブログなので、検索には引っかかりがちなのです 情報としてはあまり参考になることはなかったと思いますが、ダメだったときも気持ちはこれからもたくさん共感していただけるかと思います。しんどくなったら遊びに来てください。うさこさんの新しいスタートを応援しています

バロンママさん>>長い間、読んでいただいてありがとうございました。そして、応援してくださって嬉しかったです。治療の結果としては残念でしたが、新しい何かを探して進みます バロンママさんもどうかお元気で!

ぱぽるかさん>>購入ありがとうございました どんな形でも救われる人が居るのなら、やっぱりこれが私に与えられた役目だったんだと思います。PART10あっての11なので(笑)、次は順番に読んでいってください 
ぱぽるかさんの、いつも穏やかであたたかなコメントに癒されていました。これからの新しい生活に不安なこともまだまだあると思いますが、1日1日を大切に、図々しいことを言えば、私の分も存分に待ち望んだ育児ライフを楽しんでくださいね ぱぽるかさん、どうかお幸せに!

投稿: ルミコ | 2012年8月10日 (金) 18時06分

泣けて先が読めません(爆)。
入手したばかりで読み終わっていませんが、
読み終えたころには涙でページが波打ち、分厚くなりそうです。

私も休憩したままの日々を漫然と過ごしておりました。
どちらにせよ現実と向き合おうと思います。

長い間素敵なブログをありがとうございました。
大好きでした。

投稿: うー | 2012年8月10日 (金) 22時40分

楽天で予約していた「シアワセノカタチ」昨日届きました!
嬉しかったけどやっぱり切なくて、とりあえずエピローグとプロローグを読んで本棚にしまってしまいました
同じく39歳で治療を始めた私・・・色んなことがルミコさんとリンクしていて、読めばきっとあの頃の気持ちがよみがえってくるでしょう。
過去の痛みを掘り返すような作業はルミコさんにとっても本当に大変なことだったと思います。
お疲れ様でした!
私も自分の気持ちを少しづづ整理しているところ。いつか晴れ晴れとした気持ちでルミコさんの本が読める日が来ると思います。
ありがとうございました。

投稿: さやり | 2012年8月11日 (土) 16時54分

ルミコさん、こんばんは。

昨日、書籍届きました。
皆さん同様、涙でなかなか前に進めず(^_^;)

マンガも素敵です♪
笑えて泣けます。
マカロンのお友達、ほんと素敵すぎます!


今週初めに凍結胚移植してきまして、判定待ちの今、まさに生殺し状態でキツいです…


バレー女子が銅メダル獲得できたら、私は妊娠してるはず!と自分の中で勝手に決めて応援してましたが、実は全くそんな気がしてません(笑)


ルミコさんともっとお話したいですが、ブログをやってないので残念です…

それから、ルミコさんの他の書籍にも興味津々です♪

お名前明かして下さってありがとうございます。

投稿: ひろこ | 2012年8月11日 (土) 22時59分

初めまして。これから不妊治療を開始予定です。
ブログも拝見させていただき、本も読ませていただきました。
これから踏み入れようとする不妊治療の現実に向き合う勇気をくれてありがとうございます。

投稿: yukari-tan | 2012年8月12日 (日) 20時58分

今日、本が届きました ~
今すぐにでも読みたいのですが、今週は仕事が忙しすぎて無理...

ゆっくりじっくり読みたいから、今度のお休みは、この本の為にとってます

なので、もうしばらく、コメント欄はあけておいてくださいね

投稿: kurosuke | 2012年8月12日 (日) 21時38分

ルミコさんはじめまして。
初めてコメントさせていただきます。
2008年からずっと読ませていただいていました。
当時私も治療をしていました。色々調べるうちにルミコさんのブログにたどり着き、勝手に一喜一憂していました。ルミコさんの文章がとても好きです。お別れのときが来てしまうのはとても残念で淋しいです。なんてコメントしようか何度も書きかけては消しの繰り返しで…やっと今日送信することができます。
書籍も昨日届きましたが、なんだか色々思い出してまだ読めていません。
私は色々ありましたが、もうすぐ3歳になる男の子の母になりました。
ルミコさんとご主人とワンコ達のシアワセノカタチがキラキラ輝くものになりますように。
ありがとうございました。

投稿: マサワコウ | 2012年8月15日 (水) 00時19分

2009年にこちらのブログにめぐりあってから、ずっと読み続けていました。ルミコさんの言葉を読むことで満足してしまっていて、今までコメントはしていなかったのですが、「お別れの時間です。」というタイトルがなんだか寂しく感じられてコメントしたくなりました。
ルミコさんのぶれない文章が好きです。そして、意地悪なコメントにも、ユーモアを織り込みながら丁寧に答えているところから、筋の通った考えを持つ素敵な女性だろうなと勝手に想像していました。
どうぞご主人とワンコちゃんたちとお幸せに
私も、他の方が書かれているように、他にも書籍があるのであれば、ぜひ読んでみたいです。
コメントが本の感想ではなくてごめんなさい

投稿: マサコ | 2012年8月15日 (水) 03時18分

ルミコさん、ブログの書籍化、出版おめでとうございます。
コメントはあまり残したことがなかったですが、ちょくちょくブログはチェックしてました。
このブログが終わってしまうと、寂しくなります。
これからブログ上でルミコさんの近況を知る事はなくなりますが、きっとふとあのルミコさんはどうしてるかな?って考えることがあると思います。

ルミコさんの更なる仕事面でのご成功と、旦那様+2ワンコとの幸せをお祈りします。

投稿: 蘭子 | 2012年8月15日 (水) 12時35分

ご無沙汰しております。
治療を終えられても更新されていたので安心していたのですが、ついにこの時がやってきましたか
ブログから溢れるルミコさんのお人柄に魅せられておりました。
とても残念ではありますが、またいつか、違うカテゴリーでお会いできる日を楽しみにしております。
素敵なブログを今までありがとうございました。

投稿: チャム | 2012年8月17日 (金) 14時50分

初めまして。
2009年の病院再スタート時より、ルミコさんのブログは拝見していました。
今、IVFに進むためにお休みしていますが、本当にそれでいいのか悩んでいます。このまま、夫婦2人の生活でもいいのではないのか。でも、旦那をパパにしてあげたい。ぐるぐると毎日を過ごしています。
先日、本を購入して読んでいる途中です。自分の思いとリンクすることが多く、同じところを何度も行ったり来たり

ルミコさんのブログに出会えたことよかったと思います。ありがとうございました。
読み終えたら、本のことブログで書けたらと思います。

投稿: み~ちゃん | 2012年8月17日 (金) 15時28分

ルミコさん。

一昨日、恐怖の判定日でしたが結果は陰性でした…

かなり凹んだので、その勢いで(?)ブログを開設してみました!

気が向いたら遊びに来ていただきたいですが、どうやってお教えしたらいいか分かりません(^_^;)

投稿: ひろこ | 2012年8月18日 (土) 15時21分

こんにちわ。
シアワセノカタチ、読みました。
感想をブログのコメント欄に、書きますと言ってからルミコさんのブログが、消えていましたのでショックを受けていました。
本の裏側に、アドレスが載っていましたのでそれからたどってやってきました。
感想、、、泣きました。

最後のルミコさんが、名前を明かされたのを見て。

初めてでした、人の名前で泣いたのは。
ルミコさんのブログで共感する所がたくさんあり、そうだ、そうだよねえ~・・なんて読んでいましたが、名前を見た瞬間、本当の存在感を感じてしまいました。そこに、この人がいたんだと。
本当の、本当の人間だったんだ、この人は存在していたんだと(当たり前ですが)涙が止まりませんでした。

何が言いたいのか、私にもわかりません。
意味不明な感想ですね^^。
私も、ブログを書いていますが色々な理由で、削除をしてしまいます。
でも、最近また、復活をしてブログ書いています。
以前に、そちらにブログのアドレスを載せていたことがありますが、アクセツが1日で1000を超えた事があり、驚いて削除をしたこともあります。
2ちゃんねるで、宣伝をしてくれている人?がいて、それが原因でした。
ルミコさんのブログの影響力はすごいですね
私も、ルミコさんに私のブログにきてもらいたいなあ、と思ったりもしますが、ここには載せられません。
残念。
また、違う形で、ブログを書いて下さいね。
一ファンとして、読んでいたいです。
あっ、他の著書も購入して読ませてもらいます。
その本の感想・・も、又読んだ後書いて送ります。
では、又^^。

投稿: ブータン | 2012年8月19日 (日) 01時30分

はじめまして。「卵巣年齢」で検索していたらここに辿り着きました。ブログもざっと目を通し(後でちゃんと読みます!)、絶望的な気分の時でもユーモアを忘れないルミコさんの文章にぐいぐいと惹き込まれている最中です。
差し支えなければ一つ教えて頂きたいことがあります。「お別れの時間です。」でルミコさんが診て貰ったレディースクリニックです。ここ、どこでしょうか? 私も自分の卵巣年齢というか、自分が産むことの出来る体かどうかを知りたいと思い、大学病院に行ったところ、「あなたの年齢ではもう……」とバッサリ言われたり、「未婚の人は……」と、そもそも相手にされなかったり。。。
そんな風に言ってくれる先生もいるんだな~と羨ましくなり、私も診て頂きたくなりました。はじめてコメントするのに厚かましくてすみません。よろしくお願いします!

投稿: マリコ | 2012年8月20日 (月) 21時14分

うーさん>>10日が過ぎてしまいましたが、その後最後まで行きましたか〜? 私は本の形になるまでに何度も何度も校正で読んでるのですが(と、いう前に自分で書いてるわけですが)、本の形になって読むと涙で先に進めません 雰囲気に負けてるのかしら。うーさん、長い間このブログにお付き合いいただいてありがとうございました! 

さやりさん>>購入ありがとうございました プロローグからいきなりエピローグですか! どちらも場外ですね 確かに過去の気持ちを思い返すのは本当にしんどい作業でしたが、案外同じことを繰り返し呪文のように書いていたりして、ルミコの心の揺れがどんなだったのか改めて知ることができました。つらい本だとは思っていないので、ぜひ本文も読んでくださいね〜。さやりさんもいっそ、ルミコと一緒に泣いてデトックスしちゃいましょう! 泣いても泣かなくても明日のことはわかんないですもん。ファイトー!

ひろこさん>>今の昼ドラ、案外面白くなってきましたよ(って、まだその話してます)。今回の結果は残念でしたけど、その勢いでひろこさんとお話の場ができたことは嬉しいです。カテゴリーがズラっと並んでいるところの下に、「プロフィール」っていうところがあって、そこからメールが送信できるんで、よかったらブログアドレスお知らせくださいね。もし、送信できないようでしたら、こちらからメール送りますので、コメントください!

yukari-tanさん>>はじめまして。本も購入してくださってありがとうございます 不妊治療は本当に結果はそれぞれなので、ルミコのたどり着いた結果に惑わされず、自分でできると思うことにトライしていってくださいね!yukari-tanさんガンバレー。

kurosukeさん>>購入ありがとうございます お盆明けたんで、そろそろお休みゲットかしら? kurosukeさんが来るまでコメント欄あけて待ってますよ〜

マサワコウさん>>はじめまして。コメント&本の購入ありがとうございました ブログ開設当時から読んでくださってたんですね。出産されてからも気にかけてくださってありがとうございます。マサワコウさんにとって、不妊治療はつらい思い出だけじゃないですよね? 今の幸せをもっと大切に思えるように、本になるにあたり願いを込めておきましたよー。ぜひ読んでくださいね。

マサコさん>>はじめまして! コメントありがとうございます 本にする作業をやりながら、私のまわりにはぶれない人がたくさんいて、そんな人たちの言葉に支えられてきたんだなっていうことを再確認しました。意地悪なコメントも、それでも文章をちゃんと読んで面倒な活字にする作業をしてくれたんだと思うと、こんな個人的なことなのに気にして貰ってスミマセンという気持ちになります
他の書籍については、電子書籍にもなっていますので、スマホでしたらアプリで検索していただければ一番リーズナブルかなと思います。

蘭子さん>>私も蘭子さんの近況を知る場がなくなってしまうので、寂しいです。妊娠、出産……追いかけるのが怖くなるときもありますよね。その後、養子をお迎えになる準備を進められていたんですよね。うちは2匹目のワンコがオテンバで休まる時がありません 蘭子さんご夫婦にもよいご縁があることを祈ってますよ〜。

チャムさん>>ご無沙汰してます 「ルミコ」は私の中の不妊担当だったのですが、本名を明かした以上はもう必要がなくなってしまいました。私の想いは本に全部収納したので、これで良いのです! 寂しいですが、これまでチャムさんにはたくさん声をかけていただき感謝しています!

み〜ちゃんさん>>長い間、読んでいただいてありがとうございました! 本も購入してくださったんですね もしブログに感想を書いていただいて、読みに行ってもよければメッセージかコメントくださいね み〜ちゃんさんとご主人が望む未来が待っていますように、応援しています

ブータンさん>>こんにちは! 本読んでいただいてありがとうございます。それから「赤ちゃん待ち」ランキングから消えてしまってスミマセン!「高齢」のほうには居ますので! ご面倒かけてごめんなさい 
そうなんです、ブータンさんが書かれているような理由で本名を出すことにしたんです。「ルミコ」だから書けていたことでもあったので、かなり深く悩んだことでしたが、本の形になったときに「ルミコ」で終わったらリアリティがない!と思ったんです。結局、不妊治療のことは隠したいことだったの? と自分に問いました。渦中にいたときは、身近な人たちを心配させたり気を遣わせたりしたくなかったけれど、もう終わったことならいいではないか、と。
最終的には夫と、夫の親友が私の背中を押してくれて、あのような形になりました。
一応、本を最後まで読んでくださった方に向けているので、ここでは実名は伏せさせてくださいね
でも、ルミコは実世界で確かに存在していたので、安心して(?)くださいね。

それから、ブータンさんのブログにもご迷惑をかけたようでスミマセンでした こちらにリンクは貼れないと思いますが、良かったらメールなどでお知らせくださいね(カテゴリー欄の下のプロフィール欄からメール送信できます)。御挨拶にうかがいますので。

マリコさん>>はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます ご質問の件ですが、お答えはできるのですが、クリニックにご迷惑がかかるといけませんので、本文やコメント欄で諸々の実名は伏せております。メールでお答えはしているので、よかったら、プロフィール欄のところからメッセージをくださいね。ですが、このレディースクリニックは卵巣年齢は測れないと思いますし、不妊治療もできません。どちらかというとその真逆の人が対象というか 生理不順や不正出血や検診など一般的な婦人科の相談には乗って貰えると思いますよ。その後不妊治療をご希望でしたら、不妊専門クリニックのほうが良いのかな? とも思います。今時の専門クリニックは年齢だけでバッサリっていうことはあまりないので(マリコさんの年齢がわからないのですが)。いまひとつのお返事でスミマセン!

投稿: ルミコ | 2012年8月21日 (火) 15時55分

ルミコさん 
お久しぶりです。

以前、ワタクシの妊活真っ只中の約3年間、たびたびブログにお邪魔していましたゆのです。

日々の心の機微を綴られるルミコさんの文章に、共感したり、同意を得たり、意見を異にしたり、いろいろでしたが。
私自身の気持ちの揺れになんとか折り合いをつけながら過ごしていた頃を思い出します。

私は体外授精を4度行った後、人為的な治療から離れ、“自然の奇跡を待つ”ことを積極的に選択して、約2年になります。未だに奇跡は訪れませんが。
どんな薬や処置にもびくともしなかった健康体をありがたく思いながら、人を育てる充実した仕事や、夫との心安らぐ生活を過ごしています。

まだまだ気持ちの整理や超越はできてなくて、
未だに他人がする自分の子供の話ほど興味がなくむしろ不快になる話はないし、不妊治療の末授かった人の苦労話も聞けません・・・。避けていれば大丈夫ですが。

ルミコさんが治療から離れられたことも、まるで妹(ワタクシ、ルミコさんより1つ年上なもので勝手に・・・)が生き方を選択したことのように感じ、ウルウルしたりあーそんなんだーと思いながら拝見してました。

この度、著書を発行されたとのこと。
さっそく書店で探したいと思っていますが、今の自分が読めるかどうか、心配もあります。

ルミコさん、今までどうもありがとうございます。
お元気で。
これからの貴女のご健康とおシアワセを心から祈っています。

投稿: ゆの | 2012年8月22日 (水) 07時37分

読み終わりました。
もう、胸が詰まって言葉にならないくらい切なかったです。
ちょうどルミコさんの後を追いかけながら治療を続けた4年間でした。
私にもルミコさんのような文才があれば、今の気持ちを誰かに聞いてもらえるのにと思いながら続けた治療生活。
夫婦で力を合わせて挑む治療のはずが、蓋をあけてみれば一人で戦地に向かっていた感じ...
それでも、ルミコさんのブログに導かれながら、いろんな事を消化した日々。
色んな思いが蘇って来ました。
これからもこの『シアワセノカタチ』は残しておいて欲しいと思います。
まだまだ治療に戸惑ったり、悩んだり、模索中の方々のために、
道しるべとして、残してあげて欲しいと思います。
本当に今までありがとうございました。

これから更新がなくなるのは淋しいけど、
新しい『シアワセノカタチ』を実現してください。

私も私の『シアワセノカタチ』実現に向けて頑張ります!

ルミコさん、さようなら。

またどこかで新たに出会えますように。

投稿: kurosuke | 2012年8月22日 (水) 10時32分

ルミコさん、初めまして。
長い期間の治療と書籍の出版作業、ほんとうにお疲れさまでした。
私は妊活歴2年、治療歴1年、ルミコさんのブログを拝見し始めて1年の35歳です。
ダラダラとタイミング治療をしていましたが、先月AIHにステップアップし、期待を胸に判定を待ちましたが残念ながら陰性に終わりました…。おかげで(?)このお盆はお出掛け三昧できましたが…。
廻りに不妊に関する事を相談できる人がいないので、ルミコさんのブログだけが唯一心の支えでした。リアルタイムで読めなくなるのは寂しいけれど、書籍を常に側に置いて、今後の支えにさせていただきます。
本の感想じゃなくすみません…
ルミコさん、どうかお元気で。お幸せに。
今まで支えになってくれてありがとうございました(;_;)

投稿: ひまわり | 2012年8月22日 (水) 10時56分

ルミコさん、こんにちは
この度は、ご出版おめでとうございます。

昨年暮れに治療デビューし、一度だけコメントさせていただいた者です。
結局いまだ妊娠には至っていません。
今できることを前向きにと思う一方、夫と二人だけで生きていく未来もあるのだと、その覚悟をしておかなきゃと思う自分がいます。
ルミコさんの綴るご主人との日常は、「大丈夫」と私に安心感をくれます。
「悪しきサンプル」なんかじゃなく、「心の持ちようのバイブル」として、これからも折にふれて読んでいきたいです。

今、夫に本を読ませています。
私がどんな気持ちで治療に臨んでいるか、私が伝えるよりルミコさんの言葉のほうが伝わると思って。
夫は「ここ最近で一番泣いた。泣けてしまって、少しずつしか進まない。」と言っていました(笑)
夫のその言葉だけでも、わたしは少し報われた気がするのです。

ルミコさん、ありがとうございました。
ルミコさんがご主人やわんこたちとともにどこかで幸せに生きていることを思いながら、私は私でがんばります。
長々失礼しました。


投稿: ひろり | 2012年8月22日 (水) 12時58分

ルミコさん、お返事ありがとうございます!

なぜか私の携帯からではプロフィール欄が見つからずです(^_^;)

お手数ですがメールいただけますか?

私も陰性絡み?でまさかブログ開設するとは思ってませんでした。

初心者ですが、暇な時に覗いていただけたら嬉しいです。

治療日記に加えて、次の昼ドラ始まったらブログに書きまくりたいと思ってます。

投稿: ひろこ | 2012年8月22日 (水) 19時12分

初めまして☆
今まで何度もコメントを書こうとしましたが、
勇気がなくて?!送信できませんでした(^_^;)

ルミコさんの文章が大好きです♪

たぶん、ルミコさんがブログを書き始めてすぐの頃から読んでいます。
本も読みました!!

私にはルミコさんと同じ歳の姉がいて、24歳で結婚したけれど子供ができず、7年後に自然妊娠・出産しました。

なので、私もきっとすぐに子供はできないだろうと、子づくりする前からあきらめモードで案の定・・・でした。

不妊治療はせず2年後妊娠しましたが、母は死産、姉は流産2回、いとこは早産で、妊娠中も不安でいっぱいでしたが出産し、もうすぐ3歳になる男の子がいます。

本を読んでいて、出産して実家に帰っている頃に
ルミコさんの初の体外受精が気になり、携帯でブログを読んでいたら、
次の月の請求書の金額にビックリ!したことを思い出しました〜。(^_^)

今までありがとうございました!!
ご主人&ワンちゃんとの生活を楽しんでください♪
夫婦仲良くが一番です!!
(うちは今、夫婦仲が良くないので、、、)

ちなみに、姉が更年期障害で、閉経間近のホルモン値が出たそうです。
45歳までに閉経すると将来骨がもろくなるそうなので、生理は大事ですよ〜!!


投稿: まさえ | 2012年8月23日 (木) 22時59分

何度かコメントを書き込ませて頂いたものです。
このルミコさんのブログは、私が不妊治療で相談相手がいなくてモヤモヤしていたときに見つけたブログでした。
ルミコさんの書く文章はセンスがよくて大好きで、引き込まれていったのを覚えています。
作家になったらいいのに。と思っていたらやっぱり!

私も同じく39歳で治療を開始し、43歳になり、この8月13日に女の子を出産することができました。
我が子を抱くことができて、全てに感謝の日々です。

不妊治療という経験は、お金はなくなったし、本当はしなくていい経験なのかもしれないけど、私にとっては貴重な経験となりました。
だからこそ子供がいてもいなくてもそれぞれの人生がある。と言えます。
ルミコさん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

投稿: まるきょう | 2012年8月24日 (金) 21時12分

御無沙汰してます。書籍化おめでとうございます。今度読ませてください♪私の方は、2月に採卵をして2個胚盤砲まで辿りついたものを4月誕生日前に生理が来て、40歳最後の治療!治療4年目最後!と決め戻してみたところ未だに信じられませんが妊娠でき継続中です。1月の出産予定まで日々心配ですがなんとか過ごしております。ルミコさんのブログに出会い弱音や愚痴を聞いてもらいコメントをもらい励まされここまでこれました、ありがとうございました。これを報告すべきか迷いましたが、ルミコさんのブログに支えられたことでここまで治療できたのだと思います。心からありがとうございました。と言わせてください。お体に気を付けて旦那さま・わんこちゃんと仲良く過ごされてください♪

投稿: わんまる | 2012年8月28日 (火) 17時02分

ゆのさん>>お久しぶりです。九州のゆのさんですよね? 以前、そうですね、まだ私もゆのさんもIVFに進んでいないころ、「今だから夫の子供が欲しいと思った。若いころに妊娠していればとは思わない」というようなお話をしたことを覚えていますか? 
私も、今回本にまとめるにあたり、自分の4年間と対峙して、最終回を知っているドラマのような気持ちでルミコの歩みを振り返り、そしてひとつの想いにたどり着きました。それをフラットな気持ちで本の最後のブロックにまとめています。
もしかすると、不妊治療の日々や封印した想いを彷彿とさせるものを、できるだけ近くに置きたくないという心境かもしれませんよね。すごくよくわかります。なので私も長らくお世話になったココの場所を閉じる決心をしました。
いつか、読みたい気持ちになったときにぜひ読んでくださいね。こちらこそありがとうございました。ゆのさんご夫婦の穏やかな毎日が続くようにとお祈りしています!

kurosukeさん>>読んでいただいてありがとうございました。kurosukeさん自身の4年間と重ねてしまいましたよね。いろんなことがありましたけど、ここまで気持ちが揺さぶられるような出来事ってなかなかないので、折に触れて怖いモノ見たさで(?)また振り返ってしまうのかな、なんて想います 
このブログ版「シアワセノカタチ」には、私の記録だけではなく、たくさんの方の足跡がコメント欄につまっています。kurosukeさん自身のブログはなかったかもしれないけれど、ここに残っていますよね。今までありがとうございました。kurosukeさんのことは忘れませんよ! またどこかでお話できる日が来ますように。

ひまわりさん>>はじめまして。AIHにステップアップしたとき、ワクワクしたなあ〜と思い出しました。年齢的にも、まわりの方々と比べてしまったり、心がザワつくことも多いかもしれません。だけど、自分の子供を強く望んでくれるパートナーと一緒に立ち向かう日々も、悪くないですよ いろんな価値観が見えてきて、ご主人のことをもっと知ることができると思います。頑張って!

ひろりさん>>こんにちは。筋腫の手術はどうなりましたか? 妊娠とはまた別に、ひろりさんの体調が万全になっていて欲しいなあと思ってますよ〜。
私はずっと、2人だけの未来を覚悟していたというより、現在進行形の2人の生活がそのまま続いていくことにも不満や欠けている感はなかったのかもしれないです。不満はないけど、もっと何かある? って思ってしまったのかな。
ひろりさんのご主人の言葉で、私も報われたような気持ちになりました ステキなご主人と一緒に進まれる道はきっとキッラキラ輝いてますよ〜

ひろこさん>>すみません、ケータイの画面ではプロフィール欄が出てこないみたいで、スマホでもダメでした。PC表示に切り替えるとカテゴリーの下にプロフィールが出てくるみたいです。……って、もうブログ見つけちゃいましたけど(笑)。昼ドラ話、楽しみにしてます。

まさえさん>>はじめまして。長い間お付き合いいただいてありがとうございました。1記事が長いし、頻繁に更新があったしで、ケータイからの方には申し訳なかったです
お姉さん、更年期障害ってちょっと早いんですかね? なんのホルモン値を測ったのかが気になります!そして数値も! 
夫婦仲は今更悪くもなりそうにないので、小競り合いはありつつもなんとなく楽しくやっていくと思います! 今までありがとうございました〜。

まるきょうさん>>お久しぶりです。わあ〜最近じゃないですか! ご出産おめでとうございます やっぱり一概に年齢でひとくくりにはできないんですよね。そりゃそうですよね、組み合わせが違うし違う人間なんですもん。
お子さんを抱かれた今、子供がいてもいなくてもそれぞれの人生があるのだと言える、まるきょうさん。そんなふうに世の中が自然と受け止めてくれたら良いのになと思います。どうぞ、お幸せに!

わんまるさん>>ご無沙汰しています。おめでとうございます 良かったですね。30代中盤から治療を始めても、40代になって実を結ぶっていうこともあるのだという例は、治療のストライクゾーンに属している皆さんの希望になることでしょう。どうぞ引き続きお大事にお過ごしくださいね。どうぞお元気で!

投稿: ルミコ | 2012年8月31日 (金) 10時46分

ルミコさん、「シアワセノカタチ」出版おめでとうございます。以前に一度だけコメントを書かせてもらったことがあります。
ブログはずっと読んでいて、いつも泣いたり、笑ったり、じ~んときたりしていましたが、改めて本を読み返したら涙が止まらなくなってしまいました。本の中に書かれていた治療に対する不安や戸惑いは、私の不安と戸惑いと同じ気がしました。前を向いて生きようとする姿勢は今でも私の憧れです。凛とした文章が大好きです。
ルミコさん、お元気で。お幸せに。長い間支えてくれて本当にありがとうございました。

投稿: yummy | 2012年9月 1日 (土) 20時24分

ルミコさん はじめまして。
コメントは初めてさせて頂きます。
2010年に不妊治療を始めた際に、検索でたどりつき、ルミコさんの文章に魅了されて愛読者になった1人です。
いつも読み逃げ(?)ばかりで・・・。これで最後になってしまう、ということで、散々迷いに迷った挙句書き込みです。
途中からはリアルタイムでその前も全部読んだブログですが、改めて文章となって最初から読むと涙がとまりません。
本当に今までありがとうございました。ルミコさんの文章が大好きでした。

投稿: みぃ | 2012年9月 2日 (日) 21時29分

初めてコメントさせて頂きます。今年の9月で結婚4年になり、不妊治療を考え始めて検索していたるうちにこちらにたどり着きました。

まるで小説を読んでいるように文章にハマり、一気にブログを読みました。書籍化を知ると同時に購入、ご本も読ませて頂きました。

旦那の外出時にご本を一気に読みましたが、涙が止まりませんでした。素敵なのに”切ない”、そしてルミコさんが色々な感情を抱いているにもかかわらず、ご職業柄かどこか別のルミコさんが冷静に”俯瞰”して表された文章こそに、本当のリアルを感じそこに最も感動しました。

私自身個人的に、根拠もないのに盲目的に何かを信じる事ができず本質を追求するタイプなせいで共感させて頂いたのかもしれません。

そして、ルミコさんの聡明さ。お友達やご家族の様子を見てその方の”裏に隠された気持ち”を思いはかり文章にする事。なかなかできる事ではありません。

また、事実を述べる数値データのあとの、ひょっとした一文に泣ける事が多かったです。

長々書かせて頂きましたが、最近になってこちらを知ったわたくしとしては、ブログの終了は寂しいかぎりです。もし、新しい幸せ生活のブログを始められるようでしたら、ぜひ知りたいと思う次第です。
いずれにせよ、これからもずっとずっと幸せな日々がルミコさんに訪れますように。私自身も不妊治療に踏み出す勇気を頂いた感謝とともに。

投稿: コロン | 2012年9月 3日 (月) 00時48分

ルミコさん
はじめまして。「glow」を読み、書籍のことを知り、昨日ブログを数記事読ませていただいたのですが、いてもたってもいられなくなり、着のみ着のままで、夜、書店を数軒まわり、書籍を購入しました。昨晩でひと息に読みました。

最後の不妊治療に向き合い、卒業するときの覚悟を決めるために、読ませて頂きました。

私は不妊治療の途中で、統合失調症という精神疾患を発症してしまったのですが、あまりに無気力でお風呂にも入れない、外にも出られないという時期を経て、顕微授精を行いました。

当初、不妊治療の記録や鬱積した思いを書きつづったブログも書き、不妊治療仲間とブログを通して交流することで、なんとかやり過ごそうとしていましたが、病状が悪化し、ブログを書くことも読むこともできなくなりました。
私も、以前はフリーで編集・ライターを生業にしている身だったので、書けもせず、読めもしない状態になったこともかなり辛かったです。

今は病状も良くなり、最後の顕微授精を前に、ルミコさんの書籍を読むことができました。ギリギリ間に合ったというような思いです。

また同時に、今までの辛い思いを(それだけではなかったですが)書きためられたブログを書籍化するという大変しんどく苦しい作業をされ、この世に送り出してくださったルミコさんへの感謝の思いでいっぱいです。

心身にもかなりの負担がかかったことと思いますが、早く回復されることをお祈りします。

投稿: ぽん | 2012年9月 4日 (火) 10時01分

お疲れさまでした。

同じ時期に頑張ってきた同志としていろんな思いがあふれてきます。
ルミコ・フィナーレに拍手を送りたいです。

ルミコさんとのご縁が続き、また機会があればぜひともお会いしたいです。

投稿: きらきら | 2012年9月 4日 (火) 15時38分

ルミコさん。
三度目のコメントになります、海外在住のmomoです。
昨日、手元に本が届き、泣きながら一晩で読み切りました。

「あぁ、やっぱり。。。」
長い間の不妊治療の中で経験した私の感情の軌跡を
沢山ページのそこここに感じ、これで最後になるだろうIVFの治療をしながら、自分の卒業を、未来を、私のシアワセノカタチを
考えています。

卒業する頃には4年になる不妊治療は一人きりの戦いでした。
幸せな家族とゆう経験を持たずに育った私にとって
自分が母になることは本能的に、憧れとして希望と夢として
ずっと心の底にあったけれど、どこかしら冷静な自分もいて
頭の中はいつも疑問符で一杯でした。

治療中は生活における全てを、妊娠へ向けて全力を尽くして
挑んでいるけれど、本当の私の気持ちはどこかしらいつも不安に
とらわれています。治療による精神的、肉体的、経済的な痛みよりも、実は「自分自身の気持ち」がずっとずっと重くのしかかっているのです。

妊娠判定で陽性を見た時ですら不安でした。
この幸せは嬉しさは、治療をやっと終えることの出来る
自分自身の為ではないのか?
私は本当に母になるべきだったのだろうか?

毎日、幸せな気持ちとお腹にいる命に対しての罪悪感とで
グラグラしていました。

そして、その命を失いました。
そんなことが何度か繰り返されて、
更に更に自分を責めるようになりました。

家族とゆう愛情を感じたことのない私には強烈な憧れと恐れが
いつもそこにありました。夫は義母と一心同体のような仲良さで
自分の子供を望む気持ちも強く「子供がいなくても君がいればいい」とゆう類いの言葉は聞けそうにありません。
例え、私を愛していても。

私にとっては、全くの他人である人と家庭を持ち一生共に歩むと
思える人と出逢えたことが、一つのシアワセノカタチなのですが
残念ながら、夫には同じ様には映らないようです。

人の数だけシアワセノカタチがあって
たとえ夫婦であっても、それが同じカタチとは限らない。

そんな風に思いながら、今現在治療していることの是非。
自然妊娠と違って、不妊治療は自分で決めて挑むことだから
どんな風に?いつまで?全てが自分の決断だけに。

そんな風に揺れ動く気持ちが、もし幸運にも新しい命を授かったとしても、結果が出ず卒業したとしても、きっと過ぎてからしか
分からないことの方が多くて、最後に寿命が尽きる時に
やっと自分の気持ちが少し分かるのかなぁ?
それともその時も同じように分からないままなのかも知れないなぁ。

なんだか支離滅裂な文章でゴメンナサイ。

そんな風に思い悩んできた孤独な不妊治療の中で
このブログに出逢えて、本当に救われました。

そして手元にある本が、
これからも必要な時に私を助けてくれると思います。

この出逢いに感謝して、
ルミコさんにさよならとありがとうを。。。

momo


投稿: momo | 2012年9月 4日 (火) 15時52分

ルミコさん

はじめまして。

先日クリニックの帰りに立ち寄った本屋さんで
手にして購入しました(*^_^*)
ちょうど今周期の治療もひと段落した
ところだったので2日でいっきに読破しました!

私自身は、39歳で治療の真っ只中ですが、
いろいろと考えさせられました。
そして早速ブログにアップさせていただきました。

お時間ある時に遊びに来ていただければ幸いです。
また、感想などお聞かせいただけたら嬉しいです。

残暑が厳しいので体調にお気をつけてお過ごしくださいませ(^_-)-☆

投稿: cherieskayo | 2012年9月 4日 (火) 16時27分

ルミコさん、はじめまして。
本日立ち寄った本屋さんで偶然本を手に取りました。
私は昨年から病院に通い始め、先が見えないことに心が折れてしまい通院をお休みしていました。
そして今度こそ再開!と思っていた矢先にルミコさんの本と出会うことができました。
そしてこちらのblogも。
結果が出なくても、成就の形はいろいろあるんだと思いました。
ご主人、ワンちゃんと仲良くお過ごしください。
これからblogも拝見させていただきたいと思います。ありがとうございました!

投稿: そらこ | 2012年9月 4日 (火) 23時19分

ルミコさん、初めまして。

体外受精の2回目の判定が陰性で落ち込んでいた日に、本屋さんでたまたま目にして「シアワセノカタチ」の本を購入させていただきブログへやってきました。

私は38歳。
不妊治療を初めて、ずっとずっとモヤモヤと表現しきれない思いを抱えていました。
周囲がどんどん親になっていくのを目の当たりにすると人付き合いも億劫になってきたり。性格まで変わってきた気がします。


ルミコさんの言葉で「そう。そう。」って…
ちょっとした事も全て共感していました。
私が表せない気持ちを言葉にしてくれていて、嬉しいというか、みんなそうなんだ…っていう安心感というか。
当事者じゃないと分からない事、いっぱいありますよね。

正直、3度目の移植を挑戦する事を迷っていた矢先。
挑戦出来る凍結卵はあるのに臆病になっている事に反省。
ルミコさんのお蔭でもう1度挑戦してみようという気になれました。
いっぱいいっぱい苦しい気持ちになるけれど、そんな時はルミコさんの本を読み返して頑張ってみようと思います。

本当にありがとうございました。

投稿: 空樹 | 2012年9月 4日 (火) 23時41分

ルミコさん、はじめまして。
今年3月からIVFデビューをしました37歳れっこです。
ブロ友さんからルミコさんの本紹介してもらいました。週末に早速、本屋さんに行こうと思ってます。
私自身は5回採卵、2回移植で結果がなかなか出ません…5回目の採卵が激痛だったのに変性卵で精神的&肉体的にショックで今お休みしているところです。のんびりできる年でもないので焦る自分がいて毎日葛藤しています。

本の感想述べさせていただきますね。

投稿: れっこ | 2012年9月 5日 (水) 09時47分

ブログの書籍化おめでとうございます。ルミコさんのブログを読みだして二年ぐらいになり、何度かコメントを書かせて頂いて…本になるなんてびっくりしました。と同時にルミコさんの文章力なら本になるよな~と妙に納得しました。たくさんの方がルミコさんの本を読まれたらいいなと思います。

投稿: すーさん | 2012年9月 8日 (土) 14時06分

yummyさん>>yummyさん、お久しぶりです。その後、体調はいかがですか? また、心のほうも少しは回復されていますか? 一番おつらい時に私にも声をかけてくださったyummyさん、きっと知らず知らずのうちに前を向いて歩いてるんだと思いますよ。自分では後ろ向きだ〜って思ってても、やっぱ前向きが一番進みやすいんじゃないかなあと最近思っています。こちらこそ、長い間ありがとうございました。yummyさんご夫婦の未来に幸あれ

みぃさん>>せっかく勇気を振り絞ってコメントくださったのに、遅いお返事でごめんなさい 2010年は、帰り道を歩き始めたばかりで、振り返ると一番しんどい時間だったかも?と思います。文章が好きだったと言って貰えることは、私にとって一番嬉しいことでもありました。何のしがらみも考えずに書ける唯一の場所が「ルミコ」でしたから。ありがとうございました。またどこかでお会いしたときには、私を見つけてくださいね。

コロンさん>>はじめまして。コメントありがとうございます。これから不妊治療を考えられる方には、つらい内容の本になってしまったかもしれませんね。
どうなっても大丈夫だ、自分だけじゃない!と心の御守りのような位置でそっと存在できれば本望です。
仕事で何かを書くときは、ほとんどがルールや条件やしがらみやシメキリや文字数や……そんないろんなものに囲まれています。自由に書きたいときに書きたいことを、心のままに綴った4年間のおかげで、そしてコロンさんのようなコメントを寄せてくださった皆さんのおかげで、私はこれからも進んで行けるような気がします。
私もファンタジーが苦手なタイプで、とことん結果と自分と家族に向き合った時間でした。
後継ブログは考えていませんので、たぶん犬ブログとか(笑)そんな程度かと思いますが、こちらでアドレスの公表はしないつもりです。メールいただける方に、何が始めたときにはご連絡しようかなと今はボヤっと考えています コロンさんの不妊治療が望む未来への近道でありますように!

ぽんさん>>はじめまして。「GLOW」の読者の方に買っていただけると本当に嬉しいです! 本、見つかって良かったです なかなか見つからないと評判なので。
最後の顕微授精、今立ち向かっていらっしゃるところでしょうか。子供が欲しいと思っただけだったのに、いろんなところにダメージが発生して、自分の望みってなんだったのかわからなくなることありますよね。でも、結果もひっくるめて、自分の人生の出来事なんだから仕方ないか〜と今は開き直って受け入れられます。
ひとつ形にしたことで燃え尽き症候群(?)になりそうでしたが、それでも時間は過ぎていきます。なんだかんだ、楽しくやってます ぽんさんも、自分が納得できるものが見つかるといいですね!

きらきらさん>>お久しぶりです。そちらの暮らしはいかがですか? きらきらさんなら、きっとどこでもパワフルにお過ごしのことでしょう きらきらさんと一緒に食べたドラ焼きのことは忘れません 彼が中3くらいになった姿が早くみたいです。

momoさん>>私の本が海を渡ったのですね 読んでいただいてありがとうございました。
私自身は、自他ともに認める暖かい家庭で自由に育ちました。思春期も友達が家に集まって、健全にワイワイやるようなことが当たり前の環境で中学・高校を過ごして家を出ました。
今、大人になって帰省し、地元の同級生と集まったとき、皆が「私達、みんなルミコの家の子供になりたかった。おじちゃんもおばちゃんも大好き」と言ってくれました。みんなそれぞれ、口には出さないけれど親とうまくいかないこともあったり、いろんなことを抱えつつ、集まっては笑って過ごしていたんだと思います。
ですが、私の母はそんな私とは真逆の環境で育ってきたそうです。厳しい両親の元で、自由らしい自由もなく、家業を継ぐために勉強して、進学も結婚も親からの強い意見や干渉。確かに祖母は50代そこそこで祖母になり、私たち孫にとってもそれはそれは厳しく怖い存在でした。おだやかに会話ができるようになったのは、80代になってからかもしれないなあと、本をまとめるときにも思い返したものです。
私の母は、自分が欲しかったものを、私と姉に与えたかったと言っていました。自分が手にしているから欲しくなるものもありますが、その逆もあります。
「憧れ」とは尊いものです。欲しいという気持ちを知っているmomoさんは、きっと母になったときに自分が欲しかったものを全力で与えられると思います!
温かさを知らないから、加減がわからなくて熱すぎる! それが私と姉が育った家庭でした。
少なくとも、私はmomoさんからいただくコメントの中に、そういう温かさを感じ取っています。どうか、まだ目の前にないものに怯えないで、心のままにワクワクしながら進んでいきましょうよ。明日のことで今日から悩むの、やめましょう明日は明日の風が吹くって、ホントいい言葉だなって今更思います。
momoさんとさようならが寂しいですが、海の向こうの商店街の真ん中で、momoさんを応援してます。

cherieskayoさん>>はじめまして!本、読んでいただいてありがとうございます お返事遅くなってしまいましたが、のちほどブログのほうにこっそりコメントしに行きますね。ここに書いたらこっそりじゃないんですけど 39歳、なんかいろんなことを考えてしまう年齢ですよね。今では遠い昔のことにも思えてしまう私です

そらこさん>>はじめまして! ブログの存在を知らずに、いきなり本屋さんで手にしてくださる方っているかな〜と不安に思っていました! 妊娠出産とか子育てとか、結構立ち止まりにくいコーナーに置いてあることが多くて、ちょっとアレですよね 
不妊治療は先が見えないけれど、よく考えたら人生なんて何でも先が見えないんですよね。どんな結果になるのか、少しワクワクしながら進んだ日々でした。こちらのブログは終了しますが、本では3行で済ませたことが10日分の記事だったりもします(笑)。ぜひ遡ってくださいね。

空樹さん>>わあ!空樹さんも書店で目にしてくださったんですね!嬉しいです。ありがとうございました。
不妊治療って不思議ですよね。もっと幸せになるために始めたことなのに、どんどん心が沈んでいくんですもん。自分で選んで始めたことだからモヤモヤしてしまうんですかね。その今までに味わったことのない自問自答を4年も綴ってしまいました。ブログはリアルタイムなので、本よりもダラダラズルズルした気持ちがつまっています 頑張れない!って折れたときには該当箇所を読みに来て立ち直ってください!

れっこさん>>はじめまして。まあ、紹介してくれたブロ友さん、ありがとう!って思ったらcherieskayoさんだったんですね(笑)。本は無事見つけられましたか? あんまり目立たないので、スミマセン。アマゾンか楽天で送料無料なんで発見できなかったらご利用くださいね。心の痛みもキツイですが、やっぱり身体の痛みはどうにかしてほしいですね! 
本の感想楽しみにしてますね

すーさん>>すーさん、今までたくさん言葉をかけていただいてありがとうございました。私がすーさんのコメントで一番心に残っているのは、夫の実家に行きたくないっていう記事に「行ってあげてください」っていうアレです(笑)。いろんなことがありました。思い出のひとつとしてぜひ本も側に置いてくださいね。

投稿: ルミコ | 2012年9月14日 (金) 08時25分

ルミコさん、こんにちは。
やっと、やっと、やっと読み終わりました
読んでは泣き、これ以上泣くと目が腫れて翌日に差し支える…と思い読むのを止めて、また次の日読んでは泣き…を何度も繰り返し(笑)やっと最終章を読み終えて、少し落ち着いてからもう一度最初からゆっくり読ませていただきました。

ブログと違って横書きが縦書きになり、絵文字が無く、字体が違うだけで随分と印象が変わるんですね。
そして漫画がなんともイイ感じ。(私の大好きな『卵野郎~』のくだりが漫画にチョイスされてて嬉しかった♪)
我が家のドアノブにも何か美味しい物がぶら下ってないかしら~なんて思ったり、『白い弾丸』が(当たり前ですが)真面目に解説されていたり…。
旦那さまの行動の変化もとても興味深く読ませていただきました。

寂しいです。
でもいつまでもルミコさんをこちらに引きとめてはダメですね。
もうルミコさんの任務は完了しているんですものね。

私の治療生活は5年目に突入しました。
もう少しこの生活を続けてみようと思っています。
楽しいブログをありがとうございました!

投稿: 北のリンゴ | 2012年9月14日 (金) 12時09分

北のリンゴさん>>こんにちは。私の友達も、同じような感じで2回読んだ〜ってメールが来ました 
あんまりブログっぽい書き方(絵文字とか改行とか)してなかったつもりでいましたが、やっぱり縦書きになって印刷物になると新しい気持ちになるもんだなって私も思いました。「白い弾丸」は、本当は24個連なってる写真を使いたかったんですが、我が家に在庫が2コしかなかったんで(笑)。
任務完了しているのですが、お別れの挨拶を書かねば書かねば……と思いつつ、日々に追われてしまってます
北のリンゴさんの治療ライフ、望む形で終われることを祈ってます!
今までありがとうございました

投稿: ルミコ | 2012年9月15日 (土) 08時45分

初めまして。めんこずと申します。最近このブログを知り、本も買って連休に読みました。涙、涙でした。
私もルミコさんと同じ年の同じ月から治療しています。北京オリンピックのあたりが初陰性。バンクーバーオリンピック後に初陽性、流産。ロンドンオリンピック後の今、治療をやりきったという気持ちで、おそらくソチオリンピックには治療は終わっています。と、オリンピックで数えてます(^^ゞ

私は卵はたくさんあり胚も悪くないのですが、なぜか着床しないという着床障害です。自分でも数えたくないほど、移植してます。…ルミコさんのAIHくらい。着床障害の病院に行き治療しても、陰性ばかり。

この夏夫が男性不妊の手術をして…なんかスッキリしました。凍結胚があと1個あり、それがだめならあと採卵1回で終わりかなと。
ルミコさんの本で、とてもいいお友達をお持ちだな、素敵なご両親だなと思いました。そして、夫婦のシアワセノカタチ。私も、気付きつつあります。

これからも何度も読み返したいと思います。

投稿: めんこず | 2012年9月17日 (月) 22時10分

ルミコさん

お返事ありがとうございました。最後の顕微授精、悔いのないように成し遂げてまいります。

投稿: ぽん | 2012年9月20日 (木) 21時35分

ルミコさん 「シアワセノカタチ」単行本を読みました。共感し、笑い、泣きました。こうやって言葉にして頂いた事に感謝しています。先が見えないループにはまっている治療に、ルミコさんの本とブログを読む事で少し気持ちが楽になりました。

投稿: アン | 2012年9月20日 (木) 23時18分

めんこずさん>>はじめまして。コメントありがとうございます オリンピックって、しょっちゅうあるわけじゃないのに、治療ライフが始まってからは、あれ?また?みたいな感じで時の流れを感じるアイテムになっちゃいましたよね
良い胚がたくさんできると、そのぶん期待値も金額も上がって、次の採卵まで時間もかかるし、なんとも言えない気持ちになるんでしょうね。治療がなければ気づけなかった友達や家族の温かさを、本にする過程でもまた感じました。自分に向き合う時間だったんだと今は思います。
めんこずさんも、ご夫婦のシアワセノカタチを大切にしてくださいね!

ぽんさん>>最後っていう自分が決めた言葉にしばられないで、気持ちのままに進んでください! ガンバレ〜

アンさん>>単行本、読んでいただいてありがとうございます 先は見えなかったけど、本当は見ようとしてなかったのかな、とか、今もいろいろ思うところはありますが、それだけ真剣に自分に向き合ったんでしょうね! 本には残せない気持ちがブログにつまっているので、苦しいときはぜひ立ち寄ってくださいね。

投稿: ルミコ | 2012年9月21日 (金) 18時56分

初めてコメントさせていただきます。

ルミコさんのブログが大好きで、一緒に泣いたり笑ったり、いつもいつも励まされてきました。「お別れの時間です。」というタイトルに、私たち読者も覚悟を決めなくては、と書籍をギュッと抱きしめております。

ところで、ルミコさんの通院されていた(と思われる)クリニックのブログ、最近ご覧になりましたか?院長先生が「いい本ですので、ぜひ紹介します」と患者さんから教えられたと、なんとルミコさんのことが書いてあります!私までドキドキしてしまいました。

投稿: クミ | 2012年9月24日 (月) 14時51分

クミさん、はじめまして
お別れを言っておきながら、ちゃんとシメてなくてスミマセン 
最後にルミコとしてちゃんとした記事を1本書きたいのですが、なんかいろんなことをやり始めてしまって、ズルズルと……と、私、誰に言い訳してるんでしょう(笑)。

院長ブログの件、昨日別の方から教えて貰って、ドッキリ! まだ読まれていないみたいですよね 紀伊国屋webじゃなくてアマゾンか楽天なら送料無料になりますよって、通院中の方、教えてあげてほしいです(笑)。しかし、先生にはつらい内容でしょうねえ……。

投稿: ルミコ | 2012年9月24日 (月) 21時31分

ルミコさん、お久しぶりです。本、読ませていただきました。未来日記の部分、じーんとしながら読みました。ブログが大好きでもっともっと読んでいたかったけれど、ルミコさんの未来予想図にまた勇気をもらい、私はまだまだ治療の渦中で、これで良いと自分に言うことはできれないけれど、少しずつ前に進んでいけたらと思います。
ルミコさんのblogに最初にコメントしたのは里親についてだったかと思いますが、最近また私の周りで何人かの子ども達が里親やファミリーホームにご縁があって行けることになり、元気に暮らしている話を聞いては嬉しく思っています。子どもはどの子も健気ですばらしく、親や家族に恵まれなくても生きる力にあふれています。
ルミコさんもダンナさんもいつまでもお元気で。お幸せに。

投稿: ももんちゃん | 2012年9月28日 (金) 19時50分

ももんちゃんさん、お久しぶりです 本、読んでいただきありがとうございました。ブログのほうを閉めようとしつつ、これからまた毎年恒例の帰省がありますので、そのあとに誕生日を迎えるころにと思っています。コメント残していただいてありがとうございました。子供たちへの愛にあふれるももんちゃんさん、ステキな未来がきっと待っています! 私にも! アマゾンレビュー、とても嬉しかったです またどこかでお会いしましょう!

投稿: ルミコ | 2012年10月 3日 (水) 13時31分

はじめまして。どうしても伝えたくてコメントしました。
私はルミコさんのブログを知らず、昨日本屋で初めて書籍を手に取り買いました。
昨日4度目の移植の結果が陰性だと病院で告げられた日。どちらの結果でも受け入れようと思ってたのにやっぱり大泣きして落ち込んでいた時、偶然出会ったのがこの本でした。
読んでいて、笑って泣いて共感してまた笑って・・・読み終えるころにはまた頑張ってみようと思いました。そしてうじうじひねくれて生きるより、明るく生きようと思いました。
私だけじゃないんだ、むしろ同じ気持ちの人がいるんだって嬉しかったです。不妊のあるあるネタなんてドンピシャ!(笑)代弁してくださってありがとうの気持ちでいっぱいです。不妊治療してる人にしか分からない笑えるネタも満載で、ハマりました!

私は今34歳ですが、だからって先は見えないし、年齢が違うとそれぞれに思いも違うけれど、治療に対する気持ちや子どもを望む気持ちは同じなんだと感じました。
ルミコさんの経験は落ち込んでいた私の心を包んでくれました。そして元気にしてくれました。人の経験はこんなにも同じ経験をしている人を救ってくれるんですね。きっと救われている人はたくさんいるはず。
いろんな未来があるけれど、どれでも受け入れたい。そして笑っていたい、そう思います。
綺麗事だけではないし、毒吐きまくったり、いじけたりしながらもまた笑っていたい、そう思います。

故郷が同じなので勝手に親近感も持ってます(^^)
思いがいっぱいでうまく伝えられないけれど、ありがとうの気持ちでいっぱいです。
ルミコさん、ありがとうございました。

投稿: tome | 2012年10月 7日 (日) 19時56分

tomeさん>>はじめまして。コメントありがとうございます。本も読んでくださってありがとうございました 自分が不妊治療にかかわってみて、年齢がもっと若かったらもっと違う悩みも抱えたかもしれないと思いました。希望が持てる年齢だからこそ、失望もまた重たいものなのだろうと。プラスの未来に向かっているはずなのに、進めば進むほどしんどくなっていくなんてすごい矛盾なんですよね、不妊治療って。
ブログのほうには、本には収録できなかったコネタが満載なので、また折に触れて遊びにいらしてくださいね。
ちなみに、今ルミコ一家は、年に一度の帰省中です。お天気良くて気持ちいいですねー。昨日は駅裏の公園に行きましたよー

投稿: ルミコ | 2012年10月10日 (水) 09時08分

こんにちは海外で不妊治療をしてるものです、治療をはじめて三年、子宮癒着等の手術を終え、体外受精を春よりはじめてますが、一度目は卵巣膿腫ができててキャンセル。先週も右の膿腫を摘出したところです。そろそろどこかで私も卒業しなきゃいけないと思いながら、それでもまだ一度も体外受精さえ最後までできてないじゃないかと、自分を奮い起こしてます。

ルミコさんのブログに昨日はじめてたどり着き、涙がとまりませんでした。まさにリアルタイムな自分の気持ち。自分の注射の数おもわず数えてしまいました。

そう、無くした物はなにもないです。私も、自分が納得するまで行こうと決め、子供が出来る出来ないで自分の幸は左右されないと。いなくても今、幸せなんだから、できなかったからって不幸とは思わないと。
ルミコさんの本にはきっといろんな人が勇気づけられるとおもいます。私も手にとってみたいです。
治療ほんとおつかれさまでした。そしてありがとうございます。

投稿: junk | 2012年11月10日 (土) 17時42分

ルミコさんこんばんは。

書籍化おめでとうございます。

わたしも早速読みました。ブログで読んでてほとんど知ってるんですけど、おやすみ前に読み返しています。

妊娠できてもできなくても、後悔のないように、大事に過ごしていきたいです。

ルミコさん、旦那さんのように思いやりの心を持って。

お別れは寂しいですね。ありがとう、ルミコさん。

投稿: きな | 2012年11月15日 (木) 23時01分

junkさん>>はじめまして。もうご覧になっていないかもしれませんが、遅い返信でゴメンナサイ! 治療自体、決して楽しいことではないのに、やろうとしてできないときの気持ちは何とも言い難いものがありますよね。
人生には、こんなことにいったいどんな意味があるんだろう? ということが何度か起こりますね。治療が一番つらいことでも、子供が授からなかったことが一番の不幸とも思わないですが、不幸の度合いを比較するより、自分の中の幸せを見つけてほっこりする人生もいいなって思っています。単行本のほうには、ブログにない文章も追加されていますので、機会があれば手に取っていただければウレシイです。海外での発売の予定はありませんが(笑)。
コメントありがとうございました!
junkさんが納得する道に進んでいけますように

きなさん>>きなさん、読んでいただいてありがとうございます。そして、今までたくさんの言葉をかけてくださって本当にありがとう 大金をかけて夫婦心合わせて子供を望むって、幸せな夢だったなって今は思っています お別れは私も寂しいですが、またどこかで見つけてください

投稿: ルミコ | 2012年11月25日 (日) 21時12分

ルミコさん、初めまして。

もうすぐ年の終わり。ルミコさんがブログを閉めてしまう前にお礼が言いたくて書き込みをしました。

私も42歳になり、不妊治療の終わりが始まったところです。本も最後から読ませて頂きました。ルミコさんは今、何を思ってるんだろう、と。

いつもルミコさんのブログには勝手に励まされ、ルミコさんの幸せを勝手に祈ってました。電車の中であなたのブログ(正確に言えば携帯ですが)を抱きしめて泣いた日も、夫との間に距離ができて私の心に寄り添ってくれるのはあなたのブログだけと思った日もありました。

ありがとう。心から感謝しています。

そして、最後に。
皆さんも書かれていますが、無理は承知でお願いです。
ルミコさんの著書にも「不妊治療で我が子を授かれない人は4割」とありましたが、その4割の人生の指針としてブログを続けてほしい・・・。
不妊治療後の人生。その方が長くて、試練の時のような気もするから。いつまでもあなたの優しい言葉に触れていたいのです。
ぜひ、ご一考をお願いします。

投稿: なな | 2012年12月 3日 (月) 13時27分

ななさん>>はじめまして。コメントありがとうございました。時間が過ぎれば過ぎるほど、閉めるタイミングを逸してしまい まさにあとワンクリックというところに居ます。
今もルミコを思い出して訪問してくださって、そして温かいコメントを残してくださって、本当にありがとうございます 
不妊治療後の人生、「試練」とはまた違うかなあ? 前と途中と後、何がどう変わったのかまだ言葉にできないけれど、日々を大切に居心地のいいスタイルを探して歩いています
ブログ存続を願ってくださって嬉しく思っています。別のテーマの別人の(?)ブログはあるのですが、あんまり優しくないからなあ(笑)。あとワンクリックですが、ルミコとして発信しますので、しばらくお待ちくださいね。
ななさんの不妊治療ライフ、望む結果に巡り会えますように。

投稿: ルミコ | 2012年12月 3日 (月) 19時28分

ルミコさん、はじめまして。
実は、ルミコさんの本を読ませていただいたのを機に私、ブログをはじめました……。そして先日ランキングにルミコさんのお名前をみつけて。えっ、もしかして…うそ!?と、とっても驚きました。お会いできた!と思いきや、夏からの更新はなくて……。複雑ですけれど、こうして足跡をのこさせていただけることに感謝しています。私はいい年をして…これから治療です。どうなるかわかりませんが、どうなっても人生を楽しんでいけるようでいたいと思っています。
ルミコさんの本を読んで切なくて、泣けて、そしてまたブログを拝見して、この沢山の方々からのルミコさんへのコメントをみて、また泣けてしまいました。
他のテーマでもかまいません、ぜひいつか、ブログなり活動なり再開してくださいね。
ルミコさんとご家族のHappyを心より応援しています!!
ありがとうございました。

投稿: まぁ | 2012年12月12日 (水) 15時31分

まぁさん>>お返事がとっても遅くなって申し訳ありません!本を読んでいただいて、その後、こちらのブログにたどり着かれたのでしょうか。足跡残していただいてありがとうございました! 今が一番若いのですから、やれると思うことにまっすぐに向きあってみるのもアリだと思います。結果は自分で決められませんが、神様が決めてくれますから、ある意味、「いい年」になってからの治療は視点を変えれば気が楽だと思います
たくさんのコメントは私の宝物です。本には収録されていない記事がほとんどなので、機会があればまた立ち寄ってくださいね。まぁさんの幸運を祈っています!

投稿: ルミコ | 2012年12月25日 (火) 14時57分

ルミコさん、あけましておめでとうございます。
お久しぶりです、以前にコメントさせていただいた悠です。

こちらのブログの更新がなくなってからも、PCを開けば足を運んでいました。
書籍も何度か読み返しています。
先日、産院で知り合った方もわたしと同時期に治療をされていて、しかもルミコさんの本も愛読しているとのこと!
うれしい偶然でした!

最新記事の最後に後継ブログについてのことが書かれていたのでメールしようとしたのですが、なぜかエラーになってしまって。汗
今実家に里帰り中で自宅のPCではないため何かと不具合が…。
お手数ですがもしよろしかったら、こちらに記入したアドレスにブログのURLを送ってくださいませんか?
お時間のあるときで構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。
もし差し支えあるようでしたら、里帰りから自宅に戻ったら再チャレンジしてみますので(^^)

2013年、ルミコさんとご家族がシアワセいっぱいに過ごせますように。
心からお祈りしています。

投稿: | 2013年1月 7日 (月) 12時09分

ルミコさん、ブログお別れになってしまいそうなので、ずいぶん遅くなってしまいましたが書きます。
3年治療を続けてきた中、この場所「ルミコさんのシアワセノカタチ」だけが、私の心の支えでした。
本当に長い間、ありがとうございました。
ルミコさんの温かい言葉を読んで、まだ頑張ろうと思い直して今日まで来ましたが、この先は神の領域ですね。
私は この場所が、大好きでした!!

投稿: ジス | 2013年1月 7日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルミコよりご報告。ラスト。 | トップページ | 私とあなたのシアワセノカタチ。 »